胸 柔らかい なぜ 時期

女性の胸は柔らかいのがいいってもんでもなく、柔らかいと横にお肉が逃げてしまたり、横のなるとペッチャンコになったり、さらに垂れてしまうことにつながっていきます。

一方、思春期の頃の女性の胸はどんどん固くなって、一生のうちで一番胸が硬いのがこの時期のようです。

一番胸が成長する時期もこの時期になります。

なのになぜこの時期に胸が大きくならない方がいるんでしょうか。

胸が柔らかいのはなぜ?胸の成長の時期でもなぜ大きくならないの?

10代の方で胸の小ささを嘆いている方も多いですが、嘆くのはまだまだ早いです。

成長期のこの時期だからこそ、まだまだ胸が発達する可能性が残されています。

一方、柔らかい胸でなかなかバストアップにのぞめない方も、まだあきらめることができないです。

胸の柔らかさは、乳腺の発達!

冒頭でも紹介したように、成長期を迎えたころの10代の女性は、胸が一番硬い時期のようです。

胸の柔らかさは、乳腺の発達によるところがあるようで、乳腺の発達で、胸の柔らかさから、形までどんどん変化していきます。

そして、胸の硬さがピークを迎えてくると、今度は大人になってくるので、大人になってくれば、乳腺ではなく「脂肪組織」が増え始めます。

脂肪が増えてくれば、今度は、胸がどんどん柔らかい状態になっていきます。

だから、胸の成熟を超えて、年齢を重ねていくと、ますます胸は柔らかい状態になっていくわけなんです。

さらに、柔らかくなれば形も変化していきます。

胸の成長期の時期

胸の成長期に関しては、最近の研究でわかったことがあり、胸の成長時期は「年齢」には関係はなく「初経」が大きく関わっているとされているようです。

胸は、この初経の前後「約4年間」で、大きさから形などが変化してくると考えられているようです。

胸の成長時期には流れがあります。

  1. 初経の1年以上前=乳頭周辺が膨らみはじめる。
  2. 初経の前後=乳房が固くなりはじめて、乳房のふくらみ自体が「横」に広がっていく。
  3. 初経1年から3年未満=乳房全体が丸みを帯びて、立体的に膨らんでくる。
  4. 初経3年後から=胸全体が丸い女性的な形で落ち着くようになる。

胸の成長時期なのに、なぜ大きくならないの?

胸 柔らかい なぜ 成長期

胸が成長する時期については、いつ初経を迎えるのか、個人差があります。

なので、当然胸がふくらみ始める時期は、人それぞれなので、成長段階でなぜ胸が大きくならいの?と悩む必要はありません。

ただ、逆にいえば、一番胸を成長させやすい時期でもあるので、この時期にしっかりとした対策をとっておけば、より胸を大きくさせることも可能になっていくと考えらえます。

柔らかい胸の人はブラジャーも見直して!

柔らかい胸の人は、大胸筋を鍛えることと、血行を良くすることがバストアップにつながります。

肩のコリは、大胸筋の負担にもなるので、肩のコリを減らすには、血行を良くすることです。

冷え性がある方も注意です。

血行の流れが悪い方は特に体を温める意識をしましょう。

血行を良くするなら、ストレッチはかなりおすすめです。

そして、もう一つ。

大人の女性は、ブラジャーにもこだわりましょう。

加齢で胸はますます柔らかい状態になり、ブラジャーは何でもいいというわけにはいきません。

自分に合うタイプのブラジャーを身に着けることで、柔らかい胸のお肉も正常な位置に落ち着く可能性がまだまだあります。

胸が成長期を迎えた人は寝不足厳禁・猫背もだめ!

胸が成長時期を迎えた人は、今の生活の状態を続けていたら、本来なら大きくなるはずの胸がちゃんと成長しません。

大人同様にブラジャーもサイズの合ったものを選ぶことをおすすめしますが、それと同時に、成長ホルモンが最も分泌される22:00から2:00の間はしっかり睡眠をとることも大切です。

また、スマホによって猫背になり血流が滞る人が多いようです。

そうなってしまうと、せっかくの成長時期に胸の大きくなる働きを邪魔してしまいます。

まとめ

胸が柔らかいといくらブラジャーに肉をおさめようとしても横に流れませんか?

この場合もブラジャーが合っていない可能性大です!

ブラジャーも洋服と同様にサイズに合ういいものを着用しましょう。

また、成長時期を超えた20代以降の方も生活改善にサプリメントを併用するのもおすすめです。