バストアップ 食べ物 10代 20代 30代 40代

今回は、ズバリ、バストアップに効果がある食べ物年代別!と題して紹介します。

バストアップは、10代・20代はもちろんのこと、30代・40代でまだあきらめる必要はないようです。

本来、バストアップには、女性ホルモン、エストロゲンが大きく関係していますが、女性ホルモンは18歳ぐらいまでは、安定していないようなんです。

ということは、18歳以降の20代からということになりそうですよね。

バストアップに効果がある食べ物!10代・20代・30代・40代

バストアップに効果がある食べ物は、やっぱり女性ホルモンの一種、エストロゲンが主役になりそうです。

ただし、エストロゲンだけに頼るのではなく、生活習慣などの改善も必須になります。

バストアップに効果がある食べ物10代編

バストアップには、女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、欠かせないものになりますが、10代の女性の場合は、エストロゲンの量が一番増える頃なので、あえてエストロゲンの分泌を促すようなサプリメントなどは、必要がありません。

エストロゲンを過剰に摂り入れてしまうと、いろんなトラブルが体に起きてしまう可能性があります。

10代のバストアップ効果を狙うなら、とにかく栄養が偏らない食事をすることが大切です。

バストアップには必要なのは「タンパク質」・「大豆」・「ボロンを含んだ食材」といわれています。

大豆に含まれるイソフラボンには、エストロゲンに似ている働きがあるので、納豆や豆腐、豆乳などに含まれているのでおすすめです。

「ボロン」はあまり聞いたことがないかもしれませんが、ボロンが含まれるのが「キャベツ」・「海藻類」・「リンゴ」・「アーモンド」などに入っています。

ただし、冒頭でも紹介したように生活習慣の見直しも必要です。

バストアップに効果がある食べ物20代・30代編

バストアップ 食べ物 10代 20代 30代 40代 大豆

女性ホルモンは18歳ぐらいまでは安定していません。

なので、女性ホルモンの機能がしっかり働くのは20代以降になっています。

少なくとも閉経前は、まだまだバストアップの効果は期待できるのであきらめずにいきましょう。

20代・30代のバストアップもエストロゲンに似たイソフラボンを積極的に摂るのがおすすめです。

ただし、イソフラボンの過剰摂取が問題になっていることもあって、1日のイソフラボンの目安量は70mgとなっています。

だいたいですが、一日豆乳1杯とお味噌汁を1杯ぐらいがちょうど良いようです。

たくさん飲むことではなく、摂取する習慣をつけていくことが大切です。

納豆や豆腐は積極的に摂っていきましょう。

バストアップに効果がある食べ物40代編

バストアップに関わるエストロゲンの分泌量は20歳前後をピークに減少していくらしく、45歳~はどんどん減少していき、閉経と同時に分泌されなくなってくるようです。

そういう意味でもバストップを狙う40代は、積極的に大豆食品を取り入れた方がいいかもしれません。

女性ホルモンは、肌のハリやツヤを与えてくれたり、髪の毛や体のいたるところに必要なものです。

バストアップだけではなく、体の健康を守る上でもエストロゲンを摂っていくようにしたいですね。

40代におすすめなのは、イソフラボンが含まれているサプリメントです。

手軽に摂れることと、今は30代の方でもイソフラボンを含むサプリメントを摂取している方も多いです。

40代、さらに50代に入れば、更年期の症状も出始めてきます。

女性ホルモンが減少することは、体にとってもあまりいいことではないです。

食べ物とサプリメントを併用しながら、バストアップを狙っていきましょう。

どの世代でも共通の生活習慣

バストアップ 食べ物 生活習慣

どの世代でも、生活が乱れていたり不規則だったりすると、せっかくバストアップのための食べ物を食べても意味がありません。

特に夜更かしは厳禁になりそうです。

できれば10時~午前2時ぐらいまでには布団に入る習慣をつけましょう。

また、喫煙もNGで、血行不良の原因になってしまいます。

さらに、冷え性にも気を付けましょう。

まとめ

以上です。

バストアップに効果がある食べ物年代別として紹介しました。

どの年代にも言えることですが、背中を丸めたり猫背でいると、血流が悪くなってバストアップにも良くありません。

日頃から姿勢をまっすぐにするように意識してクセをつけましょう。

正しい姿勢は、バストアップにはとても大切です。