ダイエット バストアップ 中学生 簡単 方法 食べ物

中学生の時期は、体操着を着てしまうと、余計に友達との胸の大きさって比べてしまいますよね。

でも、中学生の時期だからこそまだバストアップはできます。

成長期だからこそ、胸の成長を邪魔する生活でのポイントをおさえていけば、まだ胸の成長を期待できます。

ただ、痩せたいためにダイエットなんかしていませんか。

食べ物とか睡眠はどうでしょうか。

ここでは、中学生の時期に、バストアップに気を付けるポイントや簡単なバストアップ方法についてまとめました。

成長期のダイエットはバストアップにはNG!

中学生の時期は、女性ホルモンが最も活発な時期なので、まだまだバストアップができます。

ただ、ダイエットをしていたり、夜更かしなどをしているとせっかくの胸を大きくする女性ホルモンの分泌を邪魔してしまうことになります。

中学生のうちのバストアップは、個人差があります。

その個人差をなくすには、普段の生活を気をつけていけば、簡単にバストアップする期待ができることと、成長期なので、胸にたっぷり栄養が行き渡るようにする必要があります。

大人になっても胸が成長できないのは、中学生の時期に胸の成長を促せなかったという方も多いようです。

女性ホルモンはちょっとデリケート

胸を成長させるには、胸の中の「乳腺」を増殖させて、乳腺の周りについている脂肪を増やすことで大きくなるという仕組みになっています。

なので、中学生は、この時期にしっかり女性ホルモンの分泌を促せるような生活をしていけば、バストアップにつながります。

ところが、女性ホルモンの分泌する量は、個人差があります。

女性ホルモンは、卵巣の機能が成長していくことで、分泌量も増えていきます。

さらに、中学生の時期は、どうしても卵巣の発達が不安定で、女性ホルモンをしっかりと分泌することができません。

これには理由もあって、女性ホルモンはちょっとデリケートなんです。

たとえば、イライラしたり不安があったり悩みがあったりすると、女性ホルモンが乱れてしまって、女性ホルモンの分泌が少なくなったりします。

また、カレシがいる場合、恋することは女性ホルモンを促すことにもつながるので悪いことではありません。

ただ、カレシのことばかり考えて悩んでしまったりするとそれもまた、ストレスになってせっかくの女性ホルモンを減らしてしまうことにもなりかねません。

さらに、中学生でダイエットをすることもかなり女性ホルモンに影響します。

このように、他の友達と胸の大きさが違うのは、個人差もありますが、普段の生活の中で女性ホルモンがしっかり分泌されるような生活をしているかどうかでも違うんです。

そこで、女性ホルモンを分泌させるにはどうしたらいいのか次の章で紹介していきます。

中学生の時期は、女性ホルモンが分泌が活発になるのに、分泌を邪魔するような生活をしているのは絶対もったいないですよ!

中学生の時期は女性ホルモンを促す生活が大切

ダイエット バストアップ 中学生 簡単 方法 食べ物

さて、中学生の時期は、女性ホルモンを充分に分泌をさせるような生活を基本にすると、バストアップに確実につながります。

それには、女性ホルモンを邪魔するような生活をしないことがベースになります。

大人になっても胸が大きくなれない人は、中学生の時期に、胸が成長しようとしているのに、バストアップできない環境で生活をしていた方も多いようです。

食事制限のダイエット

中学生の時期は、大人の体へと変化する大切な時期です。

体を作っていく上で大切なのが食べ物です。

この時期に無理な食事制限のダイエットをして食事を抜いたりして、食べ物をとらないなどしていると、せっかく胸が成長しようとしているのに栄誉が体に入ってこないのでバストアップできないんです。

食べ物を食べることは、体の筋肉も作ります。

筋肉は、胸を支える土台にもなっているので、しっかり食べ物で栄養をとっていかないと、成長期の筋肉さえも成長が遅れてしまいます。

また、ダイエットが怖いところは、女性ホルモンのバランスを崩してしまうこともあるところです。

無理なダイエットは、女性ホルモンのバランスを乱してしまうので、せっかく女性ホルモンが活発な中学生の時期に無理なダイエットをしてしまうことは、大人になってからバストアップに悩んでしまいかねません。

夜更かしはしない

体の成長を促す成長ホルモンは、夜10時から2時までに分泌されるといわれています。

成長ホルモンは、バストアップにかなり関わっています。

この時期に夜更かしをするような生活を続けると、成長ホルモンも女性ホルモンも十分な分泌ができなくなります。

実は、バストアップには、夜更かしはかなりマイナスポイントになります。成長ホルモンをしっかり分泌させないと、背だけではなく、胸を大きくすることを妨げます。この時間帯に寝ておくと、細胞の生まれ変わりがしっかりできて、美肌作りにもなるため、大人になっても夜更かしは良くないといわれています。

猫背や肩を丸めたりしない

実は、姿勢もバストアップにも影響します。

猫背になっていたり肩が丸まっている状態がクセになっている人は注意が必要です。

姿勢が悪いと、当然、血流の流れが悪くなっていきます。

そうすると、胸の成長時期にしっかりとした栄養素が行き渡りません。

女性ホルモンは、血流に乗って体の隅々に行き渡ります。

血行が悪いと女性ホルモンの行き届かなくなります。

冷えないようにする

先ほども紹介したように、血行の流れが悪くなってしまうと、女性ホルモンがせっかく分泌されても、体に行き渡りません。

冷えは、血行の流れを悪くしてしまいます。

足下でも肩でも寒いと感じた時には暖めるようにしましょう。

バストアップの簡単なマッサージ方法

簡単なバストアップのマッサージ方法は、乳腺を刺激しながらバストアップを期待する方法です。

やるときには、注意点もあります。

簡単なマッサージなので、つい強めにマッサージしてしまうかもしれませんが、強くマッサージするのはやめましょう。

マッサージ用のオイルやクリームをつけて、滑らかにマッサージする方法が正しいマッサージ法です。

  1. 脇の下から胸の下へと手で滑るようにさすっていきます。胸の谷間に移動させ、今度は胸の谷間に向かって、最後はデコルテという流れでさすっていきます。片方10回繰り返します。手のひらでやさしく流すようにしていきます。コツは、ゆっくりとやっていくことです。
  2. まずは、右側からやっていきます。右側の胸の下を右手を当て片方の手は胸の上に当てやるマッサージです。胸の周りを○で囲むように動かします。片方10回ずつやります。

バストアップになる食べ物

バストアップに効果がある食べ物は、たくさんあります。

中学生の時期にバストアップに効果のある食べ物を食べておくことはとても大切です。

バストアップには、さまざまな栄養素が必要です。

たんぱく質・炭水化物・脂肪・ビタミン・ミネラル・食物繊維などです。

バストアップには、これだけを食べていればいいというものではありません。

野菜・果物、乳製品などの食べ物をバランスよく摂り入れていきます。

また、バストアップに効果がある食べ物の中には、女性ホルモンの一つエストロゲンと同じような作りになっている豆に含まれるイソフラボンもバストアップに効果があります。

イソフラボンが含まれる食べ物は・納豆・豆腐・豆乳・きな粉などです。

また、ボロンという栄養素にも大豆イソフラボンと同じくエストロゲンと似た作用があることから、ボロンが含まれる食べ物もおすすめです。

キャベツ・リンゴ・レーズン・ナッツなどです。

ただし、先ほども紹介したように、偏ったものを食べるのではなく、他の栄養素と一緒にバランスよく食べます。

また、大豆イソフラボンは摂り過ぎてはいけません。

他の栄養素が入った食べ物もしっかりとります。

バストアップするには、タンパク質や炭水化物、ビタミンも必要なんです。

まとめ

ダイエット バストアップ 中学生 簡単 方法 食べ物

中学生の思春期の時期をどう過ごすかでバストアップに関わってきます。

人によって早い時期から胸が大きくなる人もいれば、大学生になってから急にバストアップする人もいます。

まずは、中学生の時期は女性ホルモンの分泌を促すような生活にしていきましょう。