胸 産後 維持

無事出産を終えた後に、悩みが深刻になるのが産後の胸ですよね。

妊婦の時には、ハリのある胸だったのが、産後や授乳が終わるか終わらないぐらいには、胸が垂れ始めてきます。

産後は、育児もこなす必要があるので忙しくはなりますが、産後の早い段階で胸を維持する方法をやっておきましょう。

胸を産後もしっかり維持する方法!産後の垂れだけはしっかり防ぐ!

産後に胸が垂れるのは、大きくなった胸がお産と共に元に戻ったものの、その後にしっかり胸を維持できるような環境にしていないことが大きな原因になります。

胸自体の力だけで胸を支えているだけでは、胸を維持することは難しいです。

また、産後は脂肪が落ちやすいですよ。

一時的に胸が大きくなった後のケア

妊娠をすると徐々に胸が大きくなり始めて、今まで小さい胸で悩んできた人は、ちょっと嬉しくなるものですよね。

妊娠中の胸の形やどれぐらい大きくなるのかはかなり個人差がありますが、ほとんどの方は胸が今まで以上に大きくなります。

胸が大きくなるには、乳腺と脂肪といわれていますが、妊娠期間は、乳腺組織がもっとも発達するので、乳頭の間も広くなって、よりボリューム感のある胸になります。

妊娠時期のボリューム感のある胸は、理想に近い胸ですよね。

ただ、嬉しいのは妊娠中から授乳期間頃までではないでしょうか。

胸が元の状態に戻るのは、授乳が終わる頃になり、胸が垂れるのは、授乳が終わる前には、少しずつ垂れて始めているといわれています。

この時に、今までの胸に戻ってくれればそれでいいんですが、この時点で何もしていなければ、産後に胸を維持していくのは厳しいです。

胸をきちんとケアしていないと、まず、ハリはなくなります。

それだけではなく、胸の位置が下がります。

産後に胸の形が崩れるのは?

産後 垂れた胸 下垂 バストアップマッサージ 食べ物 効果

産後に胸の形が崩れてしまうのは、胸を構成している乳腺と脂肪組織、そしてクーパー靭帯が関係しています。

胸の形がキープできているのは、この三つの働きがあるからです。

その中でも、胸を大きくしたり上に向かせたり、ハリを持たせるのが「クーパー靭帯」になります。

クーパー靭帯は、重力のある胸をしっかりと支えている柱のようなものにあります。

クーパー靭帯は、コラーゲンの繊維束となっています。

実は、このクーパー靭帯は、外からの刺激や揺れなどの影響で伸びてしまったり切れてしまうことがあります。

クーパー靭帯は、いったん伸びてしまうと元に戻ることはありません。

産後の胸を維持するにはこのクーパー靭帯を大切することです。

伸びないように切れないように、クーパー靭帯の負荷を少しでも減らすように、胸に合ったブラジャーを身に着ける必要があります。

これのブラジャー一つだけで、産後の胸の維持の効果は変わります。

ブラジャーで胸の負荷を減らすことで垂れを防いで胸を維持することが期待できるわけです。

産後胸を維持する方法

産後に胸を維持する方法は、まず先ほど紹介したように、クーパー靭帯を手助けできるようなブラジャー選びです。

クーパー靭帯に負荷がかからないように、しっかり補佐できるブラジャーを選びます。

産後は胸が元に戻ったといっても、前のサイズに戻っていない可能性もあるので、再度、プロに胸の正確なサイズを測ってもらいましょう。

胸のサイズはずっとおんなじではありません。

生活環境などによって変化します。

産後も胸を維持するには、胸のサイズに合うブラで、さらに、産後のブラ選びであることを店員さんに話してから選んでください。

産後の大胸筋の筋トレ

産後に胸を維持するのは、大胸筋も鍛えるとかなり効果的です。

大胸筋は暇があったら「合掌ポーズ」をして、胸の筋肉を意識しましょう。

産後にあまりにも時間がかかれば、それだけ胸が維持できなくなります。

産後も胸を維持するなら、授乳直後から始めていきましょう。

また、通常の筋トレもおすすめで、実は、産後すぐにやる筋トレは脂肪が落ちやすいので、早めに対策していきましょう。

まとめ

胸 産後 維持

今回は胸を産後も維持する方法を中心に紹介しました。

産後は、忙しくなりますが、育児がある程度落ち着いたときから対策することで、産後の胸を維持することが可能です。

まずはブラジャーだけでも変えましょう。

子供が手を離れる頃には、あの時に対策しておいてよかったと思う時がきます。