バストアップ マッサージ マシュマロ

バストがふわふわしたマシュマロのような形は、私たちにとっては理想のバストスタイル。

あれって、個人差があるんじゃない?と思いがちですが、バストアップのマッサージで実現はできそうですよ。

マシュマロのようなバストは、乳腺や大胸筋の鍛えることで少しずついい形になってきます。

今回は、ふわふわマシュマロを作るバストアップのマッサージについて紹介します。

マシュマロのバストを見ると、幸せな気分になりますよ。

バストアップのマッサージは血行を良くしてふわふわマシュマロ胸作り

マシュマロのようなバストを作るには、体にコリがあったり血流が悪いと柔らかいマシュマロのようなバストを作るのがむずかしくなります。

見た目も触り心地もマシュマロのようみバスっとアップにするには、血行とリンパの流れをスムーズにすることが大切です。

マシュマロのバストはリンパの流れが大切

マシュマロのようなバストアップを目指すには、マッサージはとっても大切ですが、バストマッサージを有効にするには、バストの血行を良くすること、リンパの流れをスムーズにすることが条件になってきます。

硬いバストは、特に腕の脇の下と胸の筋肉部分が張り付いているときのバストといわれています。

また、血行が良くないバストは、触ってみるとひんやりとして冷たいのが特徴でもあります。

そんなバストをふわふわマシュマロのバストにするには、マッサージで血行を良くしておくことが前提になってきます。

血行が良くなると、栄養素や酸素がバストまで行き渡ります。

そうなれば、リンパの流れもスムーズに良くなってきます。

リンパの流れが良くなってくると、体にたまっている余分な老廃物も排出されていくんですね。

血行スムーズ→リンパの流れが良い→老廃物の排出→バストを支える筋肉がほぐれる

この流れがしっかりできていれば、体のコリもとれて、ふわふわした柔らかいマシュマロのようなバストを作ることになります。

特に肩コリは血行が悪いと起こりやすいといわれています。

肩甲骨を意識的に動かして血液の流れを良くするように意識しておきましょう。

特に猫背はマシュマロのようなバストアップを実現するのはむずかしいです。

常にバストを意識して前に突き出すように姿勢を正しておくクセをつけましょう。

マシュマロ胸の作り方

最初に張り付いたバストをはがします。

1.肩と腕の力をぬいて、腕の脇を少し開きます。

2.骨の下の部分から、バストの脇に向かって軽くマッサージします。軽くです。これを10回から15回ほど。

3.脇の下に手をあてて、イメージとしてはバストを鎖骨中心部まで持ち上げるようにします。これも10回から15回ほど。

4.今度はバストの下に手を持って行き、そこからバストの上に向かって、軽く引き上げるマッサージを10回から15回ほど。

5.最後に、もう一度わきの下へ手をやり、内側から外側へリンパ液を流すようなイメージで円を描きます。

これで流れが良くなってきます。

次はバストに直接働きかけるマッサージをします。

1.右手を左側のバストにもっていき、手のひらで持ち上げて鎖骨の中心に向かうように斜め方向にバストを小刻みに揺らします。1秒間で2回から3回揺らす感覚で、両方のバスト25回~30回ほど揺らします。

2.次は両手でそれぞれのバストを「脇から」中央に寄せるようにもっていき、上方向に軽く揺らします。これも1秒間で2回から3回で揺らし両方で、25回~30回を目安にします。

バストアップのマッサージは体が温まっていると効果的

バストアップのマッサージは、入浴後のまだ体が温まっていると血液の流れもスムーズで効果的です。

血行が促されれば、新陳代謝も高くなり、バストアップのマッサージ効果を高めることになります。

また、バストアップマッサージは気持ちがリラックスしていることも大切。

お風呂をあがったら、のんびりした気持ちでマッサージをしましょう。

ストレスが溜まっていると、自律神経が乱れてきます。

自律神経は、女性ホルモンの大敵です。

マシュマロのようなバスト作りは、バストアップマッサージとリラックスで効果が期待できます。

まとめ

バストアップ マッサージ マシュマロ 胸

バストアップのマッサージは血行を良くしてふわふわマシュマロのような胸作りと題して紹介しました。

参考にしていただければ幸いです。

マシュマロのような可愛らしいバストが出来上がると、ついつい鏡を見てしまいますよ。

ぜひ、その嬉しさを実感してくださいね。