胸 谷間 色素沈着

普段はひっそりと目立たない場所にある胸の谷間ですが、薄着の季節や水着の季節になると気になり始めますよね?

そんな胸の谷間が最近、なんとなく黒ずんでるなと感じることはありませんか?

実は胸の谷間はお肌がデリケートな場所で、刺激によって黒ずみやすい場所の一つなんです!

そこで今回は、胸の谷間黒ずみのケア方法についてご紹介したいと思います。

お肌が黒ずむ理由って?

お肌が黒ずむ理由はいくつかあり、毎日の生活で気をつけるとお肌の黒ずみを防げるものもあるようなので詳しく見てみましょう!

メラニン色素によるもの

メラニン色素

お肌は3層に分かれて作られていますが、その一番上の層である「表皮」の一番下には、基底細胞という新しいお肌を作り出す元の細胞があります。

そこにはメラノサイトという色素を作り出す細胞もあり、だいたい基底細胞10に対し、メラノサイトは1という割合で存在して、お肌の色合いを決定しています。

メラノサイトはお肌にダメージがあるとそれを保護しようとメラニンという色素を放出します。

例えば、紫外線でお肌にダメージがある場合、メラニン色素でそれをさえぎって少しでもお肌のダメージを少なくしようとします。

その結果、お肌が黒ずんでしまう事に・・・。

摩擦などの刺激により黒ずむ

お肌が摩擦などの刺激を受け続けると、お肌はそれを防御しようとメラノサイトからメラニンを放出します。

その結果お肌が黒ずんでしまいます。

お肌の古い角質や皮脂がいつまでも残っている

お肌は常に新陳代謝を繰り返しています。

古い角質や皮脂が取りきれずそのまま残っていると、酸化の原因となり、その結果お肌が黒ずんできます。

お肌のターンオーバーが乱れていて黒ずみがいつまでも残っている

お肌がメラニンを放出してお肌を守った結果、お肌が黒ずんでしまっても時間が経てば徐々に黒ずみは目立たなくなっていくのが普通です。

なぜなら、お肌は28日周期で古い肌から新しい肌へとターンオーバーしているから!

しかし、何らかの原因でターンオーバーがうまく行われずに、お肌がいつまでも黒ずんだままになってしまうことがあります。

胸の谷間の黒ずみを目立たなくさせるには?

胸の谷間の黒ずみは、摩擦や古い角質、皮脂が残っていることで起こる場合が多いのです。

まずは、ちょっとだけいつもの習慣と変えてみることで変化が見られるかもしれませんね?

摩擦によって黒ずみができた場合の対処法は?

一番は摩擦が起きないようにすること!

ブラジャーが合っていない場合、摩擦が起きやすいので一度サイズが合っているか確認するのがいいかもしれません。

また、素材もなるべく摩擦が起きにくい天然素材のものを選ぶと良いでしょう。

ワイヤーが原因で黒くなっている場合もありますので、ノンワイヤーのブラを選ぶのも一つの方法です。

お肌の古い角質や皮脂が残っている場合の対処法は?

まずは、スクラブ剤で優しく洗ってみて下さい!

ただし、あくまで優しく洗う事が重要で、ゴシゴシ洗うとそれがまた刺激になって黒ずみの原因になりかねないので注意が必要です。

洗った後はしっかり保湿し、お肌のターンオーバーが順調に行くようにサポートしてあげましょう。

まとめ

いかがでしたか?

胸の谷間なんてデリケートな部分の悩みはなかなか人には言いづらいもの・・・。

だからこそ、今回ご紹介した方法を試してみて、少しでも黒ずみを解消サポートしちゃいましょう!