貧乳 谷間 作り方 簡単

普段、貧乳と自分ではわかっていろいろやってはいるものの、今回だけはどうしても谷間を作りたい!なんて時がありませんか。

いつもは着られないけど、今回だけは、胸元が大きく開いたワンピースを着たいイベントがある!

また、水着で谷間を作りたい!なんてときです。

特に水着を着るなら、貧乳だからこそ谷間を作りたいですよね。

今回は、そんな貧乳の谷間の作り方を紹介します。

とても簡単なのでおすすめです。

貧乳さんの悩みの胸元が開いた服や水着!これすべて解決できます!

さて、貧乳でも谷間作りって可能なの?って思っちゃいますが、しっかり盛って谷間を作ることができます。

谷間ができると、しばらく鏡をみとれちゃうかもしれません。

これは何かのときに役立つかもしれないので、どんな方法で谷間を作るのか。

いろんな作り方を紹介するので自分に合う作り方を取り入れてみてください。

どれも超簡単にできますよ。

ブラジャーを使った貧乳の谷間の作り方

まず、最初に紹介するのは、ブラジャーを着用した谷間作りです。

昔からある方法ではあるかもしれませんが、最近のブラジャーは機能性が高くなったので、貧乳でもしっかり豊かな谷間作りをしてくれます。

谷間を作るブラジャーなので、機能性を重視して、より胸が盛れるブラジャーを選びましょう。

また、ブラジャーを選ぶときには、実際購入した人のレビューなどを参考にするのがおすすめです。

自分の目で見ながら選ぶのもいいですが、谷間作りのためにブラジャーなので、買った人がどんな感じで谷間を作れたのか、装着感はどんな感じなのか購入した人のレビューは結構参考になりますよ。

定番のブラジャーパッドを使った谷間の作り方

貧乳 谷間 作り方 簡単

ブラジャーと同様に簡単に貧乳の胸の谷間を作りを実現してくれるのは、ブラパッドです。

ブラパッドは、昔からあるので古典的過ぎて、谷間がつくれるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、古典的なブラパッドは、胸を強調させるアイテムで簡単に谷間が作れるのでやっぱり外せないアイテムです。

ブラパッドを使った谷間の作り方は、とっても簡単。

ブラジャーを装着するときに、厚めのブラパッドをブラジャーの中に入れますが胸の外側にいれるようにします。

もし、谷間がもうちょっとほしいときには、小さいレモンパッドを数枚重ねて作るのもおすすめです。

ただし、ブラパッドの入れ方で注意したいのが、不自然にならないことです。

場合によっては、見た目に違和感を感じるときもがあります。

そこは不自然にならないように何度も鏡を見てチェックしてくださいね。

水着もこれでOK!ヌーブラを使った谷間の作り方

最近、あまり聞きませんが簡単に貧乳の谷間を作るならヌーブラがかなりおすすめです。

ヌーブラは、2002年に発売されて話題になったブラジャーで、ストラップがなくてシリコン素材でできているブラジャーです。

装着の仕方は、直接胸に張り付けるようにして装着するもので、吸着性があるのでぴったり胸に吸い付くように張り付きます。

ヌーブラのいいところは、着けている感じがほとんどしないので快適に一日過ごせます。

貧乳に悩んでいる方は、一つぐらい持っておくとかなり使えますよ。

また、ヌーブラには、他にもより強調できる谷間作りができる応用編もやってみましょう。

極めつけのヌーブラの良さは、水着を着た時です!

水着は、どうしても貧乳が目立ってしまいます、ヌーブラがその見た目の貧乳にしっかり谷間を作ってくれるので、もう、夏も楽しくプールサイドで楽しめますよ。

通常のヌーブラでの谷間の作り方

ヌーブラは、あることは知っていても、使ったことがない人も多いんじゃないしょうか。

ヌーブラでは、自然な谷間が作れるので超おすすめです。

ヌーブラを使った谷間の作り方は動画でも紹介しますが、まず、胸の外側に張りつけるようにして着けますが、胸の中央部分でしっかり胸の肉を寄せてからホックを留めます。

ヌーブラは、貧乳の方でもきれいな盛り上がる谷間を作ることができるので、胸元が開く洋服などを着るときにはかなり使えます。

ぜひ試してみてください。

また、もう一つヌーブラの応用編の作り方があります。

ヌーブラの谷間の作りの応用編

ヌーブラの応用編の谷間の作り方は、ヌーブラの谷間を作ったら、ヌーブラの上からブラジャーを着けて谷間を作ります。

このヌーブラとブラジャーを二枚重ねをすると、ふっくらとした谷間を作ることができます。

作り方は、先ほど紹介したようにしてヌーブラを装着します。

しっかり谷間を作れましたよね。

そして、ブラジャーを着けますが、ブラジャーは、いつもよりサイズが1upした大きめのブラジャーをします。

ヌーブラには、ストラップがついていないので、もし、ヌーブラが外れるようなことがあっても、大きめのブラジャーが支えてくれるので心配がいりません。

何よりも胸の谷間の大きさをより強調できるのでおすすめです。

普段貧乳に悩んでいる方は、この作り方で谷間を実現させると、すごくうれしくてちょっと自信が持てますよ。

ヌーブラを装着して水着になればしっかり谷間が!

夏は、貧乳のことが気になってあまり胸を強調するような水着を着られない方が多いんじゃないでしょうか。

いくら機能性の高いブラジャーでも水着で着用することはできません。

でも、水着でも胸に谷間を作ってくれるのがヌーブラです!

ヌーブラにはストラップもないので、外から見たら谷間を作っていることはわかりません。

また、ヌーブラを装着したらシリコンパッドをつけるとさらに胸の谷間が作れます。

夏は、水着だけではなく、露出が多くなる時期です。

この時期はヌーブラが活躍しますよ。

医療用テープを使った谷間の作り方

ここで紹介する谷間の作り方は、ブラジャーやヌーブラなどを使った谷間の作り方ではなく、テープを使った簡単な谷間作りです。

テープで?と意外な気がするかもしれませんが、グラビアアイドルの人も使っている方法のようです。

まずは、テープを用意する必要があります。

テープは医療用で使われるテープか、スポーツなどで使われるテーピングテープを用意します。

中には、梱包用に使われるようなテープを使用する方もいますが、人によっては、肌荒れを起こすなどの肌トラブルになり兼ねません。

医療用テープは、ドラッグストアーなどで簡単に買うことができます。

また、おすすめのテープは、キネシオロジーテープと呼ばれるものです。

このテープは、肌色なので肌につけても見た目に違和感がないので、外見からではあまり目立つことがないのでおすすめです。

テープでの谷間作り:日常編

テープでの谷間の作り方は、とても簡単です。

  1. 最初に、右の手の平を使って胸を下から持ち上げるようにして包みます。
  2. そこからブラジャーのカップの中に胸を入れるような感じで右斜めに持ち上げます。中央に寄せて上げるようにします。
  3. この状態をキープしたら、お腹の部分と胸の境界線部分にテープを貼り付けます。場所は、ブラジャーのワイヤー部分がくる場所です。左胸の外側から右胸の外側まできっちり貼り付けましょう。

*テープを貼るときには、無理して引っ張りながら貼り付けるとあとで剥がれてしまうことがあったり、きつく感じたりするので引っ張らずに貼ります。

*粘着力が強いので、はがすときには、お風呂のお湯で柔らかくしながら剥がしていくと、肌を傷めずに済みます。

テープでの谷間作り:水着編

テープを使った谷間作りは、水着でも使えます。

医療用のテープはそう簡単に剥がれないような作りになっているのでおすすめです。

また、水着を着たときにテープが見えないように、テープの中央部分(谷間のしたのあたり)をつまんで幅を細くすれば、外見からは見えにくいので試してみてください。

ただ、家でテープを着けて水着を着て、しっかり鏡でわかりにくくなっているか確認してくださいね。

まとめ

貧乳 谷間 作り方 簡単

貧乳の谷間の作り方について紹介しました。

貧乳さんたちには憧れの谷間です。

たまには、谷間を作って優雅に過ごしてみてはどうでしょうか。

男性は胸の部分には胸の谷間にはどうしても目がいくようなんですが、ニセモノの胸はすぐわかる!なんていうツワモノもいます。

作った後にしっかりチェックしましょう。