ナイトブラ 昼間 付ける 大丈夫

今回は、着け心地がいいナイトブラを昼間に付けることは大丈夫なのかを中心に紹介します。

ナイトブラを付けた経験がある方なら、普段使いできたらラクかも?と思ったこともあるんじゃないでしょうか。

実際、ナイトブラのままで、よく昼間も過ごしているという方も少なくないはず。

さて、着心地がいいナイトブラは昼間に付けるのは大丈夫でしょうか。

checkメディアで話題のナイトブラ人気ランキングはこちら♪

ナイトブラを昼間に付けることってどう?

さて、ナイトブラを昼間に付けることでバストに問題はないのか、ナイトブラの機能を知れば、大丈夫なのか、NGなのかがわかります。

ナイトブラは、基本的に普段使いの設定機能になっていません。

昼間も付けること習慣化すると大丈夫とはいえなさそうです。

ナイトブラの機能とは

ナイトブラは、ノーブラで夜寝てしまうと、胸の形が崩れてしまうことを防ぐために作られたブラになります。

ナイトブラは、夜もぐっすり眠れるようリラックスできることと、胸の形を寝ている間もキープできる機能を兼ね備えた、「夜専用」のナイトブラになります。

そのため重いバストをしっかり受け止める機能にはなっていません。

なので大丈夫とはいかないようです。

ナイトブラは昼間に付けるのは×!

先ほど紹介したように、ナイトブラは、夜リラックスして眠れるような機能を持っているということは、昼間起きている状態での「バストの重さ」には耐えられません。

支えきれないんです。

なので、ナイトブラは昼間に付けるのはNGどころか、胸が垂れたりする要因になるかもしれません。

昼間は起きている状態のときは、常に胸は重力と共にあります。

寝ているときとはまったく違います。

そんなより重力のある胸をナイトブラは支えられるような構造にはなっていないんです。

また、24時間タイプの昼夜兼用のナイトブラもありますが、夜専用ナイトブラと構造が似ているので、昼間のバストを支えるにはホールド感がかなり弱いです。

ナイトブラは夜専用としてきっちりわけて使いましょう。

ナイトブラが楽だからとそのまま使っていると、バストに負荷がかかり後々、困ったことになります。

それについては次の章で紹介します。

ナイトブラを昼間も付けっぱなしにすると・・・

ナイトブラ 昼間 付けっぱなし

ナイトブラをそのまま昼間も付けっぱなしにして、毎日過ごしていると、垂れてしまう可能性があります。

ナイトブラは、睡眠を妨げないようリラックス機能を基本コンセプトにして作られています。

もちろん、アンダーバスト部分の締め付けも弱く、夜はノーブラで寝ている方にもおすすめのアイテムです。

ところが、この締め付けが弱いナイトブラを昼間も付けるとなると、ナイトブラは、寝ている時のバストとは違い、重力のかかったバストをしっかり支えることができないので、そのまま揺れた状態になります。

揺れたら、今度は、胸の中のコラーゲンで作られている「クーパー靭帯」に負荷がかかり、ナイトブラでの日々の生活はクーパー靭帯を伸ばしてしまうか切れてしまうようなことになり兼ねません。

伸びたクーパー靭帯は元に戻らない

毎日、思いバストを支えきれないナイトブラを付けてクーパー靭帯が伸びてしまうと、本来、クーパー靭帯は伸縮性は多少はあるものの、伸びきってしまったらもう元には戻せません。

そうなると、バストが垂れたり、バストの肉が横に流れたりとバストの型崩れなどにつながる恐れがあります。

ブラを軽視しないで!

女性にとってブラジャーは、とても大切な必須アイテムです。

ブラを軽視すると、バストの崩れや下垂の原因を作ってしまうことになります。

ブラは、本来なら、夜は夜、スポーツ用はスポーツブラ、普段使いようのブラと、分けて使うことで、バストの垂れの予防になります。

ノーブラのほうがラクだからという理由だけで、昼間にナイトブラを愛用してしまうと、少しずつ少しずつバストに負荷がかかり胸が垂れるなどにつながっていきます。

もっとバストを大事に扱いましょう。

まとめ

ナイトブラ 昼間

ナイトブラを昼間に付けるのは大丈夫なのかを中心に紹介しました。

今は40代の方でも、日頃の生活習慣やちょっとした運動でバストアップが見込めます。

ナイトブラを昼間に使ってしまうのは、あえて垂れる原因を作ることになります。

ナイトブラは夜専用として捉えましょう。