胸 膨らむ いつから 仕組み

思春期頃から、成長に伴って体の各部分に変化が起きてくる年齢になります。

今までの幼い体が、大人へと変化していく過程をここからたどっていくことになります。

子供も親も、子供の体の成長は気になりますが、特に気になるのは、女性は胸が膨らむのはいつからなのか。

他の子はもう胸が膨らみ始めているのに・・と遅れをとっていることが気になっている方もいるでしょう。

今回は、胸が膨らむのはいつなのかと胸の成長と発達していく仕組みについて紹介します。

胸が膨らむのはいつから?胸の成長と発達していく仕組み

思春期に入ってからの女の子は、胸の膨らみが徐々に目立ち始める時期です。

ただ、同じ世代の女の子でもすべての女の子が同じぐらい胸が膨らむわけではありません。

いつから胸が膨らむのか、どれぐらい膨らむのか個人差があるようです。

また、思春期が過ぎても胸を成長することは可能なようですよ。

胸が成長していく仕組み

胸の作りは、1割程度が乳腺になっていて残りの9割は脂肪で構成されているといわれています。

胸はほとんどが脂肪でできているわけです。

その脂肪は「乳腺」があれば、9倍もの脂肪を周りにつけることができて、どんどん胸が膨らみ成長していく仕組みになっています。

ということは、胸を膨らませたいなら、いかに乳腺を増やすかがカギになってきます。

女性ホルモンには、大きく分けると2種類あり「エストロゲン」と「プロゲステロン」です。

プロゲステロンは、妊娠出産時に大きく作用するホルモンなので、胸の膨らみに大切な働きをしてくれるのが「エストロゲン」になります。

なので、胸の膨らみだけに注目すれば「エストロゲン」が一番胸の成長に必要なホルモンになるわけです。

胸の成長の流れ

胸 膨らむ いつから 仕組み 流れ

では、胸の成長の流れ、順を追って見ていきましょう。

乳頭が膨らみ始めていく

まず初めに、胸からいきなり膨らむのではなく「乳頭」部分が膨らんで、そこから成長していくと、胸の内部の組織部分が発達していき大きくなっていきます。

内部組織が成長してくる

乳腺は先ほど紹介した「エストロゲン」の指令を受けて「乳腺」を作り出します。

そして、乳腺が発達することで胸が膨らみ始めてきます。

さらに、その周囲に脂肪がついてきて、胸が大きく膨らむようになります。

この時期に胸の部分を触るとコリコリしたようなしこりが見られることもありますが、それは心配ないようです。

このときの胸の形は、円錐型です。

さらに成長を重ねる

乳腺が発達することでその周囲にしっかりと脂肪がついてくるので、丸くて女性らしい胸の形で膨らんできます。

このときに乳腺が多ければ多いほど、胸にたくさんの脂肪がついてきて大きく膨らみ成長します。

胸が膨らむのはいつから?

さて、胸が膨らむのは初潮が関係しています。

胸が膨らみ始めるのは「初潮の1年ほど前」頃からになります。

大人の胸へと成長するのには「3年から4年」ほどかかります。

目安としては、初潮を迎える平均年齢が「10歳~15歳」といわれているので、胸が膨らむのは「9歳~14歳から13歳~17歳頃」までとなっているようです。

思春期を過ぎたらもう膨らまないの?

思春期に胸が小さかった場合気になるのは、思春期を過ぎたらもう胸が膨らまないの?ということですよね。

実は、胸の大きさや成長は、女性ホルモンが関わっているので、女性ホルモンが増加していけば、思春期が終わっても、まだ胸を膨らませることが可能なんです!

実際大学生になってから、1カップ胸が大きくなったという方もいれば、30歳過ぎたのに、またカップが上がった!という嬉しい声もあるようなんです。

ただ、一点、気になることが!

それは、女性ホルモンのピークが20歳なので、年齢が進めば進むほど、女性ホルモンの減少で大きく胸を成長させるのはむずかしくなりそうです。

とはいっても、一概には、何歳で胸の成長が止まるとはいえないようですよ。

まとめ

胸 膨らむ いつから 仕組み 思春期

お子さんと一緒に胸の膨らみがまだなくて心配している親御さんもぜひ参考にしてみてください。

胸の膨らみは女性ホルモンが関係していますが、かといって、サプリメントなどは思春期には必要ないようです。

この時期のサプリメントは逆にデメリットが大きくなります。

自然の女性ホルモンで成長していきましょう。