胸 色 薄く

今回は、胸の乳輪の黒ずみを薄くする方法について紹介していきます。

乳輪の黒ずみは、年齢と共に黒ずむといわれているのに、すでに10代のうちから乳輪が黒ずみはじめてしまう方もいます。

なぜ、若いのにそんなことになってしまうんでしょうか。

その原因なども紹介していきます。

乳輪の黒ずみは、お顔を美白するのとほぼ変わりなく乳輪を薄くする方法は超簡単です。

胸の乳輪の黒ずみを薄くする方法は超簡単!お顔と一緒に乳輪美白

胸の乳輪の黒ずみは、肌の日焼けや黒ずみとほぼ同じ対策をすることで薄くすることが可能なようです。

薄くする方法は、美白効果の高い美白成分入りのクリームやジェルで対策できます。

乳輪の黒ずみはなぜ?

メラニン色素

若くても乳輪が黒ずんでしまうのは、お肌でよく聞くメラニン色素の沈着が原因です。

メラニン色素はお肌のシミを増やす原因になります。

そう聞くと悪いイメージになってしまいますが、メラニン色素自体は、外からの紫外線や外からの刺激から、肌を守ってくれる働きもあります。

肌が日光で日焼けしてしまうと、肌の色が真っ赤になってしまったり、黒くなってくるのは、紫外線から皮膚を守ろうとして、表皮の底にあるメラノサイトが、メラニン色素を作り出しているからなんです。

メラニン色素を作り出して、皮膚表面にバリアを作ってくれているわけです。

通常は、日焼けした肌でも、ターンオーバーがあるので、日焼けした皮膚でも、その部分が剥がれ落ちてしまえば、また新しい皮膚を作り出します。

ところが、乳輪部分は、肌が薄くてデリケートゾーンになっています。

そのために、皮膚のトラブルが起きやすいです。

特に外からの刺激に対しては、なんとかデリケートゾーンを守ろうとして、メラニン活性が高くなり、色素沈着が起きやすい状態になります。

なので、乳輪の色を薄くする方法は美白を狙ったクリームやジェルが有効でもあります。

妊娠・出産による黒ずみ

妊娠すると、乳頭部分が敏感になっていきます。

この体の変化に伴って、乳輪周囲が黒っぽく変わってきます。

これは、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが妊娠することで増加することかわ黒ずんできます。

プロゲステロンは、メラニン細胞を活性化させる働きがあって、メラニン色素の分泌量を増加させる作用があるようです。

乳輪の黒ずみには美白成分配合クリーム・ジェル

胸 色 薄く

お顔同様に、胸の黒ずみを薄くする作用があるのは、美白成分が配合されているクリームやジェルです。

美白成分には、乳輪部分の黒ずみも効果が期待できるので、乳輪を薄くする方法としてはかなりおすすめです。

そこで、美白効果の高い成分とはいったいどんなものなのか、紹介していきますが、美白効果のあるクリームやジェルを購入する際に参考にしてください。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体は、壊れやすいとされるビタミンCを化粧品に配合できるようにさせた成分で、酸素反応することで、体内でビタミンCに変換される成分です。

ビタミンCは、メラニンの働きを抑える効果と、肌のターンオーバーを促す働きがあります。

使用する時には、注意点もあり、ビタミンC誘導体は、強い刺激で肌が乾燥することから、保湿成分も配合された商品を選びましょう。

ハイドロキノン

メイドロキノンは、メラニンを薄くするような漂白剤の作用がある美白成分です。

メラニン合成酸素でもあるチロシナーゼを活性かしにくくしてくれる働きがあります。

簡単にいうと、黒ずみの原因となる、メラニン色素を作らせないような作用があるわけです。

また、注意点もあり、5%以上の高濃度のハイドロキノンは、動物実験で発がん性が確認されているようなので使用が禁止されている国もあるほどです。

トレチノイン酸

トレチノイン酸は、ビタミンA誘導体で、肌に新陳代謝を促進する成分になります。

使うことで、角質層を剥離させるピーリング剤のような働きがあり、肌のターンオーバーを促して、さらに、メラニン合成酵素のチロシナーゼを分解する作用があるようです。

乳輪の黒ずみは、美容整形や皮膚科の治療でも、ビタミンCを配合した治療、ハイドロキノンやビタミンA誘導体であるトレチノイン酸などを使ったものが一般的なようです。

まとめ

胸 色 薄く

胸の乳輪の色を薄くする方法について紹介しました。

クリームやジェルは、肌に直接つけるもので、特に乳輪部分はデリケートです。

肌に合わないことも十分考えられるので、パッチテストはやってから使ってみましょう。