小胸筋 ストレッチ

バストアップには、大胸筋だけではなく小胸筋を鍛えることで、きれいなバストラインを描いてバストアップしてくれるので、小胸筋のストレッチをやるといいですよ。

普段の生活の中でストレッチ以外にも、小胸筋をほぐすマッサージするクセをつけて、気づいたときにやってみてください。

大きい胸の人でもきれいなバストラインを作るために、小筋胸のストレッチをしている方も多いです。

小胸筋ストレッチできれいにバストアップ!ほぐし方&ストレッチ

小胸筋のストレッチは、まず、普段凝っている小胸筋の筋肉をほぐしてから始めましょう。

ほぐし方をしっかりするとストレッチによるバストアップはよりスムーズにいきます。

きついことはなく、毎日続けられますよ。

また、小胸筋のストレッチをすると上半身がよく動き姿勢も正せます。

小胸筋の場所と小胸筋のほぐし方

小胸筋マッサージその①

まずは、小胸筋の場所を確認してほぐしましょう。

小胸筋の筋肉は、大胸筋の下にある筋肉です。

腕の付け根と胸の間ぐらいになります。

小胸筋の部分は少し固くこっているはずです。

動画の小胸筋のほぐし方を見ると位置がわかりやすいです。

この部分を三本の指を使ってぐるぐるとマッサージしましょう。

左右20回ずつやります。

この方法は、猫背や肩こりなどの方などにすすめられることが多く、病院などでも指導されています。

小胸筋を鍛えるのは上半身のコリがとれて血行も改善され、バストアップにつながります。

  1. 小胸筋の凝っている部分に手を置きます。
  2. 小胸筋が見つかったら、肩の力を抜きましょう。
  3. 上半身を前に倒します。そして腕をダランと垂らします。
  4. この状態で、マッサージします。

小胸筋マッサージその②

小胸筋のマッサージは、こちらのテニスボールを使った方法もおすすめです。

やり終えると、肩から背中がすっきりとした感覚があり、血の巡りも良くなったことが感じられます。

1日左右3回から4回を行いましょう。

お風呂上りにテレビを見ながらでもいいので毎日やっていくことで、バストアップにつながります。

強さは、痛い!と感じるぐらい押せるとベストです

テニスボールを自分で押しならやるのがやりいくい方なら寝ながら出来る方法もあります。

小胸筋の場所をしっかりと確認して、その部分にテニスボールが来るようにします。

動画を見ていただけるとわかりますが、とても簡単なので毎日続けやすいです。

小胸筋ストレッチの方法

壁を使った小胸筋ストレッチその①

  1. 壁の近くに立って、肩手を上に開けたら、手のひらを壁につけます。
  2. この状態で、体を前に倒しましょう。このときに、腕から脇にかけて伸びているのがわかります。
  3. 体を倒していく中で伸びる強さに変化があります。この変化は、筋肉が凝っていたり、効いいていることになります。

また、体を前に倒した時点で、肩に痛みが走る人は、無理に痛みを我慢せずに無理のないところでやってください。

今は痛みが走るかもしれませんが、小胸筋がほぐれてくると、少しずつやわらいできます。

小胸筋のストレッチは無理せずにやることが大切です。

毎日続けていくことがバストアップにつながります。

壁を使った小胸筋その②

ここで紹介するのも壁を使いますが、これも、テレビを見ながらできることと、小胸筋がよく伸びるので、バストアップが期待できすよ。

  1. 壁を「右横」にして、約90度の角度で立ちましょう。
  2. 「壁側の足」を「一歩」だけ後ろに下げてください。
  3. この状態で、右手を「真上」に持って行って、手の平を壁につけます。小胸筋を伸ばしているイメージで行ってください。
  4. 手の平を壁につけたままの状態で、体を壁に近づけます。近づけると、肩部分がきつく感じ、小胸筋が伸びているのがわかります。壁に体を近づけたら、手の平で壁に寄りかかるイメージです。
  5. しっかり小胸筋を伸ばしたら、次は、壁についている「手の平」の角度を変えます。手の平で壁の拭くようなイメージです。

まとめ

今回は小胸筋のストレッチを中心に紹介しました。

小胸筋のストレッチでコリを解消すると、姿勢も正されてバストアップ効果があるので、胸を張って歩けるようになります。

そうなるとますますバストアップが期待できます。

ぜひ実践してください。