胸 ワイヤー 痛い

ワイヤー入りのブラで痛い思いをしたことはありませんか。

ワイヤー入りのブラジャーは特に既製品の場合、自分のサイズに合わないブラジャーだったり、硬めのワイヤーが入っているブラジャーだと痛いだけではなく、胸の肉が外に流れて固定されずに、時には垂れる要因になるかもしれません。

ここでは、ワイヤー入りのブラの正しい選び方を中心に紹介します。

胸がブラのワイヤーで痛い!ワイヤーブラの正しい選び方!

ワイヤー入りのブラジャーで痛みが出る方は、ブラジャーを選ぶときには、まず硬いワイヤーではなく、ソフトワイヤーのブラジャーを選ぶようにしましょう。

また、サイズが合わないワイヤー入りブラジャーも痛みがでます。

ワイヤーで痛い理由は?

ワイヤー入りのブラジャーは、通常きれいなバストラインを作るような設計がされています。

ただし、既製品で売られているものは、一般的に大まかなサイズ分けをしているものも多く、そのために、ワイヤー入りのブラジャーが胸のサイズに合わずに、ワイヤーが胸下に食い込んで痛くなったりかゆみが出たりします。

これは、放っておくと胸の形にも影響します。

特に、ワイヤー入りのブラジャーで赤くなるようなら、そのブラジャーはサイズに合わないことが原因です。

また、生理前後は、体が膨らむことから、生理が始まる前や生理中、整理後にワイヤーによる痛みを訴える女性もいるようです。

もし、生理前から胸が張ってブラジャーがきつく感じるようなら、生理前から胸の張りがおさまるまでは、ワイヤーのないスポーツ用のブラジャーや、ナイトブラに変えて、乳腺を刺激しないようにすることも、とても大切です。

そのまま痛みやかゆみ赤味を我慢して、サイズの合わないワイヤー入りのブラジャーをしていると、乳腺症になったり肋間神経痛につながったりすることもあるようです。

胸は私たち女性にはとても大切な部分です。

単にブラジャーをするのではなく、「胸を優しく守る、包む」というスタンスでブラジャーを身に着けたいですね。

正しい胸の測定は専門家に!

胸 ワイヤー 痛い 測る

最近は、機能性とおしゃれも兼ね揃えたすてきなブラジャーがお店だけではなく、通販でも購入できるようになったので、いろんなタイプのブラジャーが手軽に手に入るようになりました。

手軽に手に入るのはいいんですが、ブラジャーはサイズに合うものをきちんと選んでいるでしょうか。

ブラジャーは、アンダートップのサイズを正しく測っていないと、胸を支えることもできなければ、きれいなバストラインを作ることができません。

自分の胸を測るときには、自分で測るよりも専門家に任せるとより正確に測ることができて、自分に合うブラジャーがどれかが明確にわかります。

ブラジャーを選ぶなら「ワイヤー」で選ぼう

ワイヤーの食い込みがイヤなことから、ソフトブラを選ぶ方もいれば、ブラキャミを選ぶ方もいますが、ワイヤーがないブラジャーは、「成長期」・「妊婦」・「中年層」など、なるべく負担がかけたくない年代や負荷をかけたくない時期の方のみの限定にしたほうがいいかもしれません。

さて、通常のワイヤー入りのブラジャーは、ソフトワイヤーなので痛みはまずありませんが、もし、補正下着で「固めのワイヤー」を着用する場合は、サイズには十分注意してください。

補正下着の目的には、胸の形だけではなく、姿勢を改善する目的で使用するものもあり、ワイヤーがきつく食い込んで跡が残ったり痛みがでます。

補正下着でもなく普通に既製品の場合も、ワイヤーをよく確認してください。

ブラジャーは可愛いものや見た目で選びがちですが、ワイヤーの柔らかさなどを感触で確かめて、ワイヤー入りのブラジャーを選ぶようにしましょう。

まとめ

胸 ワイヤー 痛い 機能性

いかがでしたか。

ブラジャーのサイズが合わないと、肩こりが起きたり姿勢にも影響することがあります。

ブラジャーは、肌に直接触れる大切なアイテムです。

私たち女性の胸を守ってくれる大切なものなので、正しい自分のバストサイズを知ってから、デザインのような見た目ではなく、まずは機能性を重視して購入しましょう。