バストアップのためにいろんな方法を試しても、なかなか効果が得られない方は、ひょっとしたら、下半身がむくみで太っていることが原因かもしれません。

バストアップと下半身のむくみには意外にも関わりがあります。

下半身のむくみを改善するトレーニングで、バストアップがしやすい環境作りをするのが近道かもしれません。

下半身のむくみ太りを改善することで、結果的にバストアップにつながります。

バストは、大胸筋の鍛えやサプリを飲んでも、栄養が回ってこないとバストアップしにくいです。

バストアップの環境を作ってくれるのは下半身のむくみ改善だった!

バストアップ トレーニング 下半身 むくみ 改善

上半身はそれほど気にならない程度の太り方でも、下半身がなかなか痩せずに苦労している方も多いですが、下半身が太っているケースは、むくみであることが多いです。

むくみを感じながらも放置しておくと、毎日積み重ねで、セルライトを作る原因にもなります。

このむくみは、血行の流れが悪くなっていく現象ですが、むくみは体にさまざまな影響を与えるだけではなく、バストアップを妨げます。

むくみを改善することは、間接的にバストアップを促す効果が期待できます。

体に摂り入れた栄養分は、胸にも十分行き渡らせることが必要です。

バストアップとむくみとの関わり

下半身とバストアップでは、まったく関わりがないように思えますが、実は、むくみを通じて関わりがあります。

よくダイエットを頑張って、体重も減らせることができても、下半身だけはどうしても痩せられないというケースが多いですが、下半身太りに多いのがむくみが原因で太ることです。

このむくみはとてもやっかいで、むくみを放置しておくと、バストアップを叶えることがなかなかむずかしいです。

逆にいえば、むくみが改善されないと、バストアップのための努力をしても、バストアップしやすい環境が作れないということになります。

バストアップにむくみ改善が必要な理由は?

バストアップ トレーニング 下半身 むくみ 改善

本来なら、体内の不要になった体内の水分や老廃物は循環させて外に排出するのが体の正常な機能です。

ところが、日頃の運動不足、生活習慣や食生活、栄養のバランスの悪い食事など、さまざまな生活習慣の積み重ねが、体の冷えを引き起こし、余分な水分や老廃物の循環がうまくいかずに、体の中に溜まります。

これが下半身のむくみになってしまうんです。

太股やふくらはぎにできるセルライトも、排出されるべき溜まってしまった余分な水分や老廃物と脂肪が絡み合って肥大化することで、皮膚の下の真皮が断裂を起こすことでセルライトになります。

下半身にむくみが起きると代謝が悪くなってきます。

そうなると、体内に溜まった水分や老廃物は毒素としてどんどん蓄積されていくことになります。

この毒素が体の中に滞っていると、バストアップに必要な栄養分は胸まだ行き渡らなくなります。

栄養分は、血液に乗って、体に行き渡りますが、冷えや生活習慣で血流が悪くなっているため、栄養分が胸に流れにくいんですね。

そのため、いくらバストアップのために、エクササイズやサプリメントを摂り入れても、下半身のむくみを改善しないと、なかなか効果が得られないわけなんです。

下半身にむくみを改善するには?

さて、バストアップとむくみの関わりはわかっていただけましたでしょうか。

こうなると下半身のむくみ改善は、バストアップには必須です。

まずは、むくみを改善するトレーニングをしていく必要がありますが、いくらトレーニングをしても、むくみやすい環境を作っていてはむくみを改善できないです。

しいては、バストアップにも支障がでます。

むくみを作らない改善法を確認してみましょう。

冷えを防ぐ:むくみのツボを温める

体の冷えは確実にむくみにつながります。

体温が下がることで血流の流れも悪くなるとむくみに発展します。

冷えは、体の芯から温まるようなお風呂、適度な運動などで対策しましょう。

お風呂や適度な運動は、体の体温が上がるので代謝しやすい体になります。

また、家にいるときには、足元を冷やさないようにレッグウォーマーなどを履いて対策します。

よく足の指回りが冷たいのが気になって、靴下を履く方もいますが、靴下を履いたら、くるぶしからふくらはぎにかけても温めましょう。

指先の冷たさを改善するのは、くるぶしを温めるのがベストです。

くるぶしの少し上にむくみを改善するツボがあります。

その部分を温めるように意識すると、指の先まで温かくなります。

アルコールを摂り過ぎない

バストアップ トレーニング 下半身 むくみ 改善

アルコールを摂り過ぎると、むくみにつながります。

血管の中で流れるはずの水分が血管の外に漏れだして起こるむくみで、血管内脱水という状態です。

お酒は適量にしましょう。

同じ姿勢を1時間以上続けない

でクスワークの方に多いのが、この同じ姿勢で過ごすことで起きるむくみです。

一時間に一回はトイレに歩いたり、階段を上るなどして、血液の流れが悪くならないようにしましょう。

バストアップのための下半身むくみ改善トレーニング

下半身のむくみを取るトレーニングはとても簡単です。

先ほど紹介したように、デスクワークをしている方は1時間に一度はこのトレーニングをしていきましょう。

このトレーニングは、単にかかとをゆっくり上げてゆっくり下げるを繰り返すだけの動きです。

リンパ液の循環はゆっくりなので、それに合わせてゆっくりした動作で行います。

  1. 立った状態で、5本指に全体の体重を乗せるようにして、ゆっくりかかとを上げていきます。
  2. このときにガニマタにならないように注意します。10回をカウントしながらかかとを上げて、またかかとを下げます。
  3. 次は、かかとは上げずにつま先を上げていきます。このときにお尻は下げないようにまっすぐにします。これも10回カウントしながら上げ下げします。

次は仰向けになった状態でやります。

  1. 地面に座って足を伸ばします。
  2. タオルで両方の足の甲の部分でタオルを巻いて結びます。
  3. タオルで結ばれた足の部分を自分の胸側に、ゆっくり向けていきます。この状態で5秒キープして10回繰り返します。これだけで十分むくみの改善につながります。

バストアップのための5分の腰回しエクササイズ

腰回しエクササイズをご存知でしょうか。

腰を回すように動かすことで、ウエストから下半身のむくみ・太りを改善するダイエット法です。

このダイエット法のうれしいところは、たった5分のエクササイズでありながら、短い期間で効果がでるダイエット法で、脚がほっそりするだけではなく、バストップにも効果があると評価されています。

このダイエットはある人の発案から生まれたダイエットですが、下半身太りの原因にもなるインナーマッスルのゆるみ・骨盤のゆるみを鍛える方法で、骨盤にダイレクトにアプローチするため、骨盤が元の位置に戻ることで基礎代謝が上がり、痩せやすい下半身をつくると考えられています。

最初は腰回りのエクササイズをして、バストアップエクササイズに移行しましょう。

腰回しエクササイズ

  1. まず、まっすぐに立ちましょう。両手を腰に当てます。
  2. ここで腰を回しますが、まるで浮き輪の内側をなぞるようにして回します。
  3. 逆方向でも回しましょう。
  4. 次は、仰向けに寝た状態になります。片方の足をお腹に引き上げます。
  5. その状態から半円を描くように足を外からゆっくりと回していきます。
  6. 反対も同じように回します

ここから、バストアップエクササイズに移行しましょう。

  1. まず、姿勢をまっすぐにして立ちます。
  2. 両手は腰の部分にあてます。このときに両方の肘は後ろの方に引いた状態にしましょう。
  3. 引いた肘を後ろでくっつくけるようなイメージで引きつけ合わせます。真正面から見ると、肘が見えないぐらい後ろに持って行きます。胸を張りましょう。
  4. 次に息を吸いながら(3)状態10秒間キープしたままにします。
  5. 最後は、息を吐きながらゆっくり肘を元に戻しましょう。

まとめ

バストアップとむくみの関係と、むくみ改善のトレーニングを紹介しました。

どちらもとても簡単で5分程度でできます。

ずっと座っていることが多い方も、立っていることが多い方も、気づいたときにやっていきましょう。

むくみをしっかり改善すれば、バストに栄養が回って、バストアップにつながります!