自分の胸を見て、「あれ?左右の胸の大きさが違う!」と、胸の左右の大きさが違う事を実感する方も多いのではないでしょうか?

また片方の胸だけが垂れてしまうことは、意外に多くの女性が悩んいるのです。

ではなぜ、片方の胸だけが垂れてしまうのでしょうか?今回は、片方の胸が垂れてしまう事について調べてみたいと思います。

胸の左右の大きさや形は違う!?

女性に胸での悩みを聞くと、胸の左右の大きさや形が違うことで悩んでいる方は多いです。

また改めて自分の胸をよく見てみると、左右の形や大きさが違うのに気づく人も多いようです。

胸が左右違うことは当たり前?

実は、どの女性も自覚はしていなくても、左右の胸の大きさや形は違うものです。

これは胸に限った話ではなく、体全体で左右に差があるのは自然なことなんです。

このことから胸も同じで、左右の大きさや形に差が出るので、胸の大きさが左右非対称なのは、極自然なことなんです。

胸が左右違う原因は?

胸が左右で違う大きさや形になってしまう原因は、4種類あります。

①筋肉のつき方のアンバランス

筋肉のつき方の違いで、胸が左右違う状態になります。

②骨格・骨盤の歪み

骨格や骨盤の歪みからも、胸が左右違う状態になります。

また、座るときにいつも決まった方の足を組む方は尚更、左右の胸も変化しやすいです。

③乳腺発達の差が生むアンバランス

授乳経験の方は、左右の胸が違う状態になりやすいです。

これは、授乳中にどちらか一方の乳房が極端に大きくなってしまうことが原因のようです。

④病気

実は胸が左右違う場合は、乳腺炎や乳ガンなどの病気の可能性がある事も・・・。

ですので、他に自覚症状がある場合は、すぐに病院へ行く事をオススメします。

では片方の胸だけ垂れてしまうことはある?

片方の胸だけ垂れてしまうことは、実は結構の女性が自覚している事なんです。

一体なぜ、片方の胸だけが垂れてしまうのでしょうか?その原因をまとめてみましょう!

原因その①「ブラジャーの選び方」

片方の胸だけが垂れる原因は、胸の左右の大きさや形は多少異なっているので、左右の胸の大きさが違うのに、自分の判断でブラジャーを選んでしまうと、片方だけ垂れてしまう恐れがあります。

なぜかというと、なかなか自分で自分に合っているブラジャーを選ぶのは難しい事なんです。

ですので、自分の胸にあっていないブラジャーを愛用すると、片方の胸が上下左右に揺れしまい、胸をささえている繊維が切れて胸は垂れてしまいます。

原因その②「肋骨のゆがみ」

片方の胸だけが垂れる原因は、美容整形の先生いわく、肋骨のゆがみが関係していることがあるようです。

実は、肋骨は意外と動きやすく、姿勢が悪いとすぐ歪んでしまうんです。

ですので、片方の胸だけが垂れてしまった女性は、肋骨がゆがんでいないか確認してみましょう!

そしてゆがんでいる場合は、肋骨を整えるストレッチをしてみましょう。

肋骨のゆがみのセルフチェック法

  1. 右手で左の鎖骨の下を押し、上半身を回転させます
  2. 左手で右の鎖骨の下を押し、上半身を回転させます

このときに左右で回りにくい方がある場合、反対側の肋骨がつぶれている可能性があります。

左右の肋骨を整えるストレッチ

  1. 回りにくい方の鎖骨の下に息を吐きながら手を置く
  2. 息を吐きながら回るところまで上半身を回す
  3. ゆっくりと5回呼吸
  4. 息を吐きながらゆっくりと戻す
  5. 手の平1枚分下げる
  6. 息を吐きながらゆっくりと押しそのまま5回呼吸
  7. 息を吐きながらゆっくりと戻す

まとめ

胸の左右の大きさが違うことは当たり前のことです。

ですので自分の胸の左右の大きさが違っても、あまり深く悩まなくて大丈夫のようですね!

また、片方の胸だけが垂れてしまうのは、ブラジャーの選び方や肋骨のゆがみが関係していることが多いので、片方の胸だけが垂れてしまった方は、是非改善してみてはいかがでしょうか?