バストアップ タオル

「胸が小さい・・・」とバストの大きさで悩んでいる方はいませんか?

そう簡単には解消出来ないお悩みだからこそ困ってしまうし、胸は女性の象徴でもあるので、理想的な大きさになりたいと願う女性が多いようですね!

そこで今回は、どこのご家庭にもある「タオル」で、手軽にバストアップとエクササイズが出来る方法についてご紹介したいと思います!

そもそも胸の大きさが人によって違うのはどうして?

人それぞれ胸の大きさは違いますが、太っているわけではないのに胸が大きい方もいますよね?

これは赤ちゃんにお乳をあげるための菅、つまり乳腺が発達しているからなのです。

乳腺を守るためには胸についた脂肪と乳腺を支えるための筋肉が必要になります。その働きをしているのが、「大胸筋」と呼ばれる胸の筋肉!

この大胸筋を鍛えることが、バストアップや垂れないバストの維持に繋がっていくのです。

早速タオルを使ってエクササイズを試してみましょう!

大胸筋は私生活ではなかなか鍛える機会はありません。そこで、タオルを使って手軽で簡単に大胸筋を鍛えてみましょう。

①まずは、ハンドタオル・フェイスタオルを用意し、左右の手でタオルの両側をつかみます。

②タオルをつかんだまま、両腕を下に真っ直ぐおろし、ゆっくりとバンザイをするように腕を上に持ち上げていきます。

③頭の上までタオルを持ち上げたら、両手を離さないように、頭の後ろへ持っていきます。

④次に、腕を前にゆっくり戻します。これを10セット行うだけ!

このエクササイズをすることで、筋肉に適度な負荷がかかり、筋肉のストレッチや大胸筋を鍛えることが出来るほか、二の腕も引き締まります。

大胸筋を鍛えることで肩甲骨が柔らかくなり、姿勢もよくなるのでバストアップへも繋がるのです。

エクササイズの他にバストアップに必要な事とは?

バストアップにはエクササイズの他に「姿勢を正す事が大切」です。

猫背になった状態では大胸筋が衰えてしまうため、タオルエクササイズを日々努力していても、バストアップ効果を妨げてしまうのです。

猫背を改善するためには、椅子に座った状態でも手軽に出来ます。

①まずは背筋を伸ばして座り、掌が上を向くように体の後ろで指を組みます。

②左右の肩甲骨を背中に深い溝が出来るように、鼻から息を吸いながら、肩を限界まで後ろに引きましょう。

③息をフーッと吐きながらアゴが天井に引っ張られるように頭を後ろに倒し、そのままの姿勢で3つ数えてから頭を起こし、肩の力を抜いてください。

肩甲骨が伸ばされることにより猫背も改善され、バストアップの効果を上げることが出来ます。

まとめ

大胸筋を意識すること、姿勢を意識することがバストアップにはとても大切です。

美しいバストを手に入れるために、手軽で簡単に出来るタオルエクササイズや姿勢改善を日々の生活に取り入れみてはどうでしょうか?