貧乳 原因 対策

貧乳に悩んでいる方ですごく痩せている方がいますよね。

痩せてていいとしても、貧乳は別です。

友達と比べてしまうと、「そもそも私が貧乳なのはなぜ?」と思わずにいられません。

もし、貧乳を脱却できたら、人生変わるだろうな・・なんて思うこともあります。

ほんと、いったい貧乳の原因って何なんでしょうか。

ここでは、貧乳の原因と対策法は何がいいのかまとめました。

貧乳の原因は、痩せすぎていることと血行が悪いことが原因かも

人の体にはキャパシティがあって、いくら大きい胸を乗せたくもキャパシティがないと大きい胸が乗せられないという話があります。

貧乳の人は痩せている人が多いですよね。

しっかり胸に脂肪がつくようにするには、しっかり栄養を摂って胸を大きくできるように体の作りから対策が必要かもしれません。

貧乳って遺伝ってことはないの?

貧乳 原因 対策

胸の大きさは、貧乳すぎればすぎるほど、遺伝なんじゃないの?と思ってしまうところもあります。

これについていろいろ調べてみると、胸の大きさや小ささには遺伝はあまり関係がないようなんです。

母親が貧乳だから自分も貧乳ということはなく、姉妹でも母親とは反対に胸が大きい人もいるんですよね。

でも、多少は遺伝があるのかな?と思っていましたが、遺伝が関わっている割合は、3割から4割程度です。

実は、貧乳の原因は、脂肪が足りない、痩せすぎが原因の一つにあげられそうです。

貧乳になる原因の一つは痩せすぎ

貧乳に悩んでいる人のほとんどは、痩せすぎの方が多いですよね。

体がふくよかな人でも私は胸が小さいとは言う方もいますが、貧乳ほどの小ささではないです。

バストは、乳腺の増殖があって脂肪が増えるようになっています。

そして胸が大きくなります。

乳腺の増殖も大切なんですが、乳腺と脂肪の割合を見ると「乳腺10%」に対して「脂肪90%」なんですね。

ということは、貧乳の人は、脂肪が足りない=痩せすぎているということになります。

脂肪の量が多ければ多いほど胸が大きくなる可能性があるわけです。

皮下脂肪が多ければ、ふくよかな胸になります。

実際、胸の大きな人は、肩幅部分も少しガッチリしていて全体的に丸みを帯びたような体つきの人が多いですよね。

ということは、貧乳の人は、まず脂肪をつけるような体作りをする必要がありそうです。

そもそも貧乳を打開したくても、つける脂肪がなくては胸を大きくすることができません。

痩せすぎが原因で貧乳の人はしっかり脂肪をつけられるように対策が必要です。

貧乳は女性ホルモンが少ない可能性も

先ほども紹介したように、バストは脂肪でできているので、貧乳の方は脂肪をしっかりバストに身に着けさせたいところですが、実は、胸の脂肪は、乳腺の周りにくっついています。

その脂肪が増えるには、乳腺が増殖する必要があります。

胸の構成は、乳腺と脂肪と、大胸筋からつながっているクーパー靭帯と呼ばれる網目状のコラーゲン束のようなもので構成されています。

脂肪は先ほど紹介したように90%も占めますが、脂肪を増やすなら乳腺の増殖を促す。

さらに乳腺を増殖させるには女性ホルモンの分泌が不可欠なんです。

脳から指令を受けた卵巣は女性ホルモンを分泌させます。

そうすると、乳腺は、女性ホルモンの分泌に刺激されて増殖していきます。

そして、乳腺の周りに脂肪は、乳腺の増殖に合わせて増えていくことになります。

そして、胸が大きくなるわけです。

女性ホルモンの分泌→乳腺が増殖する→乳腺の周りにくっついている脂肪が増える→胸が大きくなる

というメカニズムになっているんです。

なので、貧乳といわれる方は、女性ホルモンがしっかり分泌されていない可能性があります。

女性ホルモンはとてもデリケートなホルモンで、自律神経が乱れたり悩んだり、イライラしたりすることでバランスが崩れます。

特に貧乳の方で多いのが冷え性です。

冷えは女性ホルモンの分泌の妨げになります。

冷えてしまうと卵巣も冷えてしまうことから、女性ホルモンのバランスが乱れるといわれています。

さらに、冷えてしまうせいで、血行が悪くなってしまい、本来なら女性ホルモンが分泌されれば血液と一緒になって流れて胸に運ばれますが、冷えのために血流が悪いと女性ホルモンの流れを妨げます。

そして、胸もしっかり栄養が必要です。

その栄養もしっかり血流にのって胸に行き渡るんです。

貧乳の方は、女性ホルモンの分泌がうまくいかなかったり、冷えがある方は、なかなか胸を大きくできない原因の一つになります。

バストアップに冷え対策は大切なんですよ。

貧乳の対策とは?

貧乳 原因 対策

さて、貧乳の原因は、大きく分けると、痩せすぎていること、女性ホルモンの分泌がしっかり行われていなことが挙げられました。

この二つの原因がみると、対策がよくわかります。

痩せすぎずに適度な脂肪をつけた健康的な体作りと、女性ホルモンの分泌を促すようにする、この二つの共通点の基本は、しっかり栄養を摂って太りやすい体作りをすることになります。

栄養不足を解消する

脂肪を摂るといっても、暴飲暴食をすすめるものではありません。

痩せていても太っていても、毎日の食事は栄養のバランスを考えた食事にするべきです。

しっかりお肉も食べて野菜も食べるようにしましょう。

また、食べものに含まれている栄養素には、胸を大きくする作用のある成分がたくさんあります。

タンパク質やビタミン、ミネラルなど、それらをバランスよく摂り入れていくことが必要です。

ただ、食べることだけでカロリーを維持することは何とかなったとしても、女性ホルモンを生成させるとなったら、女性ホルモンを促すような成分を取り入れたり、サプリメントを併用するのも一つの手になります。

イソフラボンを多く摂り入れる

食べ物の中で女性ホルモンの分泌を促すのが大豆イソフラボンです。

大豆イソフラボンは、女性ホルモンと似た働きがあることから、納豆や豆乳や豆腐などを摂り入れるとバストアップにつながるといわれています。

夜寝る前と朝食後に豆乳を飲んで、毎日の食事の中に納豆や豆腐などを摂り入れていくといいですよ。

血行を良くする

しっかり食事を摂って栄養のバランスも考えているのに貧乳はやっぱり変わらない方は、血行の流れはどうでしょうか。

先ほども紹介したように、冷えや冷え性の方は血行の流れが悪い人が多いです。

栄養も女性ホルモンも、血流にのって体の隅々に行き渡るようになっています。

血流の流れが悪いとせっかく摂り入れた栄養分が胸まで行き渡りません。

また、血液の循環がうまくいかないと、栄養分が胸ではなく、お尻や太ももなどに集中してしまい、それが脂肪として蓄えられるともいわれています。

貧乳の方で極端に痩せているわけではなく、下半身だけが太っている方も血液循環がうまくいっていない可能性があります。

外人さんって一般の人も胸が大きいのはなぜ?

テレビや映画に出てくる有名なスターだけではなく、一般の女性でも外人さんは胸が大きい人が多いですよね。

外人さんが胸が大きい理由は、やっぱり食べているものが違うようです。

特に欧米の人は、脂肪分がやたら多い食事が主食になっていることが、胸が大きくなる理由のようです。

さらに、胸の構成も日本人とは少し違っていて、欧米の人は、乳腺組織が少なくて脂肪分が多いんだそうです。

脂肪分が多い分、触ると柔らかいのが特徴です。

一方、日本人は、欧米人の方よりも乳腺の割合は多いので、日本人の胸は適度な硬さがあって、ハリもあるようです。

どちらにしろ、外人さんは脂肪が多いために胸が大きいなら、やっぱり脂肪を摂れば胸が大きくなるってことになりそうですよね。

まとめ

貧乳 原因 対策

今回は、貧乳の原因と対策について紹介しました。

極端に貧乳な人は、どうしても太ることができないという方もいます。

そういう方は、積極的にウォーキングやスロージョギングなどをして体を作っていくのはどうでしょうか。

体を使うとやっぱりお腹が空いてボリュームのあるものが食べたくなります。