セロトニン 増える バストアップ 理由 効果

セロトニンをご存知ですか。

どこかで一度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか。

セロトニンは「幸せホルモン」の別名を持つ心の健康に大切なホルモンです。

実は、このセロトニンが増えるとバストアップにつながっていくことが、最近話題になっています。

セロトニンとはいったいどんなものなのか、なぜ増えることでバストアップにつながるのかの理由、そして、その効果をまとめました。

セロトニンが分泌されると女性ホルモンの分泌が促される

セロトニンは、体の中で特に重要な役割を果たしているといわれている「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と並ぶ三大神経伝達物質の一つになります。

ちょっと言葉が難しくてわかりにくいですが、簡単にいうと心の乱れや精神の乱れを正すのがセロトニンです。

セロトニンが増えることで女性ホルモンのバランスが落ち着きバストアップの効果につながるようです。

セロトニンとは?

セロトニンの働きは、ノルアドレナリンやドーパミンが暴走してしまうのを押さえて、心のバランスと整えてくれるはたらきがある伝達物質です。

このセロトニンが不足してしまうと、精神的なバランスが崩れてしまい、例えばキレてしまい暴力的になってしまうことや、うつ病の原因になることもあるようです。

  • ノルアドレナリン

ノルアドレナリンは、怒りやイライラ、やる気などの感情、恐怖心などの感情を生み出す物質です。

  • ドーパミン

ドーパミンはよく聞く言葉ですよね。

ドーパミンは、やる気を起こす気持ちや快感を感じたり、学習能力・運動機能、そして記憶量と言った働きがあり、「報酬系」と呼ばれる神経伝達物質です。

この二つの物質を安定させて整えるためにセロトニンが分泌されます。

ざっくりいうと、自律神経の乱れを防いでくれる作用があるのがセロトニンになります。

セロトニンが増えることがバストアップなる理由と効果

セロトニン 増える バストアップ 理由 効果

さて、セロトニンが増えるとバストアップになる理由を知るには、女性ホルモンが分泌されるまでの仕組みを知っておきましょう。

女性ホルモンは、脳の中のさまざまなホルモンの働きをコントロールしてくれている「脳下垂体」から、卵巣へと分泌の指令が出されることによって、分泌される仕組みになっています。

そして、自律神経は脳の中にある「視床下部(ししょうかぶ)」から指令を出されて分泌されます。

自律神経は内分泌系などと関わりがあって、生命維持には欠かせないとされるいろんな機能をコントロールしている司令塔的な組織といわれています。

女性ホルモンと自律神経はお互いに影響し合う関係にあって、自律神経が乱れると、女性ホルモンのバランスも乱れてしまいます。

女性ホルモンがうまく分泌されるには、自律神経の安定が必要なんです。

女性ホルモンはバストアップには欠かせないホルモンです。

女性ホルモンが乱れるという言葉はよく聞きますが、何がどう乱れるか知らない方もいるんじゃないでしょうか。

女性ホルモンの分泌量が増えてしまったり、減少したり、分泌のサイクルが狂ったりすることを乱れるといった言葉で表現します。

女性ホルモンのバランスが崩れると生理不順を起こすことがよく知られていますが、女性ホルモンのバランスは、バストアップにも影響します。

バストアップするには、女性ホルモンがうまく分泌されて、乳腺を増殖させることが必要です。

乳腺が増殖すれば、乳腺の周りを囲んでいる脂肪も増えてバストアップの効果につながります。

  • 自律神経が安定→女性ホルモンが正常に分泌される→乳腺増殖する→バストアップ

自律神経は、私たち女性にとってもとても大切です。

自律神経を乱さずにキープしていくことでバストアップ効果の期待ができます。

この自立神経を整えてくれるのが先ほど紹介したセロトニンになります。

私たちの体に存在するセロトニンはどのぐらい?

自律神経が整っていれば女性ホルモンがうまく分泌して、乳腺が増殖してバストアップしますが、自律神経を正常に整えてくれる物質はセロトニンです。

近年、ストレス社会という言葉をよく聞きますよね。

日々私たちは、いろんなストレスや疲れの中で無理をしながら生活を続けていきます。

そんな日頃のストレスや疲れを癒して、心の安らぎを与えてくれるのがセロトニンです。

そうなると、どのぐらい私たちの体の中にセロトニンがあるのか気になりますよね。

私たちの体の中にあるセロトニンは、約10ミリグラム存在しているようです。

内訳は、

  • 腸内には90%
  • 血液中には8%
  • 脳内には2%とされているが、精神に大きく作用される

脳の中にはわずか2%となっていますが、本当にわずかしかないですよね。

このわずか2%のセロトニンが私たちの精神的な面に大きく影響を与えていると考えられるそうです。

セロトニンが不足してしまうと、身体と精神の両方に影響を及ぼします。

セロトニンが満ち足りていると、心のバランスが整い安らぎを感じます。

これだけ私たちには大切なセロトニン。

セロトニンが増えることによって自律神経が整えられて女性ホルモンのバランスも分泌させることでバストアップできるなら増やしていきましょう。

セロトニンはどうすれば増えるの?

セロトニン 増える バストアップ 理由 効果

体の中に存在しているセロトニンが増えると、バストアップにつながります。

そうなるとセロトニンはどうやれば増えるんでしょうか。

その増やし方について紹介していきます。

規則正しい生活でセロトニンが増える

セロトニンは、日中の太陽の光を体中にしっかり浴びている時間帯に分泌されやすいという性質があります。

なので、夜はしっかり寝て、毎日早い時間帯に起きて、太陽を浴びるといった規則正しい習慣をしていくことセロトニンが増えることになります。

なるべくストレスをため込まない

ストレスを感じてしまうとセロトニンをたくさん使ってしまうことになってしまいます。

セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンの暴走をおさえる働きがあるので、そこでセロトニンを使ってしまわないように、バストアップでセロトニンの分泌が増えるようにしていきましょう。

適度な運動でイライラ・ストレスを発散

適度な運動は、イライラした気持ちやストレスを発散してくれる作用があります。

セロトニンは、朝に分泌されやすいという特徴もあるので、朝日を浴びながらウォーキングをしたりストレッチをするなど、適度な運動をしておきましょう。

セロトニンは、太陽の光だけではなく、リズミカルな全身運動や呼吸などでも分泌されます。

さらに、咀嚼運動でも増えることが期待できるので、食べ物はよく噛んで食べることを心がけましょう。

食品でトリプトファンを取り入れる

セロトニンが増える成分はトリプトファンです。

セロトニンを増やすなら、トリプトファンは欠かせない成分です。

トリプトファンの働きは、脳に運ばれていくとセロトニンの生成を促す働きがあります。

また、トリプトファンは、体内で合成することができません。

毎日の食事から摂り入れていくことが必要です。

なるべくトリプトファンを多く含む食品を摂り入れていきましょう。

<トリプトファンを多く含む食品>

  • 牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品
  • 豆腐・納豆・味噌・しょう油などの大豆製品
  • カツオ・マグロなどの魚類
  • アーモンド・ピーナッツのナッツ類
  • バナナ
  • 小麦胚芽

また、セロトニンは、トリプトファンだけではなくて、ビタミンB6やマグネシウム・ナイアシンからも合成できるので、

  • B6=サンマ・ニンニク
  • マグネシウム=わかめやひじき
  • ナイアシン=きのこ類・緑黄色野菜

なども積極的に食べていくようにしていきましょう。

ただし、同じ食べ物がばかり食べてしまうと、栄養のバランスは崩れます。

バストアップには、セロトニン以外にも必要な要素はあります。

他の栄養素もしっかりとることも忘れずにしたいですね。

まとめ

セロトニンとバストアップの関係について紹介しました。

セロトニンは名前だけは知っていても、まさかバストアップと関係しているとは思いつかなかった方も多いんじゃないでしょうか。

肉体的な病気も怖いですが、精神的な面でのトラブルはバストアップにも影響するんですね。

ストレスはためないようにしていきましょう。