ドレス 胸 盛る

パーティーや結婚式などでドレスを着るときに、胸が小さいとなかなか着こなせません。

胸が大きく開いたドレスはデコルテが一番のポイント。

そこにバストのボリューム感を演出することでグッと印象が変わります。

そこで、一日だけ谷間を作るドレス用に胸を盛る方法について紹介します。

ドレスで一日だけの谷間作り!ドレスの胸を盛るならヌーブラ

ドレス 胸 盛る

ドレス用に胸を盛るならヌーブラがおすすめになります。

やっぱりドレスには胸があると引き立ちますよね。

胸に合わせたドレスよりもドレスに合う胸が欲しいです。

ドレスはやっぱり胸が欲しい

胸にボリュームがあると、ドレスがきれいに着こなせます。

別に胸を強調するというわけではなく、胸があるからこそ引き立つドレスもあります。

ドレスを着るのは結婚式やパーティーに行く時ですよね。

そんなときだけでもいいので、一日だけ胸が谷間が欲しいものです。

ドレスによっては胸があるからこそ映えるドレスもあります。

もちろん、自分の胸のサイズに合うドレスもあることはあります。

ただ、好きなドレスのデザインとはかけ離れたものも多いです。

自分の好きなデザインや形のドレスをきれいに着こなしてみたい!と思うのは、女性はみんなおんなじです。

自分の胸にドレスを合わせるのではなく、ドレスに自分の胸を合わせるように盛ることができればベストですよね。

それにぴったりなのがヌーブラのようです。

ヌーブラはかなり使えますよ。

ドレスの胸を盛るヌーブラ

ヌーブラには、胸を盛るだけではなく、脇の部分に放置されているお肉も引っ張って、胸のお肉にしてくれるのでかなりおすすめです。

脇の下のお肉がすっきりするので、どこから見ても肉のはみだしがありません。

ドレスで胸を盛るなら、ノーブラのタイプは、軽くてカップが深い「布タイプ」のヌーブラがベストです。

布のヌーブラのほうが、粘着する面積部分が広いので、胸を全体的に包み込むように、離れないのでズレにくいです。

カップが深いタイプのカップは、背中の肉もカップに収めやすいです。

特に、ドレスをビスチェタイプのものを着るなら、憧れのきれいなデコルテをつくれます。

これを着けて鏡を見ると、胸が一時的に大きくなって、胸の谷間にはしばらくみとれてしまいます。

海外の映画に出てくるようなきれいなデコルテは憧れですよね。

ブラパリ+ブライダルインナー+胸パッドで盛る

ドレスで盛るヌーブラでおすすめなのは、カップが深い布タイプの「ブラパリ」のようです。

しっかり盛るなら、このブラパリに、ビスチェタイプのブライダルインナーと、備え付けの胸パッドもつかって盛ると、胸の辺りがスカスカ状態が一気にきれいなデコルテを演出することができます。

ブライダルインナーとパットだけでは、厚みがなくそれほどボリューム感がでなく、実際ドレスを着ると胸の部分は潰れてしまうようになるようです。

そこで、ブラパリをプラスすることでより盛ることができます。

ブラパリをつけると、胸の周囲から背中、脇のお肉もギュッと胸に集まってきて、デコルテ部分が盛り上がりきれいにできあがります。

その上に、備え付けのパッドが入ったブライダルインナーを着ます。

ブラパリを身に着けると肌に吸い付くようにフィットするのでとても安定します。

こうすることで、ビスチェタイプのドレスは、ドレスが浮くこともなく、自信をもって着ることができます。

パットを重ねることで盛る

ヌーブラを使わずに盛る方法もあります。

ブラの重ね着のようなものです。

必要なものは、

  • 体にフィットしたパッドいりのブラ
  • 少し大きめのパッド入りブラ
  • かなり大きめのパッド入りのブラ(ワイヤーなし)
  • 靴下1足
  • 鯉茶色いアイシャドウかブロンズ系のアイシャドウ

胸を盛る方法は、

  1. 体にフィットしたブラを着け、次に少し大きめのブラを着けます。
  2. ここで靴下をブラの中にフィットするように入れます。
  3. さらに、かなり大きめのブラを着けます。
  4. 仕上げに、胸の谷間の部分に、アイシャドウで「胸の谷間の影」書きます。

まとめ

ドレス 胸 盛る

いかがでしたか。

ドレスで胸を盛る方法について紹介しましたが、ぜひ参考にしてみてください。

胸のボリューム感でこんなにドレスが映えるのが楽しく、一度、胸を盛るとその魅力にクセになってしまいそうですよ。