胸 垂れる 10代

胸が大きくなったのはいいけれど、だんだんと垂れてきた・・・。

しかもまだ若くて10代なのに、垂れてきたと密かに悩んでる女子は実は少なくないんです。

若いのに胸が垂れる理由って一体何が原因なんでしょうか?また垂れてきてしまった胸はもう元に戻らないのでしょうか?

今回は10代でも胸が垂れてくる原因と、その対策方法についてご紹介したいと思います。

胸が垂れてしまう原因その①「ノーブラ生活」

胸には脂肪と乳腺、乳腺を支えるクーパー靭帯という組織から成り立っています。

日本人の胸はもともと脂肪が多めで、ふにゃふにゃしているタイプが多く、そのためどうしても垂れやすかったり形が崩れやすいのです。

胸が大きくなってきたら、ブラなどで支えてあげないと胸の形が崩れ、乳腺を支えているクーパー靭帯も支えきれずに伸びていきます。

クーパー靭帯は一旦伸びてしまうと元には戻りません・・・。

ノーブラ生活が長ければ長いほど、クーパー靭帯を痛めてしまう可能性が高く、胸が垂れる原因となってしまうのです。

胸が垂れてしまう原因その②「成長期からの激しいダイエット」

成長期のダイエットが原因で、胸が垂れてしまうということもありえます。

成長期はまさに成長するとき!

ホルモンの分泌も活発になり、女性らしい体を作っていきますが、成長期に太るのが怖いと極端なダイエットをして、特に食事制限をしてしまうと栄養不足のため女性ホルモンが不足していきます。

この状態が続くと胸も十分に大きくならず、さらに胸にハリを与える女性ホルモンも十分ではないために、胸は小さいのに垂れているという最悪パターンと作ってしまうのです。

胸が垂れてしまう原因その③「猫背や姿勢の歪みの問題」

あなたの姿勢はどうですか?

背筋ピン?それとも猫背?もしくは足を組む癖があるとか、いつも同じ肩にカバンをかける癖がありませんか?

正しい姿勢でない場合、筋肉の発達にどこか歪みが生じてしまいます。

胸を美しく見せ、バストアップに欠かせないのが胸の筋肉「大胸筋」ですが、姿勢が正しくないと大胸筋の発達にも問題が出てきます。

そのために胸が垂れてきてしまうことも考えられるのです。

胸が垂れないために必要なのは?

今までの話を総合すると、胸が垂れないためにはどうしたら良いのでしょうか?

  1. 規則正しい生活と適切な食事。
  2. ダイエットは無理をしない。
  3.  サイズの合ったブラジャーをする。
  4.  姿勢正しく過ごす。

このように、日々の生活を見直してみれば胸が垂れないようサポートしてくれるんですね♪

まとめ

いかがでしたか?

若いから大丈夫と思わないで、早くから気をつけて生活しているだけで胸が垂れることが防げるようですね!

ぜひ早めのケアを始めてみてはいかがでしょうか?