胸 成長 止めたい

胸が大きくて、これ以上胸が大きくなってほしくないという方もいますよね。

胸が大きいのが気になって、逆に胸を隠そうとして姿勢が悪くなったりもします。

今回は、そんな胸の成長を止める、バストのサイズダウンをする方法があるのかを調べました。

胸は脂肪細胞です。

脂肪燃焼と筋肉をつけることでサイズダウンはできなくはなさそうです。

胸の成長を止めたい!

胸は、乳腺と脂肪細胞で構成されていますが、年齢を重ねると乳腺よりも脂肪細胞が9割以上を占めることになります。

なので、胸の成長を止めたいと思うなら、この脂肪を落とすことをメインにした運動をするとサイズダウンにつながりそうです。

胸の成長を止めたいなら脂肪量を減らす運動

胸の大きさに深く関わっている筋肉は、「肩甲骨周辺」と「大胸筋」です。

バストのサイズダウンを目指すなら、この肩甲骨周辺の筋肉と大胸筋を必要以上に鍛えないようにしましょう。

胸の成長を止めるための胸を小さくする運動は、胸周囲の筋肉を鍛えていくと、脂肪は落ちたとしても、大胸筋が鍛えられて成長することから、バストは大きくなることになります。

胸を小さくする、バストサイズダウンをさせたいなら、上半身のみの運動ではなく、体全体の脂肪量を減少させるような運動をメインにします。

胸の成長を止める運動

胸 成長 止めたい 有酸素運動

胸の成長を止めたいとはいっても、胸が小さくなりバストのサイズダウンと共に、バストの形が崩れてしまうのは困ると思う方がほとんどでしょう。

胸の成長を止める運動は、脂肪燃焼をメインに、脂肪燃焼率が高い有酸素運動がもっとも適しています。

胸が大きいのは、胸に必要以上の脂肪がついていることになります。

なので、胸を小さくしたい、サイズダウンしたいなら胸の脂肪を落とすことを念頭におきつつ、適度な筋肉をつける必要もあります。

体全体の脂肪量を減らし、適度な筋肉量をつけていけば、バストダウンの効果が期待できます。

ちなみに、適度な筋肉をつけて脂肪を落としているその良い例が「マラソン選手」や「競泳選手」です。

どちらも比較的胸が小さい方が多いですよね。

胸を小さくするなら縄跳びで有酸素運動

胸を成長を止めたい、もしくは、胸を小さくするための運動は、マラソンが適しているようですが、マラソンは、普段走ることがない方ではかなりきつく続きにくいです。

そこで、おすすめする有酸素運動は、縄跳びになります。

縄跳びなら、今からすぐにでも実行できることと、場所を選ばず気軽にできるので毎日続けやすいからです。

胸の成長を止める有酸素運動は、毎日続けることが必要です。

今日明日、すぐに結果が出るわけではなく続けていって、効果を期待するものです。

毎日、思いついたら縄跳びをしてみましょう。

ただ、一つ注意点があります。

縄跳びをする際には、「胸を揺らさない」ことです。

特に胸の大きな人は、それだけ胸が重いです。

何のサポートもしないまま縄跳びをして胸を揺らしてしまうと、胸の中に広がっている「クーパー靭帯」に負荷がかかって、胸を支えきれなくなります。

縄跳びをしてみて、胸に痛みが走るようなら、スポーツブラにして痛みがないように、揺れないようにしてください。

胸の成長を抑える食品

胸 成長止める カフェイン

胸の成長は、女性ホルモンの分泌が大きく関わっています。

なので、女性ホルモンを抑えるような成分が入っている食品を摂ることで、より効果的なバストサイズダウンを狙えることいなります。

そんな女性ホルモンの分泌を抑えるのが「インドール」という野菜です。

加熱してしまうと、成分が壊れてしまう特徴があるので生のままでいただくのがいいようです。

また、コーヒーに含まれるカフェインには、「脂肪燃焼効果」があります。

ただし、カフェインは、激しい運動前に飲むと脱水症状が起きやすく、体の機能が低下することで、返って代謝率が悪くなるので厳禁といわれています。

飲み過ぎにも注意してください。

まとめ

以上です。

胸の成長を止める方法について紹介しました。

胸を小さくするには、とにかく体の脂肪分を減らすことが大前提になりそうです。

また、女性ホルモンの分泌を過剰に抑えてしまうのは、絶対にいけません。

無理なことをしてしまうと体に支障がでます。

無理のない範囲内でやっていきましょう。