20代 胸 垂れる

年齢と共に胸が垂れてくると伝説のように聞かされてきましたが、20代の女性でも胸が垂れる、胸に張りがないのは、年齢だけではないのはご存知でしょうか。

胸がもっとも最盛期なのは20代前半といわれています。

その後に胸が垂れてきているようなら大丈夫です。

胸の垂れる、胸に張りがないとガックリするのはまだ早く、閉経前ならまだ修正できますよ。

20代の胸でも垂れるの?胸に張りがない!

20代後半になればなるほど胸の垂れや胸の張りがないことが気になってきますが、胸が垂れる原因、胸に張りがない原因には、年齢だけではないんです。

そこは生活習慣が大きく関わっています。

胸の位置が下がってくるのは?

20代前半は、胸の最盛期といわれますが、それを過ぎると胸の位置が下がってきて完全に垂れてきているという方がいます。

その生活習慣を直すことで、まだまだ修正は効きます。

胸には、女性ホルモンのエストロゲンが必要とされていることは皆さんがよく知っていることですよね。

そうすると、閉経前の女性なら、誰しもがエストロゲンさえあれば胸が垂れることが防げる、もしくは、張りがない胸を修正できると理論上はそうなります。

ただし、エストロゲンの分泌を活発にするには、血の巡りが良くなくてはエストロゲンの循環が悪くなります。

20代は、仕事にプライベートに忙しい時期ではないでしょうか。

その中で、姿勢が悪くなったり、冷え性になったりして、血行が悪くなっていませんか。

血行が滞ることは、結果的に20代の胸でも垂れる原因になり、張りがない胸になる可能性もあるんです。

胸の垂れはクーパー靭帯の伸び?

胸は、脂肪細胞と乳腺、そしてクーパー靭帯の三つで構成されていて、その中でクーパー靭帯は、胸の中に張り巡らされているもので大胸筋ともつながっています。

クーパー靭帯は、この脂肪いっぱいの胸を支えています。

クーパー靭帯自体は、コラーゲンの繊維束になっていて、胸の表面と乳腺をつないでいるような組織になっています。

胸の中の三つの構成の中で、最初は乳腺が大半を占めています。

これは10代の頃です。

ところが、年齢が進んで体も成熟してくると、今度は脂肪細胞が乳腺を上回り胸の9割ぐらいが脂肪細胞になります。

この脂肪いっぱいの胸が垂れることがないように頑張って支えているのがクーパー靭帯です。

クーパー靭帯は、外からの刺激や激しい運動によって、伸びたり切れたりすることがあります。

ある程度は元に戻るようですが、一度伸びきってしまったクーパー靭帯は元に戻りません。

ということは、20代のうちからこのクーパー靭帯を大切にしていかないと、胸が垂れる、もしくは、張りがない胸になっていくことになります。

胸が垂れる悪い生活習慣

胸 生活習慣 猫背

さて、クーパー靭帯が伸びることで胸が垂れて、特に大きい胸の人の場合は、クーパー靭帯は支えきれなくなってきます。

そのクーパー靭帯を伸ばしてしまう悪い要因に生活習慣があります。

それが大きくわけて4つほどあり、これを改善しましょう。

猫背

猫背が癖になってしまうと、本来胸を支えようとしている大胸筋が衰えてくる可能性があります。

しっかり胸を張っている状態なら大胸筋で胸を支えることにもなりますが、猫背になってしまうと、胸が垂れやすくなります。

肩こり

肩こりと胸には大きな関係があります。

肩こりがあまりにひどい方は、肩や肩甲骨の血の巡りが悪くなっている可能性があります。

肩こりがひどい方は、下垂によって胸の位置が下がってくると、胸を引き上げようとする筋力は衰えていきます。

出来れば、日頃から肩甲骨を動かす癖をつけて、常に背中から肩付近は血の巡りを良くするように意識したほうがいいかもしれません。

無理なダイエット

ダイエットをすると胸の大きさにも関わってきて、胸のサイズがダウンしてしまうことが多いです。

特にダイエットで運動はせずに食事制限などでダイエットをした場合、一気に体重が減ってしまうことで、胸はサイズがダウンするだけにとどまらず、胸が垂れるようになってきます。

胸を守る保護する力のないブラジャーや下着の着用

20代 胸 張りがない

胸の少しでもいい状態で保ち続けるには、ブラジャー選びはとても大切です。

すっぽり包み込むようなブラジャーや下着でなかった場合は、クーパー靭帯が伸びてしまう可能性があります。

つけていて楽なブラジャーになってしまうと、胸だけではなく、顔や頭皮、首筋まで、あらゆる部分の垂れ下がりにつながります。

まとめ

寝ているときはブラジャーを外している方も注意が必要です。

女性の7割以上は、寝ているときはノーブラといいますが、ノーブラで無防備な状態であちこち向きを変えられていけば、胸もそれなりに負荷がかかってきます。

注意しましょう。