妊娠 妊婦 胸 垂れる 予防

妊娠中は、お腹に妊娠線ができることはよく知られていますが、実は、胸にも同じく妊娠線ができることもあります。

胸にできる妊娠線を「授乳線」とも呼ばれて、この時期は一気に胸が多くなっていく傾向にあります。

ところが、妊娠後は少しずつ胸が垂れてきます。

そこで、妊婦さんでも胸が垂れることを予防する対策について紹介します。

妊娠中も胸垂れ対策!妊婦さんだからこそ胸が垂れることを予防する!

妊娠中は、ある程度自分に費やす時間があります。

お産が終えた後ではなく、妊婦のいまこの時期に胸が垂れる予防について本気で取り掛かると、いずれあの時にやって良かった!と思えますよ。

妊娠による急激な胸のサイズの変化は胸垂れの原因に!

胸が垂れることを防止するには、女性ホルモンが大量に分泌される妊娠時期こそしっかりケアしたいものです。

妊娠時期は、乳腺が発達しているので、胸も今までにないほど大きくなり、嬉しいという方もいるようです。

実は、この急激な胸の大きさの変化は、胸垂れの原因になりかねないんです。

胸垂れの原因の一つに「急激な胸のサイズの変化」があげられていて、妊婦さんのうちにしっかり対応することが望ましいとされています。

というのも、胸を支えているクーパー靭帯は、妊娠中のこの時期こと対策をしておかないと伸びてしまったり切れてしまうことにつながってしまう可能性があります。

妊娠中だからこそ胸が垂れる予防をしておく

女性が妊娠から出産、子育ての流れの中で、もっとも心身がリラックスして自分の体と向かう時間やタイミングがあるのが、妊娠時期といわれています。

妊婦さんがお産を押せてしまえば、そこからは一気に子育てにチャンネルを合わせることになります。

自分のことは二の次になってしまうでしょう。

ところが、子育て中に、ふと胸に手をあててみると、垂れ始めていることに気づきます。

でも、子育て中は自分の胸に時間を割いている暇はありません。

だからこそ、まだ身が一人のときの妊婦時期に胸が垂れる予防を本気で考えましょう。

妊娠中の胸が垂れる予防対策

妊娠 妊婦 胸 垂れる ブラ

妊娠中の胸のサイズに合わせたブラを選ぶ

妊娠中の多くの方は胸がどんどん大きくなってきます。

カップサイズでいくとだいたい2カップほども大きくなります。

大きい人になると、5カップも大きくなって今まで着ていたシャツなどがきついという話も聞きます。

普段、胸が小さいことに嘆いた方にとっては、初めての嬉しい経験になりますよね。

きっとご主人もびっくりされるでしょう。

さて、そうはいっても、つわりやお腹の圧迫感もあって、妊娠中の妊婦さんにはノーブラで通す方もいます。

でも、どんなことがあってもノーブラで過ごすのは後々、胸が垂れる原因になります。

今のカップサイズに合うブラジャーに変えるべきです。

妊娠で大きくなった胸をちゃんと包んで収めてくれるしっかりしたカップサイズのブラを購入しましょう。

妊娠中に大胸筋を鍛えておく

産後に胸が垂れてしまう原因に大胸筋も大きな理由になります。

胸を支えている土台の大胸筋を鍛えることは、より妊娠で大きくなって重くなった胸を支えてくれます。

大胸筋を鍛える方法は、胸の前で合掌して、お互いの手を押し合って胸に負荷がかかっているのを感じながら押し合います。

大胸筋を鍛えると、リンパの流れがスムーズになるので、バストアップにはかなり効果的です。

ただ、あまり押しすぎて、お腹に力が入ってしまうようなやり方はNGです。

妊婦さんは、お腹を使わずに胸の筋肉を意識してエクササイズをしましょう。

注意する事柄

妊娠中に胸の保湿のためにジェルなどは使わないように気を付けてください!

また、胸の刺激したりするようなことは絶対やめましょう。

妊娠中は胸部分がとても敏感になっています。

妊娠中は、大胸筋のエクササイズのみでやめておきます。

さらに、お医者様に行動制限されている方や安静するような指示があった場合は、エクササイズはやめておきましょう。

まとめ

妊娠 妊婦 胸 垂れる 予防 合掌

妊娠中の妊婦さんでも胸が垂れる予防策について紹介しました。

女性にとっては胸はとっても大切なもの。

お産が終わってお子さんが生まれたら授乳もあるでしょう。

授乳中は胸が垂れることは気にしていられません。

妊婦中に予防のケアだけでもしておきましょう。