産後 授乳 胸 垂れる 予防

産後に赤ちゃんに授乳すると胸が垂れることは、母親にも聞いたことがありますよね。

妊娠中の方から授乳中の方まで、気になっている方が多いんじゃないでしょうか。

確かに産後の授乳で胸が垂れる傾向にあるとされていますが、授乳中に対策をしておくだけで、胸が垂れるのを予防することができます。

ここでは、産後の授乳で胸が垂れるのを予防する対策を中心に紹介します。

産後の授乳で胸が垂れるのを予防!授乳で胸の皮膚も伸びる!?

授乳で胸の形が崩れるとはいわれていますが、すべて授乳が原因で産後に胸が垂れるわけではありません。

授乳後の姿勢や筋力の衰えが産後の胸の垂れを招いているようです。

授乳で胸の形が崩れるといわれる理由

授乳で胸の形が崩れると昔からいわれてきましたが、「私は、垂れるから授乳はしない」というはっきりしたママさんもいます。

さて、授乳をすることで産後に胸の形が崩れる、胸が垂れるといわれる理由をあげてみました。

  • 授乳で胸が張ったり、飲ませればしぼんだりと、授乳の繰り返しで皮膚が伸びてしまうから。
  • 授乳し始めは、胸が張って大きくなっても、母乳での育児もある一定の期間に入ると胸の張りがなくなり、しぼんでしまうから。
  • 授乳期間中は、どうしても胸が大きくなることで、重たくなることから胸が自然と垂れてしまうから
  • 授乳期間中は、胸が大きく重たくなるので、胸の中のクーパー靭帯が切れてしまうからもしくは、伸びてしまう為。
  • 筋肉が低下してしまうことで重くなった胸が支えられなくなったから。
  • 授乳の姿勢などで、赤ちゃんに下から胸を引っ張られてしまうから。

などがあげられます。

また、産後や授乳後に胸が垂れる人には個人差があり、授乳した方でもきれいな形の胸でキープできている方もいます。

授乳したからといって必ず胸が垂れるというわけでもなく、授乳すると胸が垂れる傾向にあるという言い方が正しいかもしれません。

どちらにしろ胸が垂れる予防をしたことに越したことはありません。

胸が垂れる予防は、後ほど紹介します。

授乳以外に産後に胸が垂れる理由

授乳をしなくても産後、ある程度過ぎると胸が垂れてくる傾向になります。

それは、いろんな原因があるようで、妊娠中の大きな胸を支えるほどの筋力がないことや、加齢のためとも考えられます。

また、これも個人差にはなりますが、一人目のときよりも、二人目を出産後に胸が垂れたという感想を持っている方もいます。

でも、ここであきらめたらもったいないです。

産後、授乳直後からでもしっかり対策をして、産後も垂れることがないよう予防だけはしておきましょう。

産後に胸が垂れるのを予防する対策

>産後 授乳 胸 垂れる 予防 対策

今の自分に合うサイズのブラジャーに変える

サイズに合わないブラジャーは、ますます産後に胸の垂れを招くことになります。

胸のサイズに合うブラジャーを着用して少しでも胸が垂れることを予防する対策をとっておきましょう。

また、ハーフトップのブラジャーは、授乳にはメリットはあっても、重くなった胸を包んで支える力が足りません。

姿勢を意識する

授乳中、育児中は、どうしても下を向きがちで、猫背になったり背中が丸くなったりしがちです。

さらに、胸が大きくなってしまったことで、自然と前かがみになってしまいます。

実は、そういった何気ない姿勢は胸に負担をかけるだけではなく、産後に垂れる原因になってしまいます。

また、背中が丸くなることで血行が悪くなり、十分な栄養が胸まで行き渡りません。

なるべく背中は丸めないように姿勢を意識しましょう。

できるだけ背筋を伸ばして、背中の筋肉が衰えないように、コリがでないようにすることも大切です。

大胸筋で胸を支えるには、肩甲骨のあたりをグルグル回したりして柔軟にしておきましょう。

大胸筋を鍛える

産後い胸が垂れないようにするには、大胸筋を鍛えるのがもっとも有効とされています。

大胸筋は胸を支えてくれています。

大胸筋が鍛えられれば、大胸筋にくっついているクーパー靭帯にもメリットがあります。

大がかりな鍛え方ではなくて大丈夫です。

とにかく意識をして気づいたらエクササイズをしておきましょう。

まとめ

産後 授乳 胸 垂れる 予防 綺麗

産後や授乳で胸が垂れることについて紹介しました。

胸が垂れるのは、加齢だけではないことがわかっているようです。

だからこそ、産後から胸が垂れる予防をしっかりして、子育てが終わったら、また女性としてきれいに生きていけるように努力はしておきましょう。