納豆 豆腐 味噌汁 バストアップ 効果 摂取量

納豆と豆腐に味噌汁。

これに共通するのは大豆ですよね。

この大豆がバストアップに効果があります。

大豆といえばイソフラボン。

イソフラボンとバストアップには深いつながりがあります。

今回は、納豆と豆腐、みそ汁のバストアップ効果についてまとめました。

それぞれのバストアップに効果のある摂取量も紹介します。

納豆・豆腐・味噌汁がバストアップの効果に納得!

イソフラボンは、バストアップサプリメントなどでもたくさんの種類が販売されていますよね。

イソフラボンには、バストアップに必要なエストロゲンと似たような構造をしていることから、バストアップに効果が期待されることがわかっているからこそ、サプリメントとなって販売されています。

摂りきれないイソフラボンはサプリメントから摂り入れて、普段は、納豆・豆腐・味噌汁などで摂り入れていくのがいいですよ。

ただ、イソフラボンの摂取量の摂りすぎはNGです。

たくさん摂り入れたといって効果があるわけでもなく、イソフラボンの摂りすぎは、反対にデメリットになります。

イソフラボンの摂りすぎに注意!

納豆や豆腐、味噌汁に含まれている、イソフラボンは、摂りすぎてしまうと、副作用があるといわれています。

過剰摂取することで、ホルモンのバランスが崩れてしまうというデメリットがあるんです。

大豆アレルギーもイソフラボンに関わりがあるともいわれているので、正しい摂取量を守りましょう。

正しい摂取量を守れば、美容と健康にもプラスに働く成分です。

納豆がもたらすバストアップ効果

納豆 豆腐 味噌汁 バストアップ 効果 摂取量

大豆の中にはイソフラボンが含まれているのはわかっていても、なぜ、納豆なの?と思っちゃいますよね。

納豆には、バストアップに効果があるイソフラボンだけではなく、他にも、バストアップに効果のある成分が含まれているからなんです。

ビタミンEを始め、ビタミンB2・ビタミンB6・鉄分・マグネシウム・食物繊維・カリウム・カルシウムとこれだけの成分が納豆にはいっています。

どれも体にはいい成分ばかりです。

特にビタミンBには、女性ホルモンを整えたり、バランスをとる働きがあるのでホルモンの生成には重要な成分になるようです。

女性ホルモンを整えるビタミンE

納豆には、女性にうれしいビタミンEが含まれています。

ビタミンEは、もともと「若返りのビタミン」という別名を持っているほど、アンチエイジングに効果が高い成分です。

ビタミンEは、強い抗酸化作用の働きを持っています。

ビタミンEの強力な抗酸化作用は、美白やシミ対策にはもってこいの成分で活性酸素は発生を抑える働きがあります。

さらに、毛細血管を拡張させて、血行の流れを改善するとい万能な成分なんです。

なので、ビタミンEには、バストからデコルテまできれいな肌を作る作用があり、血行の流れを良くすることで、女性ホルモンや栄養素が充分バストに行き渡りバストアップにつながるわけなんです。

そして、最もバストアップにうれしいのが、女性ホルモンのバランスを整える働きです。

納豆を摂ることでのメリットはバストアップだけじゃないんですね。

女性ホルモンに働きかけるビタミンB6

納豆に入っているバストアップに効果がある成分はまだあります。

それがビタミンB6です。

ビタミンB6は、女性ホルモンのエストロゲンの代謝を促す働きがあることから、ホルモンのバランスを整える作用がありあす。

女性ホルモンは、卵巣からも作り出されますが、ビタミンB6は、脳や卵巣に働きかけをして、ホルモンの分泌を調整してくれます。

調整しながら、抗酸化作用で美肌にも効果が期待されます。

バストアップには、女性ホルモンが必要です。

そのホルモンのバランスをコントロールして、乱れないようにしてくれるんですね。

納豆の一日の摂取量

これだけバストアップに万能な納豆はどれだけ摂ればいいのでしょうか。

バストアップに必要とされる大豆イソフラボンの摂取量は、1日70mg~75mgとなっています。

納豆でのバストアップ効果を狙った一日の摂取量は、2パックです。

一日1パックにして、あとは味噌汁で摂るということでもいいかもしれません。

豆腐がもたらすバストアップの効果

納豆 豆腐 味噌汁 バストアップ 効果 摂取量

豆腐って、大豆の原料で作られているのはご存知ですよね。

豆腐には、木綿豆腐・絹ごし豆腐などがあります。

どの豆腐にも、良質な植物性タンパク質がはいっていて、ビタミンからカルシウム・ミネラルや必須アミノ酸など、たくさんの栄養素が含まれています。

でも、それなら、納豆も同じだよね?と思いますが、豆腐には豆腐のバストアップ効果の高い理由があるんです。

豆腐は消化吸収が高い!

さて、豆腐だって納豆だって、ほぼ同じ成分と思いますが、もちろん、納豆も豆腐もバストアップには効果があり、どちらもバストアップに効果の高い成分が含まれています。

ただ、豆腐は、消化吸収が優れているので、バストアップに効果のあるイソフラボンがより効率的に吸収されるんです。

ということは、豆腐に入っているそれぞれの栄養素も吸収率が高まるわけなんです。

豆腐の嬉しい効果

さらに、豆腐には、美肌効果や老化予防、そして脳の働きを活発にします。

女性ホルモンは、脳から指令を出して、卵巣の分泌を促します。

結果的にはバストアップに効果があるんですね。

豆腐の一日の摂取量

豆腐の一日の摂取量は、商品や製法によって異なりますが、豆腐1丁には75mgほどのイソフラボンが含まれているといわれています。

ということは、一日1丁の豆腐がバストアップ効果を狙った適度な摂取量になります。

味噌汁がもたらすバストアップの効果

納豆 豆腐 味噌汁 バストアップ 効果 摂取量 豆腐

私たち日本人には、美味しくて日本食には定番の味噌汁は、馴染みが深いです。

その味噌汁がもちろん、体にいいことも知っていましたが、味噌汁のバストアップ効果も期待できるようです。

味噌汁のイソフラボンは吸収がいい!

実は、イソフラボンには種類があるのはご存知でしょうか。

毎日、健康目的から美容目的などで、せっせとイソフラボンを摂り入れても、なかなか効果がないかも?としたら、せっかくのイソフラボンが吸収できていない可能性があります。

大豆イソフラボンには、グリコシド型というのとアグリコン型というのがあります。

お味噌から摂る大豆イソフラボンは「アグリコン型イソフラボン」です。

このアグリコン型のイソフラボンは、大豆などから摂れるイソフラボンよりも、「分子量」が小さく、吸収力がかなり高いんです。

お味噌汁を飲めば、胃の中でそのままイソフラボンが吸収されます!

なので、バストアップにはとても効率のいい効果が期待できるんです。

味噌汁でバストへ栄養分を送る

味噌汁は、寒い体を温める効果がありますよね。

体を温めることで、血行が良くなります。

そうなると、血流の促進が良くなって、味噌汁で摂り入れたイソフラボンがより吸収率も高まって、バストアップにつながります。

バストアップには、血流の流れがとても大事で、バストアップするには、栄養分をバストに送る必要があります。

栄養分も女性ホルモンも血流に乗ってバストに行き渡ります。

だから、バストアップには、冷え性は厳禁なんですね。

味噌汁の抗酸化作用がバストアップにつながる

味噌汁の色素成分、メラノイジンはお味噌特有の茶色のものですが、メラノイジンは強力な抗酸化作用を持っています。

そのため、活性酸素を抑える働きがあるといわれています。

活性酸素を抑えることは、もちろん美肌作りにはうれしい成分になりますが、バストにハリを与えてきれいな素肌にしてくれる効果も期待できます。

味噌汁の味噌の一日の摂取量

味噌汁を作るときの味噌汁の一日の摂取量は、150ccのお椀1杯で、大さじ1杯弱が摂取量の目安になっています。

まとめ

納豆 豆腐 味噌汁 バストアップ 効果 摂取量 豆腐

納豆・豆腐・味噌汁のバストアップ効果と摂取量を中心に紹介しました。

それぞれの摂取量に合わせた量で摂り入れてくださいね。

納豆も豆腐も味噌汁も手ごろに摂れるところが本当に嬉しい食品ですよね。