胸 匂い フェロモン

今回は、女性フェロモンを出す匂いはどの部分から出ているのかを中心に紹介します。

男性が思わず惹きつけられるという女性のフェロモンの匂い。

男性が女性にオンナを感じるのは、綺麗な女性ではなく、フェロモンが多く出ている女性を見ると「そそられる」・「美味しそう」と思うとか。

さて、男性をそそらせる女性フェロモンの匂いは、どの部分から出るもんなんでしょうか。

胸の谷間には匂いあり!?女性のフェロモン出るってどの部分?

フェロモンの匂いは、私たちの体の性的な部分から発せられているようです。

ちょっと妖しい話になってしまいますが、フェロモンの匂いが出る部分をしっかり確認して、男性に対してのアプローチで使ってみるのもいいかもしれません。

女性フェロモンの匂いが出る部分はどこ?

女性フェロモンの匂いが出る部分は、わかっているところでは、「アポクリン腺」という脇の下部分にある「汗腺」の一つです。

このアポクリン腺が発達し始めるのが思春期になります。

アポクリン腺は、脇の下以外にも多く、「外耳」・「胸の周囲」・「肛門」・「陰部」、また、まつげや鼻などにあるようです。

アポクリン腺は、「毛穴」の部分に「横穴」を作るような形で存在しています。

アポクリン腺は、皮脂腺が毛穴にくっついていることから、アポクリン腺から出される「分泌物」には、皮脂も交じり合って外に排出されていて匂いになり、他にもたんぱく質やステロイドホルモンなども一緒に出ているようです。

汗腺の種類には、この「アポクリン腺」だけではなく、通常、汗の水分を出す汗腺「エクリン腺」もあります。

エクリン腺の汗腺の匂いは、無臭の水分であることがほとんどで、出口は皮膚表面で、この汗腺は体温調節の働きをしています。

いわゆる「ワキガ」は女性フェロモンの匂い

胸 匂い フェロモン ワキガ

脇の下のアポクリン腺と聞いて、「ワキガ」が出る部分であることは知られていることですが、あのワキガの匂いは、アポクリン腺から分泌された「分泌物」で、皮膚表面にある「常在菌」によって分解されることから匂いが放出されるようです。

本来、フェロモン自体には、色もなく何の匂いもしないものですが、汗と皮膚についている細菌やバクテリアと触れることで「皮脂」が酸化して匂いを出しています。

正直、ワキガの匂いは、嫌われているのが一般的ですが、実は、この匂いに「性的なアピール」を強く感じている人もいます。

ワキガの匂いは、十分フェロモンになるわけです。

脇の下のフェロモンは男性を興奮させる?

ワキガは、男性によっては性的なアピールを強く感じるということですが、脇の下からは、女性の排卵期を知らせるようなフェロモンが分泌されて、その匂いを嗅いだ男性は、なんと、脳の視床下部で「性的な興奮」を感じることはわかっているようです。

そもそも動物は、同じ種類の存続と、遺伝子が偏らないように、自分の匂いとは違うものに惹かれるという本能を持ち合わせているようです。

相手を確認する手段が「匂い」になり、アポクリン腺が性的な部分に集中しているのがその理由になるそうです。

人間が進化する前は、子孫を残すためには、アポクリン腺から匂いはとても大切だったようで、全身が毛で覆われていた「サル」だった時代にはアポクリン腺は、全身にあったようで匂いを発していたようです。

それが少しずつ退化して現在のように性的な部分だけ残ったようです。

胸の谷間には匂いがあるの?

どこかで、胸の谷間の部分をこすると、匂いがあってフェロモンを感じる話を耳にしたことがありますが、これにも、胸の周囲にあるアポクリン腺からの分泌物の匂いを「フェロモン」として感知しているともいわれているようです。

他にも女性のうなじには「フェロモン」を感じるといわれていることもよく知られています。

また、アポクリン腺はまつげ部分にあることも紹介しましたが、男性の前で伏し目がちにしたり、瞬きを何回か繰り返すことで、異性へのアプローチ、すなわちフェロモンを相手に意識させることもできるようです。

これは、ちょっと使えるかもしれません。

まとめ

胸 匂い フェロモン

今回はフェロモンを中心に紹介しました。

フェロモンを男性が感知するとなれば、好みの男性と合う時には、フェロモンを意識したような演出をすることが恋愛成就につながるかもしれませんね。

単に可愛らしい女性、綺麗な女性を目指すだけではなく、よりフェロモンを好きな男性に感じてもらえるようなアプローチをしていきましょう。