胸 大きく ブラ 付け方

自分の胸が他の人に比べて小さいと悩んでいる人は多いのではないでしょうか?

実はブラの付け方を正しくするだけで、胸を大きくすることが出来るようなんです!

今回は、その方法について詳しくご紹介してみたいと思います。

あなたは間違ったブラの付け方をしていませんか?

胸 大きく ブラ 方法

少しでも胸を大きくみせようとして、分厚いパッドを入れたり、肩ひもをわざと短くしたり、アンダーをきつくしたりするのは胸にストレスを与えてしまうことになります。

こうして間違ったブラの付け方をしてしまうと、バストが圧迫されてしまい、血流やリンパの流れが悪くなり、バストに必要な栄養が胸に行きにくくなってしまうのです。

また、バストをつり上げる役割をしているクーパー靭帯というコラーゲンの繊維束は凄くデリケートなので、無理な方向や無理な力で引っ張られると細く伸びて、乳房の重さに耐えられなくなってしまい、バストを理想の位置で支えられなくなってしまう恐れがあるので注意が必要なのです。

胸を大きくする方法はコチラ!

胸を大きくするには、自分に合ったブラのサイズをきちんと測り、正しいブラの付け方をすることが大切です。

自分のサイズが分からなければ、下着専門店に行ってきちんと測ってもらうことをオススメします。

ブラの付け方♪

  1. ストラップを肩にかけ、ブラの下側を持って身体を前かがみにし、カップの中にバストを入れる
  2. しっかり入れたら、そのままの姿勢で後ろのホックを留める
  3. 前かがみのまま左手で左のストラップのつけ根を少し浮かせて、右手をカップの中に入れ、バスト全体を包み込み、右肩方向に優しく引き上げます。
  4. 反対側も同様にした後、身体を起こしてストラップの長さを調整します。

ブラを付けたら、「カップが食い込んだり浮いたりしていないか」、「ワイヤーの食い込み跡が身体のどこかにないか」、「バストトップの位置と鎖骨の中心を繋げて正三角形になっているか」などを確認します。

ブラが合わない時の対処法は?

ブラを正しい付け方で着用したら、腕を上下に動かしたり、身体を左右にひねったりして、自分なりのフィット感をチェックします。

もしもこの動作を行った時に、カップに隙間が出来てしまったり、ワイヤーがバージスラインというお腹部分とバストの境界線部分を潰してしまっている場合は、ブラが合っていないということになります。

サイズが合わない場合には、胸を理想位置まで引き上げた状態で、正しいサイズを測る必要があります

バージスラインが合わない場合には、少し高価な良質素材のブラを試してみることをオススメします。

まとめ

ブラを正しく付けないと胸にストレスを与えてしまうことになります。

正しい付け方をマスターして、美バストを目指してみませんか?