40代 バストアップ エクササイズ マッサージ 筋トレ

今回は、あきらめかけている40代に挑戦してほしいバストアップのエクササイズ法・マッサージ法・筋トレ法を紹介していきます。

最近の40代女性は美魔女と呼ばれる方もいるほど、昔の40代とは食生活もまったく違うので、まだまだバストアップの可能性が十分あります。

ぜひ参考にしてください。

40代バストアップエクササイズ・マッサージ・筋トレ法

40代のバストアップ法は、衰えてきた筋肉を鍛えることをベースにしたエクササイズ・アッサージ・筋トレ法が一番のベスト法です。

バストの形成

バストは、「乳腺」と「細胞組織」で出来ていて、その胸を支えているのが「クーパー靭帯」と呼ばれている繊維の束のようなものです。

これらをすべての土台は、大胸筋になります。

バストの乳腺と細胞組織の割合は、乳腺の割合が多いとされていますが、年齢と共にバストが垂れてきてしまう一つに、クーパー靭帯の衰えがあげられます。

クーパー靭帯が伸びてしまったり切れてしまえば、下垂がどんどん進んでいくことになります。

そして、バストが垂れるもう一つの原因の中に運動不足や年齢を重ねていくことによって筋力の低下があります。

40代のバストアップには、この筋力がモノをいいそうです。

年齢を重ねれば重ねるほど筋力が低下してきます。

だからこそ、40代以降のバストアップには、胸のエクササイズや筋トレ、マッサージでの刺激は必要不可欠になってきます。

もちろん、これだけではなく、日頃の生活習慣も関係してきます。

バストには女性ホルモンが大切です。

女性ホルモンの一つエストロゲンを活発にすることも必要になります。

でも、年齢とともにエストロゲンもどんどん減少します。

だから、エストロゲンと構成が似ている、大豆に含まれるイソフラボンの摂取も必要になります。

40代のバストアップは、エクササイズ・マッサージ・筋トレだけではなく、イソフラボンも積極的に摂っていきましょう。

40代のバストアップエクササイズ

40代のバストアップエクササイズは、もうこれ以外はありません。

胸の前で合掌のポーズと作って大胸筋を鍛える方法です。

前章でも紹介したように、バストの土台となっている大胸筋を鍛えるのは、40代のバストアップには欠かせません。

この大胸筋のエクササイズは、かなり有効であるからこそ、昔から言われてきたエクササイズです。

背中を丸めずにまっすぐ前を向いて行ってください。

気が付いたときにやるようにクセをつけましょう。

常に自分がきれいなバストになったイメージを忘れずにやってくださいね。

40代のバストアップマッサージ法

40代のバストアップマッサージ法は、長年硬くなった肩や癖になっている姿勢も正しくすることが大前提になります。

肩は頻繁に肩甲骨などを動かして筋肉をほぐすような心がけでいきましょう。

また、40代のバストアップマッサージはやり過ぎるのは厳禁です。

40代のバストアップマッサージのコンセプトは、「長続き」をさせることです。

マッサージの負担が少なくても効いていないわけではありません。

継続が大切です。

40代のバストアップ筋トレ法

40代以降の人のバストアップには、筋トレはかなり効果が期待できます。

特に垂れた胸を修正させてきれいな形に見せるには、筋トレがベストな方法になります。

筋トレは、先ほど紹介したクーパー靭帯にも関係していて、クーパー靭帯の衰えは止められませんが、クーパー靭帯の周囲の筋肉を鍛えるのも大切です。

周囲の筋肉が鍛えられれば、クーパー靭帯の負担も減らすことができます。

ここでの筋トレ法は、腕立て伏せもいいですが、腕立て伏せのようなきつい筋トレでなくても、壁に向かって腕立て伏せのような筋トレをするのもおすすめです。

呼吸も大切なので動画に合わせてしっかり呼吸をとめずにやりましょう。

まとめ

以上です。

40代のバストアップについて紹介しました。

エクササイズや筋トレは、なかなか続かないところもありますが、継続することで胸の辺りが少し筋肉がついたことを感じれば、そこからまた続けることができます。

結果はあせらずに、あきらめずにバストアップに挑戦していきましょう。