胸 右 左 大きさ 違う 改善

女性の胸が右と左で大きさが違うことで気になっているとしたら、そもそも女性の胸の大きさは右と左で違うものだということご存知でしょうか。

とはいっても、極端に大きさが違うとコンプレックスになりかねません。

今回は、胸が右と左で大きさが違う原因と改善策について紹介します。

胸が右と左で大きさが違う!

胸が右と左で大きさが違う原因には、普段の生活の中の何気ないクセなどが影響しているようです。

改善策は、ブラ選びからストレッチなどがいいようです。

本来胸は左右対称にはならない

冒頭でも紹介したように、本来、私たちの胸は形も含めて、左右対称という方はまずほとんどいないんじゃないでしょうか。

胸の以下外のパーツを鏡で比べてみるとわかりますが、右腕と左腕、右足と左足、さらには顔などでも、左右対称でないことが普通になります。

左右違ってしまうのは、ある程度は生活習慣などで体が歪んでしまうことで起こるようです。

私たちは、何かをやろうとすると必ず利き手を使うことがほとんどですよね。

同じほうばかり使っていると、自然に筋肉がついたり歪みが生じたりするもののようです。

そうなると、胸が右と左で大きさが違うのはいったいどんな理由なのか次の章で紹介しますね。

胸が右と左で大きさが違ってしまう原因は?

胸が右と左で大きさが違ってしまう原因には

  • 筋肉の付き方が違うから
  • 日頃から悪い姿勢が身についている
  • 日頃から猫背の癖があることから体が歪んだ
  • 骨盤の歪みから

原因を見てわかるように、日頃の姿勢やクセや利き手などによって、胸の右と左で違いが起きてしまいます。

普段、利き手から何かをやる回数は多いはずなので、当然、利き手に筋肉がつきやすい傾向にあります。

筋肉がつけば、引きしまるので、胸が右か左の大きさが違ってくるわけなんです。

胸 右 左 大きさ 違う 猫背

また、決まったスポーツを毎日やっている方になると、どちらか一方の筋肉を使っていると、それもまた、胸の大きさの違いに反映されやすい傾向にあるようです。

胸が右と左で大きさが違う原因の中に、骨盤の歪みがありますが、骨盤の歪みは、姿勢からくることもあれば、骨盤が歪むことで姿勢が悪くなることもあります。

そうなると体の軸がずれてきてしまい、胸の右と左の大きさのバランスも崩れます。

骨盤の歪みは、体のどこかしらに悪影響を与えることが多いので、日頃の姿勢で骨盤が歪むような姿勢になっていないか注意が必要です。

右と左の大きさの違いを直す改善策

右と左の大きさを直す改善策は、根本的な改善まではいきませんが、女性の胸は大切なものです。

ケアはしっかりしておくと、多少は胸が大きくなるといわれています。

これ以上大きさの違いがでないようにしていきましょう。

大きい方の胸に合わせたブラ選び

胸は、少しずつ変化しています。

それに合わせてブラを変えていかないと胸が垂れたりするような要因になってしまいます。

ブラを選ぶ時には、大きい方の胸のサイズに合わせて選びます。

小さい胸に合わせてしまうと、大きい胸の方が押し込められ、血行が悪くなってしまう可能性があります。

また、ブラがきついと、胸の脂肪が背中に流れる可能性もあるようです。

バストマッサージ

バストマッサージは外から刺激を与えて、リンパの流れがよくなれば、少しずつバストアップにもつながっていきます。

両方の胸の血行を良くして、栄養が行き渡るようにして、バストの健康を維持します。

骨盤のストレッチ

こちらの骨盤ストレッチは、前にテレビでも紹介されたものですが、簡単であることといつでもできること、手軽にムリなくできるのでおすすめになります。

少し胸が揺れてしまうところもあるので、しっかりブラで胸の揺れを防ぐようにして始めてください。

揺れたままにしておくと、胸に負担がかかります。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、胸が右と左で大きさが違う原因と改善について紹介しましたが、参考にしていただければ幸いです。

胸が右と左で大きさが違うことは、普段から右か左、どちらかに傾いて座ったり歩いたりと、そんなクセが当たり前のようになってしまうことでひきおこしているのかもしれません。

これを機会に普段の姿勢や癖を見直してみましょう。