胸 下垂 筋トレ

胸が垂れる・・・年を取ってからなるものだと思い込んでいませんか?

実は、胸の下垂は早い人は20代からもう始まっているようなんです!

聞くだけで恐ろしいことですが、若いうちからきちんと対処することで、予防が出来るんだとか。

そこで今回は、胸の下垂がなぜ起こるのか、胸の下垂を予防する筋トレについてご紹介します。

そもそも胸はなぜ垂れてくるの?

胸が垂れてきてしまう原因は様々です。

年齢によるもの

一番大きな原因はなんといっても年齢によるもの。

年齢を重ねると、バストアップに必要不可欠な女性ホルモンの分泌量が減少し、バストの張りも減少して垂れてきます。

不規則な生活や体調不良によるホルモンの乱れ

不規則な生活が続いたり、体調不良が続くと女性ホルモンの分泌量が変わってきます。

女性ホルモンの分泌量が減ると、まさに年をとったのと同じようにバストの張りが減り、胸が垂れる原因になるのです。

胸を支えるクーパー靭帯が伸びたり切れてしまう

クーパー靭帯とは、バストの中にある乳腺を支えるコラーゲンの束です。

乳腺を支えると同時に胸の形を整え、支えているのです。

ノーブラな状態で激しい運動をする等、強い振動が加わるとコラーゲンの束であるクーパー靭帯は、あっという間に切れたり伸びきって元に戻らなくなります。

その結果、胸が垂れてしまうというわけです。

胸の筋肉である大胸筋が衰えている

大胸筋とは、胸全体を覆う筋肉です。

バストは大胸筋の上に乗っかっているようなものですが、バストの土台部分にあたる大胸筋が衰えてボリュームがなくなると、当然その上のバストもボリュームがなくなり、垂れてきてしまうというわけです。

胸のボリュームアップを目指そう!お家で出来る筋トレ2選!

ホルモンの減少や、クーパー靭帯が切れてしまうことによる胸の下垂については、すぐには改善出来ないのが現実・・・。

しかし、大胸筋の衰えによる胸の下垂については、お家でコツコツと筋トレを行うことで、十分に改善可能なんですよ!

今回は、バストアップのための筋トレを2つご紹介します。

プッシュアップで垂れた胸を元に戻そう!

プッシュアップとは腕立て伏せのこと。

膝をついて行う腕立て伏せなので、一般的なものより負担が軽いです。

  1. 手は、肩幅よりにぎりこぶし2つ分ほど広めに置き、膝をつけて四つん這いの姿勢をとる。
  2. 息を吐きながら、腕立て伏せの要領で腕を曲げる。曲げたらそこで1?2秒ほど静止。
  3. 息を吸いながら腕を伸ばす。これを1回とする。
    15回を1セットとして2セット行いましょう。

簡単筋トレ!合掌のポーズ

  1.  背筋を伸ばして合掌のポーズをとり、胸に力を入れる。
  2.  そのまま腕を顔の前まで上げ、5秒キープ。
  3. その後おへそまで下げて5秒キープ。

まとめ

いかがでしたか?

毎日コツコツと筋トレを続けることで、胸の下垂を予防できるので是非試してみてくださいね。

いつまでも若々しい美胸をキープしちゃいましょう♪