バストアップ ストレッチ 大胸筋 肩甲骨 猫背 効果 理由

今回は、バストアップのストレッチで、大胸筋・肩甲骨・猫背改善でバストアップするストレッチを中心に紹介します。

大胸筋や肩甲骨のストレッチがどうバストアップに効果があるのか、猫背とバストアップの関係についても参考にしてください。

バストアップのストレッチ!大胸筋・肩甲骨・猫背改善の効果の理由

バストアップには、血流の流れを良くすることは必要です。

いくら女性ホルモンが分泌されても、血行が良くないと、女性ホルモンが行き渡りません。

バストアップのストレッチの効果

バストアップのストレッチの中で、大胸筋・肩甲骨・猫背改善のストレッチは、結果的にバストアップになります。

まずは、一つ一つ見ていきましょう。

肩甲骨のコリ

肩甲骨のコリは、バストアップの妨げになります。

肩甲骨が固まっている方は、猫背に多いですが、肩甲骨のコリは、血行不良になります。

そうすると、猫背になり、バストのサイズはダウンしてしまいます。

肩甲骨は、あまり意識して動かしていない方が多いです。

また、胸と腕の付け根の間にある小胸筋もかなりバストアップに関係していて、小胸筋を刺激しつつ肩甲骨のコリをほぐすことでバストアップになります。

大胸筋

大胸筋は、バストを支えていますが、バストの中には、コラーゲンで生成されているクーパー靭帯が張り巡らされています。

クーパー靭帯は、大胸筋にくっついていて胸を支えているわけです。

すなわち大胸筋を鍛えることはバストアップにつながります。

さらに、大胸筋を鍛えることによって、

姿勢が良くなる→血流が良くなり、胸に栄養分が行き渡る→バスト周辺の筋肉が活性化されていきます。

猫背

先ほども紹介したように、肩甲骨のコリがほぐされていないと、猫背の原因になります。

猫背が日常化してしまうと、血流の流れが悪くなります。

血流の流れはリンパ液の流れにも影響します。

リンパ液でしっかり老廃物を排出して、新しい細胞がちゃんと生まれ変われるようにしていくことでバストアップにつながるわけです。

それぞれのストレッチがバストアップにつながる理由は?

バストアップ ストレッチ 大胸筋 肩甲骨 猫背 効果 理由

大胸筋と肩甲骨のストレッチをしてコリをほぐすことができれば、筋肉もよく動いて胸を垂れるのを防いでくれて、血流の流れも良くなります。

これで猫背が解消されると、血流の流れが良くなります。

女性ホルモンは「血流」の流れに乗って全身に行き渡ります。

大胸筋・肩甲骨・猫背の改善は、うまく分泌された女性ホルモンをまんべんなく胸に行き渡らせます。

大胸筋・肩甲骨・猫背のストレッチ法

さて、早速、大胸筋・肩甲骨・猫背のストレッチ法をそれぞれ紹介していきます。

少しでもそれぞれの場所がほぐれた状態でバストアップ効果につながるように、お風呂上りや体が温まった状態でストレッチするのが最も効果的です。

大胸筋ストレッチ

大胸筋ストレッチは、胸の辺りが軽くなったように感じるほどで、毎日続けることで大胸筋が鍛えられバストアップしますよ。

肩甲骨ストレッチ

肩甲骨のストレッチは二つ紹介します。

最初に紹介するのは、とっても簡単だからこそ、毎日気づいた時にやってください。

肩甲骨ストレッチをやると肩が軽くなりコリもほぐれます。

肩甲骨のストレッチをやることで、バスト部分も温かく感じます。

こちらのストレッチは、ある程度肩甲骨の動きが軽くなったら初めてみてください。

猫背ストレッチ

猫背のストレッチもむずかしくなく、上体を前に倒したら、手をブラブラするようにして力を入れないことが大切です。

猫背が改善されると、バストアップにつながっていくので、猫背が改善されたら、なるべく、胸を張るようにして、背中が丸まらないようにして、血行の流れが良くなることをイメージしましょう。

猫背ストレッチするときに同時にやっておきたいのが小胸筋ストレッチです。

これは肩甲骨にも効いているのがわかります。

猫背も改善されます。

ただ、普段肩甲骨をほぐしたことがない方は、無理のない姿勢でやっていきましょう。

まとめ

いかがでしたか。

今回は、バストアップストレッチとして、大胸筋・肩甲骨・猫背に効果のあるストレッチを紹介しました。

血流の流れが良くなると女性ホルモンも隅々に届きやすくなります。

ぜひ試してみてください。