バストアップ aaカップ 中学生

今回は、aaカップの中学生の悩みと題して、aaカップの中学生は、どうやったらバストアップできるのか、バストアップ方法を中心に紹介します。

思春期の頃は、バストが成長してくる時期ですが、周りの友達のバストとは違って自分のバストの小さいことが悩みになって、特にaaカップの子は、コンプレックスになってしまうんじゃないでしょうか。

そんな悩みの参考にしてみてください。

バストアップはどうしたらいいの?aaカップの中学生の悩み

まず、最初に中学生のうちにaaカップだからといって、これでバストの成長が止まるわけではありません。

バストの成長の時期は思春期ですが、実は、バストの成長がいつ止まるのかはグレーゾーンになっていて、女性ホルモンが分泌している間は、バストアップが可能になります。

また、中学生には大人のバストアップ法は、生活習慣でまだまだバストアップの期待値があります。

中学生のバストアップ

思春期がくると、女の子は、今まで子供だった体が、大人への体として変化をしていきます。

この体の変化の中でバストの発達はとくにわかりやすい成長ですよね。

女の子のバストは、全員が同じだけバストを発達できるわけではなくて、身長と同じでバストの成長にも個人差が多くみられるようです。

バストは、ほとんどが脂肪で、90%が脂肪細胞、残りの10%は乳腺といわれています。

バストは、乳腺があれば乳腺のまわりに脂肪がくっついて、それによってバストが成長します。

ということは、バストアップをするなら、乳腺をいかに増やすかがカギにはなります。

乳腺は女性ホルモンによって増殖するとされています。

となると、中学生の場合は、自然に分泌される女性ホルモンの「妨げになるような生活」を控えることが、結果的にバストアップにつながることになります。

バストアップを妨げる生活

バストアップ aaカップ 中学生

aaカップの中学生のバストアップしない理由に、生活習慣の乱れがあげられるかもしれません。

子供の体から大人の体へと変化していく中で、バストを成長させるためには「女性ホルモン」がとても重要です。

それもホルモンはとてもデリケートで、生活習慣の乱れに大きく影響を受けるようです。

バストアップを妨げる生活習慣はどんなものでしょうか。

睡眠不足・夜更かし

中学生の体が成長している時期の睡眠不足や夜更かしは、ホルモンの分泌の妨げになります。

成長ホルモンが分泌されるという22:00から午前2:00は、ゴールデンタイムといわれているほどで、ホルモンはこの時間帯に寝ている中で多く分泌されているといわれています。

バストがaaカップの人は、この時間帯には寝る!と決めてもいいぐらいです。

せっかくバストが成長する時期に、睡眠不足や夜更かしをしてしまっては、ホルモンをうまく分泌させることができません。

栄養の偏った食生活・偏食

思春期の時期は、バランスの摂れた栄養を摂ることはとても大切なことです。

これから大人へと体が変化していく中で栄養の偏った食生活や偏食をしてしまうと、バストに充分栄養が行き渡りません。

また、偏食もバストアップの妨げになります。

お菓子ばかり食べているのもよくありません。

aaカップが悩みなら食生活を本気で見直しましょう。

中学生のうちはまだバストアップの可能性が残ってる

中学生のうちは、みんなとバストサイズが違うからといって落ち込むこともなければ、コンプレックスに思うこともありません。

バストは、高校生になって急に大きくなったり、大学生になってからバストアップする方もいます。

まだ、aaカップでも中学生のうちは、バストアップは十分期待値が残っています。

女性がもっともバストアップするのは初経を挟んだ4年間といわれていますが、バストアップには女性ホルモンが必要です。

女性ホルモンは20歳までは安定しないといわれています。

なので、中学生でaaカップだからといって大きくならないと思わずに、今の生活を見直してみてください。

まとめ

バストアップ aaカップ 中学生

今回、中学生のバストアップについて紹介しました。

中学生のうちはバストアップを考えるなら、生活の改善が一番のバストアップ法です。

先ほども紹介したように、せっかく大人の体へと成長するための女性ホルモンが活発なときです。

ホルモンの分泌を妨げるような生活はやめるようにしましょう。