胸 二の腕 柔らかさ

よくインターネットや雑誌などで話題になっているのが、「二の腕の柔らかさは胸の柔らかさと同じ!」という噂!

一度はこの噂を聞いたことはあると思いますが、二の腕の柔らかさは筋肉があるかないかでも、だいぶ柔らかさは変わるものなので、実際の所どうなのでしょうか?

今回は、胸と二の腕の柔らかさは同じなのかについてご紹介したいと思います。

二の腕と胸の構造で一致していることって?

二の腕と胸の構造は、どちらも筋肉の土台の上に脂肪がのっているという共通点があるので、二の腕と胸の柔らかさは同じということに納得してしまいそうですね。

胸の構造って?

胸は、胸ならではの特性によって独特の質感を得ていて、胸は筋肉のうえに脂肪と乳腺を含んだ、乳房がぶら下がっています。

二の腕の構造って?

二の腕の構造は、筋肉のうえに脂肪を蓄積しやすいので、この点は胸と共通しています。

でも実は二の腕と胸の柔らかさは同じではない?

二の腕と胸の構造は結構共通点が多いですが、柔らかさは同じではないんです!

その理由とされているのが、胸は乳腺が張り巡られていますが二の腕は乳腺が張り巡らされていません。

つまり胸と二の腕では大きく構造が異なり、胸と二の腕の柔らかさは同じではないことが分かるでしょう!

では二の腕と胸の柔らかさは似ているの?

二の腕と胸の柔らかさが一緒な人は、極端に肥満した女性が多いです。

ですので、肥満女性などは二の腕と胸の柔らかさが似ている事もあるよう!

脂肪そのもの柔らかさは、その部位によって柔らかさが大きく変わることはありませんので、二の腕に筋肉が全然ない人などは、二の腕と胸の柔らかさは似ているということです。

また二の腕と胸の柔らかさが一緒な人は、二の腕に大量の脂肪がのっているということなので、脂肪を減したほうが良いのかも・・・。

まとめ

基本的に、二の腕と胸の柔らかさは同じではありませんが、脂肪がつきやすい方は同じ柔らかさの場合もあるようですね!

でもこれは肥満の危険信号ですので、そうなる前にすっきり体型を目指すことをオススメします♪