縄跳び ダイエット 胸 さらし

縄跳びダイエットをしていると、「バストが小さくなってしまった」という噂を耳にしたことはありませんか?

カラダと共に胸まで痩せてしまって、ダイエットに成功してもメリハリのない貧相なスタイルになってしまう事も・・・。

そこで今回は、ダイエット時に胸痩せしない方法をご紹介してみたいと思います。

なんとお祭りなどで巻くことの多い「さらし」が効果的なんだとか!詳しく検証してみたいと思います。

縄跳びダイエットとは?

縄跳び

様々なダイエット方法がある中で、縄跳びダイエットというものがあります

縄跳びは小さなジャンプを繰り返すので、有酸素運動の中でも消費カロリーの高いダイエット方法であり、筋肉を付けすぎることなく脚をシェイプアップすることが出来るのです。

また、基礎代謝もアップするので、冷え性の改善にも繋がり、アンチエイジングにも効果があるようですね♪

では縄跳びでバストは本当に小さくなるの?

バストが小さくなってしまうのは、縄跳びによる上下運動により、その部分のみ脂肪燃焼が活発になるからです。

さらには垂れてしまうという場合もあり、その原因がバストをつり上げているクーパー靭帯がジャンプをした衝撃で伸びたり引っ張られたりし、切れてしまうから・・・。

クーパー靭帯は1度切れてしまうと手術でもしない限りは元には戻りませんので、キレイなバストを保つためにも、クーパー靭帯を守ることは大変重要になりますね!

さらしを巻いて胸痩せ防止する方法!

縄跳びダイエットで美しいスタイルを手に入れようとしても、バストが垂れてしまったり減ってしまっては意味がありません。

そこで、さらしを巻いて上下運動に耐えられるように胸を固定する事が重要に!

胸への負担も減らすことができ、縄跳びダイエットもしっかりと行うことが出来ますし、ブラジャーに比べると形や位置を調整しないものの、胸が上下左右に動かないようにしっかりと固定してくれるのでより効果的なのです。

さらしの巻き方は?

  • 一反のさらしを用意して、3m50cm~4m程の長さに切ります。
  • 片方の端っこを持ち、胸が隠れるように当て、背中を通して両脇のすぐ下に高さを合わせながら一回転します。
  • 二回転目を背中から回してバストトップにかかる程の長さで巻き、少しずつ重なるようにしながら五回転まで巻き、下の端をお腹の所で内側に折り返して固定します。
  • 緩くなってしまっている部分を締めなおして形を整えたら完成です。

普段さらしを巻くことはないので、縄跳びをする度にさらしを巻くのはかなり大変な作業になってしまいます。

そこで、さらしと同じ効果があり、手軽につけられるブラ形状のさらしブラというものもあります。

オススメのさらしブラとは?

小さく見せるスマートメイクブラというのがあり、胸下方部のさらしと同様の構造があります。

小さく見せるスマートメイクブラは、フルカップ、着用時も速乾・吸収性の高い生地なので不快に感じません。

さらしと違い、手軽に着用できるのも魅力的なさらしブラですので是非ご参考まで!

まとめ

縄跳びダイエットでバストを垂れたり減ったりさせないためには、さらしを巻いてしっかり固定することが大切です。

さらしを巻いて、スタイルもバストもキレイを目指しましょう!