垂れ 胸 治す

胸が少しずつ垂れてしまうのは、年齢のせいとあきらめてしまうことはできないかもしれません。

一度垂れてしまった胸は、自分の力ではしっかり元に戻すことはむずかしいとされていますが、それ以上の下垂をおさえて、ハリを取り戻し治す方法はあるようなんです。

胸は小さくても大きくても、きれいなバストラインをキープできれば、自分にも自信がつきお洋服を着ても見栄えがします。

ここでは、垂れた原因から垂れた胸を治す方法を探ってみました。

check垂れた胸専用ナイトブラ!?ナイトブラ人気ランキングはこちらから♪

垂れてしまった胸を治すことは可能?垂れる原因から探る治す方法

垂れてしまった胸を治すのには、大胸筋を鍛えるのも大切です。

また、ブラジャーを使って今のカップサイズをキープできるようにするのもかなりおすすめです。

胸が垂れる理由

年齢を重ねるごとに垂れる

年齢を重ねるごとに胸は垂れるといわれていますが、実は、すでに20代後半から少しずつ胸が垂れ始めているようなんです。

その理由は、年齢によるコラーゲンの減少と大胸筋が少しずつ衰えることです。

コラーゲンといえば、肌にも大切なものですが、胸がツンとハリのある弾力性を維持すること、胸の垂れを治すには、コラーゲンが必要です。

胸は、乳腺と脂肪組織で生成されていますが、それを支えているのは、「クーパー靭帯」と呼ばれる胸の中にある靭帯です。

実は、このクーパー靭帯は、細かいコラーゲンの組織で作られている繊維束で作られているようなんです。

クーパー靭帯の働きは、「胸」と皮膚や筋肉をつないでくれて鍛えれば、胸の垂れを防ぎます。

このクーパー靭帯が伸びたり切れてしまえば、当然胸が垂れることになってしまいます。

運動のしすぎ

垂れ 胸 治す運動

運動は体にはいいことですよね。

ところが、胸を支えて、さらに引き上げてくれているクーパー靭帯は、運動のしすぎや重力などで伸びてしまうようなんです。

運動をしなくても普通に歩くだけで胸は揺れます。

それがジョギングなどの激しい運動をすることによって振動になってしまい、それが、ますますクーパー靭帯に負荷がかかってしまいます。

そこから少しずつ垂れていきはじめます。

お産後の下垂

出産後は、赤ちゃんに母乳を作るために、通常のときよりも女性ホルモンが多く分泌されています。

女性ホルモンが分泌されれば、乳腺も発達して脂肪が増えていつもよりも胸が大きくなります。

そうなれば、胸を支えようとクーパー靭帯も伸びてしまいます。

そして、母乳が終わった時点でも、そのまま皮膚もクーパー靭帯も伸びたままの状態で胸は垂れていきはじめます。

そうならないように、胸の垂れを治すには、早いうちから大胸筋を鍛えるような工夫が必要です。

大胸筋の強化はそれほど難しくはありません。早速実践していきましょう。

check垂れ乳が治る!?ナイトブラ人気ランキングはこちらから♪

垂れ胸を治す方法

体を使って治す方法

  • 大胸筋を鍛えるその1

さて、胸が垂れる原因を見れば明らかで、まずは、胸を支える大胸筋を鍛えるのが一番ベストな治し方になります。

これはそれほどむずかしくなく合掌ポーズをして左右の手を思いっきり押して行う方法です。

ぜひやってみてください。

  • 大胸筋を鍛えるその2

大胸筋を鍛えるのは、ペットボトルを使うやり方もおすすめです。

テレビを見ながらもできます。

バストアップブラを着用する

垂れたバストを取り戻すには、大胸筋だけではなく、胸を矯正する手助けをしてくれるのはブラジャーも大切なアイテムになります。

日本人女性の7割ほども間違ったブラジャーを選んでいるという調査結果もあるようですから、一度自分の胸のサイズを測って、自分い合うカップサイズのブラジャーを購入しましょう。

垂れた胸におすすめなのが、バストアップブラです。

バストアップブラで、脇に流れてしまった肉を胸の部分まで持ってきて、しっかりキープすることで、サイズダウンを止めてくれます。

また、正しいブラジャーの着用には、姿勢もとても垂れた胸を治すには重要なことです。

猫背にならないように、ピンと胸を張って生活するように意識しましょう。

今は、猫背を矯正する機能のブラジャーもあります。

寝ている間もナイトブラで!

横になって寝ている間に、当然重力で胸は下にひっぱられたり、横に流れます。

この流れや引っ張りをおさえるために、ナイトブラをつけるのもかなりおすすめです。

一度使うとずっと使いたいと思うぐらい、締め付けがなく楽なブラになります。

それでも、ちゃんと胸の正常な位置だけはキープしてくれますよ。

まとめ

以上です。

垂れた胸を治す方法として紹介しました。

ぜひ参考にして実践してみてください。

ブラは胸を支えて守ってくれて、女性にはとっても大切なアイテムです。

ブラ選びは慎重に選びましょう。