豆乳 胸 大きくならない

バストアップには、イソフラボンの効果が注目されていますよね。

ところが、豆乳をいくら飲んでも胸が大きくならないという方がいます。

一方、豆乳を飲み続けて大きくなった経緯を持つ方もいるんです。

豆乳を飲むのは、イソフラボンを摂り入れるためです。

そこで、なぜ豆乳を飲んでも胸が大きくならないのか調べました。

どうやらイソフラボンは腸内で吸収されるようですが、吸収するかどうかはエクオールという成分が関わっている可能性があります。

または、豆乳の量はどのぐらい摂り入れているか、どのタイミングで飲んでいるかも関係するかもしれません。

高いエストロゲン活性を持っているのはイソフラボンのエクオール

最近わかったことがあります。

実は、大豆イソフラボンを健康として摂り入れる場合の効果に、個人差があることがわかっています。

その理由がエクオールという成分かもしれないということです。

豆乳を飲んでも胸が大きくならないとされる理由でも、このエクオールが関係しているかもしれません。

また、豆乳をいくら飲んでも、規則正しい生活とバランスの摂れた食生活になっていなければ効果が期待できないかもしれません。

豆乳で胸が大きくならない理由は?

豆乳や納豆や豆腐などに含まれている大豆のイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンの働きに似ていることから、バストアップだけではなく、更年期症状を緩和させたり、骨密度を維持することでも効果があるとされています。

これらはしっかり検証されたことの結果なんですね。

実際、厚生労働省の研究班によれば、食べ物からイソフラボンをたくさん摂り入れる人ほど、乳がんや脳梗塞のリスクなどが低下したり、男性の前立腺がんなどのリスクも低減されるという研究報告もありました。

なので、豆乳や納豆を摂ることは体に良いとされています。

ただ、豆乳をいくら飲んでも胸が大きくならないという理由には、いろいろ考えられます。

その一つにエクオールという成分が関係している可能性があります。

豆乳で胸が大きくならない理由にエクオールが関係?

豆乳 胸 大きくならない

さて、豆乳を毎日飲んでいてもぜんぜん胸が多くならないとしたらいろんな理由が挙げられそうですが、その理由の一つにエクオールという成分に注目する必要がありそうです。

最近、テレビでも話題に上り、いかにエクオールを増やすかなどを紹介されています。

まず、エクオールというのは何のかを知っておきましょう。

エクオールとは

エクオールは、簡単にいうと大豆イソフラボンのことです。

まず、食事から摂り入れた大豆イソフラボンには、吸収されやすいアグリコン型という種類と、吸収されにくいグリコシド型という二つの種類があります。

ここでエクオールに関係しているのがアグリコン型です。

アグリコン型には、更に三種類のイソフラボンが含まれています。

その中のダイゼイン(イソフラボン)は、腸から吸収されて体内に摂り入れられていますが、このダイゼインは、その成分のまま吸収される人もいれば、エクオールの成分として吸収される人がいるんです。

この違いによって、胸が大きくなる効果に差が生まれます。

というのも、高いエストロゲン活性を持っているのはエクオールなんです。

ということは、エクオールの成分で吸収されたほうが胸が大きくなるわけなんです。

ところが、エクオールを作れる人と作れない人がいます。

もし、作れない人なら、なかなか胸を大きくすることにつなげられないんです。

エクオールを作っているのが腸内細菌

どうして、エクオールを作れる人と作れない人がいるのかは、腸内フローラが関係しています。

人の大腸にはいろんな腸内細菌が存在しています。

その中に、大豆イソフラボンをエクオールに変えてくれる<エクオール産生菌>と呼ばれている腸内細菌が腸の中にいるかどうかで、エクオールが作れる人が作れない人かに分かれます。

エクオールを作れる人は50%程度

腸内でエクオールを作れる人は、日本人には50%程度しかいないようです。

それは、大豆の摂取量や食生活によるものからくる腸内環境の違いではないかと考えられているようです。

さらに、年齢が若ければ若い人ほど、エクオールの産生率が低下しているということですから、豆乳を飲んでも胸が大きくならないということにつながるかもしれません。

高校生や大学生を調べてみると20%前後しかエクオール生産者がいなかったこともわかっているようです。

なぜ、若い人がエクオールをつくれないのかはまだ不明のようですが、食生活が関わっているとされているようです。

特に、豆類の摂取量が多い年代は60代が最も多いようで、エクオールもこの年代の方に多いようです。

ということは、若い人でも豆類の摂取量が多ければエクオールを作れる人になれますよね。

胸を大きくするなら大豆を食事に摂り入れる

さて、エクオールがイソフラボンには大切なことがわかってきました。

ということは、エクオールを腸内でたくさん作るようにしていけばいいわけです。

エクオールを作れる人は、毎日大豆を食べていることがわかっています。

イソフラボンは、毎日食べたとしても、一日から二日も経過すれば尿となって外に排出されてしまいます。

なので、エクオールを作れない人が、胸を大きくする場合、豆乳を飲むだけではなく、積極的に食事の中に大豆を摂り入れる必要があります。

一度にたくさん食べるよりも、毎日大豆食品を摂り入れていけばいいわけです。

豆乳の摂取量は少なくないから胸が大きくならない?

豆乳 胸 大きくならない

豆乳を飲んでも胸が大きくならないのには、他にも毎日飲んでいる量も関係しているかもしれません。

前の章でも紹介したように、イソフラボンは大量に飲んだとしても、一日か二日も経てば尿として外に排出されてしまいます。

なので、一度にたくさん飲むよりも毎日続けて飲んでいくことが必要です。

一日の目安として200ミリリットル~400ミリリットルとなっています。

200ミリリットルなら、パック1本の量になります。

これを一日2本は最低でも飲んでいく必要があります。

そして、大切なことをもう一つ。

豆乳を毎日摂り入れてすぐに結果が出るものではありません。

健康面でのイソフラボンの効果は、早くて半年といわれています。

胸を大きくするのも同じで長い目で見ていく必要があります。

豆乳を飲むタイミングは守っている?

もう一つ、胸が大きくならない理由を考えたときに、豆乳を飲むタイミングです。

バストアップのために豆乳を飲むなら、寝る前に飲むのが効果が高いといわれています。

夜10:00~午前2:00までの時間帯は、成長ホルモンが最も分泌されている時間帯です。

成長ホルモンは、女性ホルモンとも関係しています。

成長ホルモンは、細胞を活性化させて新たな細胞を作りだす上でも大切なホルモンなので、女性ホルモンにも大きく影響しているんです。

この時間はゴールデンタイムといわれているほど、肌にも影響します。

夜更かしをせずに、しっかり睡眠を摂ることは胸を大きくするのには大切です。

成長ホルモンが分泌されるには、最低でも6時間は必要とされています。

なので、少なくとも6時間は睡眠をとるようにしたいですね。

血行が悪いと胸に栄養が行き渡らない

いくら体内でイソフラボンが効果を高めても、しっかり胸にその栄養分が行き渡らないと意味がありません。

冷えや冷え性などがあると、バストアップ効果を半減するといわれるのはそのためです。

冷えや冷え性があると、血行が悪くなります。

今は夏でも冷えを感じることがいくらでもあります。

胸を大きくするなら、せっかく摂り入れたイソフラボンが胸に行き渡るようにしっかり冷え対策をしておきましょう。

まとめ

今回は豆乳を飲んでも胸が大きくならない理由を紹介しました。

胸を大きくするには、一つだけの方法ではダイレクトに大きくすることがむずかしいです。

豆乳を飲むなら、毎日の食事の中で必ず納豆や豆腐などの大豆食品を摂り入れましょう。

実際、エクオールが多い人は、3食に納豆を摂り入れている人も多いです。

豆乳だけに頼らないでいきましょう。