日本人 胸 小さい 理由

外国人に比べると、全体的に胸が小さい女性が日本人には多いように感じます。

でも一体なぜ小さいのでしょうか?今回は、その理由を詳しく調べてみたいと思います。

外国人と日本人のバストの違いの秘密は?

日本人はCカップというと少し大きい部類に入りますが、アメリカ基準ではAカップに分類されてしまいます。

また、外国人に比べると平均身長が4cmも低く、バストだけではなく、全体的に日本人は小柄だという事も分かります。

バストは乳腺と脂肪によってできていますが、乳腺の割合が日本人は欧米人に比べて多いとされています。

日本人のバストにはハリがあり、固さもあります。

それに対して、外国人は乳腺組織が少なく、脂肪が多いので胸は柔らかいです。よって、脂肪が多い方がバストも大きくなるので、外国人には胸が大きい女性が多いと言えます。

なぜ胸が小さい日本人女性が多いのか?

日本人の胸が小さいのは進化の結果という説があります。

昔の日本の文化では、胸は大きすぎない方が良いとされ、また胸が大き過ぎると日本の伝統的な衣服である和服を着用する際に着崩れしやすく、粋な美しさがなくなると考えられたと言われています。

他にも、胸のサイズは食生活や生活習慣が大きく影響しているとも言えます。

例えば、ストレスや睡眠不足といった事でも胸のサイズに大きく影響し、睡眠不足が慢性化してしまうと、女性ホルモンがどんどん減少され、胸が小さくなってしまいます。

また、女性ホルモンの減少により男性ホルモンが増加してしまう事もあるので、睡眠時間や生活習慣が胸のサイズに大きく影響するようですね!

睡眠不足と生活習慣の改善策はコレ!

睡眠時間の理想は6~8時間と言われています。

実現するためには、

  • 起床・就寝時刻を決めて習慣化する
  • 睡眠を妨げるカフェインは飲まないようにする
  • 寝る1~2時間前の入浴を心掛ける

など改善策は沢山あります。

また、睡眠時間のゴールデンタイムというものがあり、寝入ってからの3時間には全睡眠中もっとも深いノンレム睡眠が出現します。

この時に成長ホルモンが大量に分泌されるので、寝始めてからの3時間は筋肉の発達、ダイエット、健康維持、お肌の美容のためにも大切なゴールデンタイムになります。

生活習慣もまた、食べ過ぎに気を付ける事や週に3日以上1回30分程度の運動をするなどがあります。

生活習慣を改善するということは、良質な睡眠を保つことにも繋がりますね!

まとめ

日本の女性の胸が小さいのは昔からの進化というのもありますが、主に睡眠不足や生活習慣が影響しているようです。

バストアップを目指すには、日々の生活習慣を改善する必要があるでしょう。

是非お試しになってはいかがでしょうか?