垂れ胸 筋トレ 改善 治す

今回は、垂れ胸を簡単筋トレで改善する方法について紹介します。

垂れ胸を治すのにそれほどきつい筋トレは必要ありません。

ムキムキにしたいわけじゃないので・・・。

要は、垂れ胸を防ぐための改善法であるので、頑張ってやるほどではないんです。

筋トレは毎日続けることで垂れ胸を治すだけではなく、バストアップにもつながるのでおすすめになります。

垂れ胸を簡単筋トレで改善できる!垂れ胸を治すなら軽い筋トレでOK!

垂れ胸を簡単筋トレで改善するには、なぜ垂れ胸になってしまうのか、そのメカニズムを知っておくことが大切です。

こんなふうに垂れ胸になるというイメージがわくと、筋トレでどの部分を意識すると改善になるか、より垂れ胸の改善につながり治すことができます。

垂れ胸になってしまうメカニズム

胸は、20代前半を境にして、20代後半に入ると少しずつ垂れ胸になる傾向にあります。

個人差はあるものの、30代後半から50代近くの閉経前頃になると、一気に胸のラインは崩れて下垂が目立ってくるといわれています。

ここで間違わないようにしたいのは、加齢だけが垂れ胸の原因ではないことです。

垂れ胸の大きな原因は、胸の中に張り巡らされている「クーパー靭帯」が伸びきってしまうことです。

これは加齢もありますが、姿勢が悪かったりすると大胸筋では胸を支えることができなくなり、クーパー靭帯も伸びきってしまうとまず元に戻すのが厳しくなってきます。

でも、しっかり筋トレを行うことでクーパー靭帯に影響する「大胸筋」を鍛えられれば、垂れ胸を改善して治すことは可能になります。

垂れ胸の原因には、他にも肌のハリが不足してしまうことや、猫背などの姿勢による血行悪化、不規則な生活習慣とホルモンのバランスが影響してきます。

垂れ胸には筋トレが効果があるのは?

垂れ胸 筋トレ 改善 治す 効果

胸は、乳腺と脂肪細胞で形成されていますが、10代の若い頃は、乳腺の割合が多いです。

ところが、年齢を重ねていくうちに、乳腺が衰え始めて、40代・50代になると、乳腺よりも脂肪細胞などの割合が多くなります。

脂肪細胞は、乳腺よりも重く柔らかいものです。

そのために、クーパー靭帯が胸を支えきれなくて伸びてしまうといわれています。

胸の土台にあるのは大胸筋です。

大胸筋はクーパー靭帯ともつながっています。

クーパー靭帯の周囲の大胸筋を鍛えることは、よりクーパー靭帯が重い胸を支える力にもなります。

だから、垂れ胸には筋トレがもっとも効果があり、改善することが可能で垂れ胸を治すことにつながっていきます。

垂れ胸の簡単筋トレ法

床の腕立て伏せ、もしくは、壁の腕立て伏せ

腕立て伏せは、きついとは感じますが垂れ胸の筋トレ法ではもっとも簡単でやりやすく、垂れ胸改善には効果が高いとされています。

床の腕立て伏せがきついなら、壁に向かっての腕立て伏せでも大丈夫です。

どちらにしろ、筋トレ最中は、大胸筋を意識してやることが重要です。

ただし、姿勢には気を付けましょう。

猫背にならないようにします。

ダンベル、もしくは、水の入ったペットボトルで筋トレ

ダンベルを使った筋トレですが、ダンベルがなければ、水の入ったペットボトルを二本用意してやりましょう。

動画では1.5lのペットボトルですが、500mlのペットボトルで十分です。

  1. まず、仰向けに横になります。両脇にペットボトルをそれぞれ置いておきます。
  2. ダンベル(ペットボトル)を両手でつかんだら<息を吐きながら>、胸の上に持ち上げます。
  3. <息を吸いながら>ダンベル(ペットボトル)を下ろします。

*ここでは、大胸筋に力が入っていることを意識してやります。

筋トレは、大胸筋に負荷がかかっていることを意識しながらやってください。

大胸筋の筋トレは合掌ポーズもおすすめにはなりますが、力を入れるのが大変という方は、壁の腕立て伏せかダンベル(ペットボトル)の筋トレがおすすめです。

大胸筋を鍛えれば、垂れ胸の改善が見込めます。

まとめ

いかがでしたか。

垂れ胸の改善する簡単筋トレを紹介しましたが参考にしていただければ幸いです。

垂れ胸には、筋トレと同時に胸が正常な位置に収まるように、ブラジャーも見直すといいですよ。

垂れ胸は、垂れたからといってあきらめてはだめです。

筋トレは、お腹にも効果があるのでぜひ試してみてください。