バストアップ 効果 食べ物 効果 時間 マッサージ

大人になればなるほどバストアップするのがむずかしいと感じてしまいますが、何をやってもバストアップにつながらない!という方は、バストアップに効果のある食べ物を食べていますか。

普段の食事はかなりバストアップには重要です。

バストアップに効果がある成分は、効果的な時間に摂り入れて女性ホルモンの分泌を促していきましょう。

また、バストアップのマッサージは、乳腺を刺激する方法がもっとも効果が期待できます。

バストアップにはイソフラボンとボロンが最も効果が高い!

バストアップに効果があるものはたくさんあります。

なるべく普段の生活の中に摂り入れていきたいところですよね。

特に大豆のイソフラボンは、バストアップに効果が高いとされていますが、より摂り入れると効果的といわれている時間に摂り入れていくのがバストアップにつながります。

ここでは、そんなイソフラボンと女性ホルモンを促すボロンが含まれている食べ物を紹介していきます。

後半では、バストアップのマッサージなども紹介します。

バストアップに効果のある食べ物!

バストアップに効果のある食べ物は、イソフラボンが入っている大豆系の食べ物や、ボロンなどを含んだアーモンドなどのナッツ類などです。

どうしてこの二つを紹介するかはこの後の章を読んでいただくとわかりますが、どちらも毎日の食事やおやつの中で摂り入れやすいのでかなりおすすめですよ。

イソフラボン

大豆に含まれているイソフラボンです。

イソフラボンがバストアップにもたらす働きは、エストロゲンに似た作用があることと、抗酸化作用です。

イソフラボンがバストアップに貢献してくれるのは、この二つの成分の相乗効果から引き出される働きです。

私たちの胸は、女性ホルモンの分泌が多くなれば、乳腺が増殖して発達して、乳腺の周りについている脂肪が増えていくという流れでバストアップされるメカニズムになっています。

胸を大きくするのが女性ホルモンの一つ、エストロゲンです。

大豆に含まれるイソフラボンは、このエストロゲンと同じような構成になっているので、イソフラボンを摂ることで乳腺が増殖してバストアップにつながります。

大豆のイソフラボンが含まれている食べ物は

  • きな粉
  • 豆乳
  • 大豆
  • 納豆
  • 味噌
  • 油揚げ
  • 豆腐
  • 金山寺みそ
  • 醤油
  • おから

等です。

ボロンが含まれているアーモンドやナッツ類

最近テレビでも話題になっているアーモンドなどのナッツ類は、バストアップに効果があるとされていて注目されています。

アーモンドやナッツ類に含まれているボロンは、ミネラルに含まれる<ホウ素>という種類の一つです。

イソフラボンがエストロゲンと似た働きをするとしたら、ボロンは、そのエストロゲンを活発に分泌させるように促すという働きがある成分です。

ということは、ボロンを積極的に食べることで、乳腺を刺激して、バストアップにつながるということになります。

また、アーモンドには100gのうちタンパク質が20g含まれています。

タンパク質もバストアップには必要ですよね。

アーモンド効果はそれだけではありません。

アーモンドには、健康な血管をキープする働きもあることから、血流にのって行き渡る女性ホルモンをよりバストに行き渡らせることになるわけです。

ボロンは、アーモンドなどのナッツ類だけではなくキャベツにも含まれています。

ところが、ボロンの特徴は熱に弱いところです。

もし、バストアップのためにキャベツを食べるとしたら、一日1個を食べる必要があるといわれています。

ところが、アーモンドなどのナッツ類なら、一日20粒から25粒程度が適量とされているので、摂り入れやすいんですね。

キャベツのように切る必要もなく、気軽に摂り入れることができます。

バストアップ効果でイソフラボンを摂り入れるならどの時間?

バストアップ 効果 食べ物 効果 時間 マッサージ

イソフラボンを摂るには、普段納豆や豆腐を食べることで摂り入れて、あとは豆乳で摂り入れていくのが効率がいいです。

豆乳でイソフラボンを摂る場合は、効果的な時間があります。

それは、夜寝る前の時間にイソフラボンを摂ることが効果的といわれているんです。

その理由は、寝ている間は、ホルモンがもっとも分泌される時間帯といわれていて、特に成長ホルモンは夜10時から2時といわれています。

バストアップには、女性ホルモンの一つエストロゲンが関わっているわけですが、エストロゲンは、年齢と共に少しずつ減少していきます。

その減少しつつあるエストロゲンを手助けするのが成長ホルモンといわれているんです。

成長ホルモンというと、どうしても思春期の時期の子供の体を成長させるホルモンと考えてしまいますが、大人になっても、成長ホルモンは大切です。

というのも、成長ホルモンは、制限がなく、何歳であろうと分泌を続けるという特徴があるからなんです。

大人も、しっかり睡眠をとれば成長ホルモンを促すことになり、細胞を活性化させてバストアップにも効果が期待できます。

なので、イソフラボンを摂り入れるときは、寝る前のタイミングで摂れば、よりイソフラボンを体の中に摂り入れることができます。

バストアップのマッサージで乳腺を刺激しよう

バストアップ 効果 食べ物 効果 時間 マッサージ

バストアップには食べ物と同時に乳腺を刺激するようなマッサージも併用していきましょう。

私たちの胸は、乳腺に刺激がつたわると、乳腺を守ろうとして周囲に脂肪がつくという仕組みになっています。

そこで、乳腺に柔らかくマッサージでアプローチしてバストアップにつなげるマッサージです。

また、バストをマッサージしていくと血流の流れも改善されるので、ますますバストアップ効果が高まります。

お風呂上りなどの血行の流れがスムーズに流れているタイミングでやるとより効果的です。

バストアップマッサージ

まず、左手を脇の下に当ててください。

最初にマッサージ方法は、脇の下から、胸の谷間へとさすっていきます。

そして、デコルテ部分をマッサージしていく流れになっています。

片方の胸で10回やっていきます。

マッサージするときには、ゆっくりと力を抜きながらリラックスしてやりましょう。

手は滑らかに滑らせるように流すイメージでマッサージしていきます。

バスト円周マッサージ

まず、右側の胸の下に右手をあてたら、片方の手は胸の上に当てましょう。

次に、胸の下に当てている手は、胸の谷間に滑らせるようにしてマッサージしていきます。

それと同時に、胸の上に置いている手は、反対に胸の脇へと滑らせるようにします。

胸の周りに○を書いているようなイメージでやっていきます。

片方10回ずつやりましょう。

バストアップ効果のあるツボ

バストアップのマッサージともう一つバストアップに効果があるツボも紹介します。

ツボは、乳頭の部分から約10cm外側に位置します。

脇の下のあたりに位置していて、「渕腋=えんえき」と呼ばれるツボです。

渕腋のツボを刺激することで乳腺が刺激され、バストアップの効果があるといわれています。

さらに、肌の調子をよくするツボなので、バストにもハリを与えてくれるツボ押しです。

ツボ押しはお風呂上りで体が温まっているときに押すと効果があります。

押し方はゆっくりと3秒押してゆっくり離しましょう。

両手の親指でそれぞれの渕腋を押して刺激を与えます。

押し方は3秒押したら、力を抜きます。

3回~5回ほど繰り返して押していきますが、押し方は、痛いけど気持ちいいと感じる程度にしておきます。

ただし、ツボ押しは、食後すぐやお酒を飲んだ後、体調が悪い時、発熱があったり妊娠している場合はツボ押しはNGです!

まとめ

いかがでしたか。

バストアップに効果がある食べ物はいろいろありましたが、ここではイソフラボンとボロンに絞って紹介しました。

ただ、毎日だときついかも?という方は、サプリメントなどを併用する手もあります。

イソフラボンは、摂り過ぎてしまうこともあまり良くないので、容量と用途はしっかり守ってサプリを併用してくださいね。