バストアップ 脇の下 リンパ マッサージ 揉む

バストアップには、とにかく地道にやることで効果が発揮されるとされていますが、バストアップの方法の中で、脇の下のリンパをマッサージで揉むことは、かなり効果が期待されます。

胸が小さい人のバストアップや胸が垂れ始めてきているバストアップには、脇の下のリンパをマッサージで揉むことで血行の流れがバストアップの効果につながります。

バストアップの鍵は脇の下のリンパマッサージ!揉むとすごい効果が!

バストアップと脇の下リンパには深い関わりがあります。

脇の下のリンパをマッサージで揉むと、リンパの流れが改善され、バストアップにつながり、胸が垂れるのも防ぎます。

リンパが集まっている部位は、リンパの流れが滞りがちな特徴があって、意識して脇の下リンパマッサージで揉むようにしていく必要がありそうです。

バストアップとリンパの関係

胸の形をきれいな形でキープしていくためには、大胸筋を鍛えることが挙げられますが、何よりも大切なのが、体の「リンパ」や「血液」の流れをスムーズに流れるように促すことになります。

「リンパ管」の中を「リンパ液」が流れているわけですが、全身に張り巡らされている血液と同じで、リンパ管も、全身に張り巡らされているんです。

脇の下にあるリンパや肩甲骨付近、デコルテや首の周りには、「リンパ腺」が集中して多く集まっています。

実は、この周辺に集まっているリンパは面倒なことに、とても滞りがちです。

停滞しやすいんですね。

なので、リンパを意識して、積極的に自分から体を動かしていかないと、「老廃物」が溜まりやすく、さらには血行も悪くなる傾向にあります。

この流れが悪くなれば、老廃物の排出がうまく行われないので、細胞の生まれ変わりがうまくいかず、胸のハリがなくなってきて、それによって垂れやすくなってきます。

つまりは、きれいなバストラインをキープしていくには、脇の下や胸の周辺のリンパの流れをマッサージして揉むことで、リンパの流れをスムーズになるようにしていくことが重要で、バストアップや胸の垂れを防ぐことになります。

  • 血液・リンパ液の滞り

ドロドロ状態で流れが悪い→水分がうまく回らず胸の肌の潤いが逃げる!

  • 血液・リンパ液の流れが良い

流れがいいと体の毒素もスムーズに排出→肌の潤いをキープして水分や潤いもあってきれいな形のバスト!

胸の周りにあるリンパの流れがマッサージで揉むことによって良くなってくれば、胸にもしっかりと栄養分が行き渡るようになってききます。

そして、女性ホルモンもより活発になり、乳腺が増殖していきます。

そして、胸の垂れを防いできれいにバストアップしていくわけです。

胸の大きな人もリンパを揉んでいる

バストアップ 脇の下 リンパ マッサージ 揉む

バストアップとリンパの関係は、かなり密接でリンパをマッサージで揉むことはすごい効果になります。

脇の下や胸の周囲のリンパのマッサージは簡単で短時間で終わるので、気が付いたときに揉んでいくことで、胸が小さい人でも、胸の垂れが気になる人でもそれぞれのバストアップの効果が期待できます。

胸の大きい人は、何気なく脇の下をマッサージしている人も多く、意識をして揉んでいるんですね。

また、脇の下やその周囲のリンパを揉むマッサージをすることは、「乳腺」が刺激されることになります。

そうすると、よりきれいなバストラインのキープしていくことが期待されるわけです。

リンパマッサージ法

胸に集中しているリンパマッサージは、どこにいても出来るので、気づいたらマッサージをして揉むことでより効果的です。

毎日コツコツ続けていくことで、バストアップを実感できます。

体が冷えているときではなく、なるべく温まっているときにやりましょう。

リンパは胸の周囲に集中しているので、それぞれのリンパの流れを良くしていくことは、胸に栄養が行き渡りバストアップになります。

上半身が温かく感じるようになります。

まとめ

今回は、脇の下のリンパを揉むことでの効果を中心に紹介しました。

もうすでに胸が垂れ始めているという方でも遅くはないです。

脇の下のリンパが流れるようになると胸にハリが戻ります。

脇の下のリンパマッサージで揉むことは、必ずプラスにつながります。

ただし強く揉んだり過剰に揉むのは良くありません。