貧乳でお悩み中の乙女必見!

あなたは、豆乳を飲むとバストアップ出来るのをご存知でしたか?

ただ飲むだけで大きくなるなら!と気になった方の為に、豆乳を飲む量やタイミングについて調べてみたいと思います!

豆乳がバストアップに効果的な理由って?

本当に、豆乳を飲んでバストアップに成功した人は多いようです。

その理由とは、豆乳の原料である大豆にあります!

大豆にはイソフラボンという成分が含まれており、これはエストロゲンという女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

エストロゲンの働きによってバストアップが促進され、豆乳には植物性タンパク質が多く含まれているのでより効果的とされているようですね。

豆乳を飲む量とは?

豆乳を飲むと手軽にイソフラボンを適度に摂取出来ますが、飲みすぎには注意が必要です。

大豆イソフラボンは身体に良い成分ですが、摂取しすぎてしまうとホルモンバランスを崩したり、生理周期がズレたり、出血過多に繋がったりという事が起こってしまいます。

では、バストアップの為に適切な量は?というと、1日あたり70~75ml程度が目安になっています。

また、豆乳を飲む適切な量は1日1パック200mlが目安!

これで約7gのタンパク質と、約50mgのイソフラボンが摂取出来るのです。

沢山飲めば効果が出るというわけではないので、適量を摂取するようにし、冷たい物よりも温かい物の方が身体に吸収されやすくなるので、温かい豆乳を飲むことをオススメします。

豆乳を効果的に飲むタイミングや時間帯は?

豆乳を飲む時間は、特に決まりはなく基本的にはいつ飲んでもいいようです。

しかし、バストアップ効果を高め、より早く大きくしたいのであれば、朝食前に豆乳を飲むのがベストな時間!

朝食前がなぜベストかというと、睡眠から目覚め、空腹の状態なので豆乳の吸収を遮る物が何もありません。

この状態で豆乳を飲むことにより、効率よく豆乳を吸収でき、イソフラボンを身体に行き渡らせてくれ、1日に必要なエネルギーや栄養を補填できるのです。

また、食事を取る前に豆乳を取ることで腸が動き、お通じの改善にもなります。

さらに、大豆の成分の働きにより、腸内環境が整えられ糖質の吸収を抑制してくれるので、ダイエットにも効果が期待できると言われていますね!

まとめ

豆乳を飲んだからといっても、すぐに効果が出るわけではありません。

またタイミング次第では、豆乳の摂取効率も変わり、バストアップへの影響度も変化してしまいます。

豆乳でバストアップに成功したという人に共通するのは、豆乳を習慣にして継続していたということ!

短期間でバストアップを目指すなら、朝食前に豆乳を飲んでマッサージも併用すると効果的のようなので、是非試してみて下さいね!