胸 垂れる 10代

胸は乳腺と脂肪でできていますが、10代は、まだまだ発展途上で胸の成長のピークといわれる20歳までは、修正が効く年齢になります。

10代で胸が垂れることがあっても、まだ元に戻すことが可能です。

ここでは10代の胸の垂れを改善する方法について紹介します。

胸が垂れる10代の悩み。10代の胸の垂れを改善する方法

まず、10代で胸垂れるのを修正するには、ブラジャーと普段の生活を見直す必要があります。

10代のうちのバストアップは、胸の土台にと言っても過言ではない「日頃の生活」が大きく関わります。

日頃の生活を規則正しくすれば、ホルモンのバランスが安定して、結果的に胸の垂れが自然と解消されることと、胸をハリのある大きな胸にすることは可能です。

胸が垂れるのを改善するには

胸が垂れる10代の胸の改善法は、女性ホルモンをうまく分泌を促すような生活をすることで結果につながっていきます。

10代は、サプリメントなどは飲むことはできません。

それは、10代のうちは生活環境でいくらでも女性ホルモンを促せるようなことにつながるからです。

まず、10代の胸が垂れるのを改善する方法、特別なことではなく、生活を見直して改善するだけでバストアップに向かっていきます。

胸の脂肪は、乳腺の周りにつくものなので、乳腺を増やせば当然その周りに脂肪がついてきます。

乳腺を増殖させるのは女性ホルモンですが、10代の女性は、ホルモンをより活発にするような生活にしていかないと、乳腺が増殖をしません。

そうなれば、胸が垂れるのを改善できません。

10代の胸が垂れるのを改善するには、日頃の生活を見直しましょう。

10代のバストアップ法

胸 垂れる 10代

ブラジャーを見直す

まず、10代のうちでも胸が垂れるのは、ブラジャーが合っていない可能性があります。

10代には10代に合ったブラジャーがあります。

胸を成長するのを妨げない機能を備えたブラジャーです。

ブラジャーは、特に胸の小さい人は何でもいいと思いがちですが、自分にサイズに合ったブラジャーにすることで、胸が正しく固定されて胸が垂れるのを防ぎ、バストアップにつながります。

単に可愛いブラを選んでしまうと、胸が垂れるのを阻止できません。

適度な運動で体を動かす

適度な運動で体を動かすことは、とても胸の垂れにはは、大切なことになります。

運動をすると、体の血のめぐり、循環が良くなってきます。

そうなると自然と体温が上がってくるんですね。

適度な運動をしているとだんだん暑いと感じるようになります。

その状態が胸にはとてもベストなんです。

胸だって、十分成長して育つようになるには、栄養素が必要になります。

この栄養素は、血液の流れに乗って体中に運ばれて行きます。

胸にもちゃんと運ばれるようにあっています。

適度な運動をして血液の循環を良くしておくと、胸に栄養素が回りやすく胸の垂れるのを防いでさらに成長しやすくなります。

胸が垂れるのは、十分な栄養が胸にいっていない可能性があります。

適度な運動で血液が流れがスムーズになると、リンパの流れも良くなります。

リンパは「筋肉を動かすこと」で活発に流れることになります。

体の中の老廃物(体にはいらないもの)は、リンパの流れによって外に排出されます。

リンパに老廃物が滞っていると、胸に必要な栄養素が回らずに胸が垂れる原因になりかねません。

冷えないようにすること

胸には冷えもかなり大敵になります。

体が冷えてしまうと、肩こりがでますよね。

肩こりがするようになると、肩周辺の血液の循環が悪くなって、それが胸の周辺の血液の流れを悪くするようになります。

そうなると、胸に栄養素が回らなくなります。

そうなれば、バストアップは望めません。

胸に栄養素が回らないと垂れる原因にもなります。

無理なダイエットをしない

猫背にならない

10代でも胸が垂れるのは猫背になっている可能性があります。

胸が垂れるのは姿勢が大きく関わっています。

猫背になってしまうと、自然と胸が圧迫されることになって、胸の血流が悪くなります。

胸は酸素も必要としています。

胸を張ってしっかりと呼吸をできるような姿勢になおして、血液の循環を良くするような姿勢を保てるようになりましょう。

まとめ

胸 垂れる 10代

10代の胸ほど改善できる時期はないかもしれません。

多くの大人の女性は、10代のうちに胸をどうにかしておけばよかったと思っているはず。

10代の胸の垂れは修正できるのでぜひ試してみてください。