胸 柔らかい 流れる 垂れ

横になってもハリと弾力がある胸は女性の憧れですよね。

柔らかい胸は、横になると胸がほぼ平らになって肉が横に流れるのがわかります。

立っていても横に流れてハリと弾力には程遠いと嘆いている方も多いはず。

実は、胸が柔らかいから流れるどころで終わらずに垂れるらしいんです!

柔らかい胸に早く弾力を手に入れて、横に流れることと垂れるのを防ぎましょう!

胸が柔らかいから横に流れる!柔らかいから垂れるの?

胸が横に流れるほど柔らかいということは、ハリや弾力が失われていて、胸が垂れるといった現象になるようです。

そしても一つ。

ブラジャーのカップサイズが合っているかも確認しましょう。

胸って柔らかい方が良くないの?

胸は、柔らかい方が良さそうに見えますが、柔らかくってもハリがない柔らかさでは垂れてしまう原因になってしまうようです。

なぜ横に流れるほど胸が柔らかい状態になってしまうのか、それは、胸の大胸筋の衰えからバストと大胸筋をつなげてくれているクーパー靭帯の衰えに関係しているようです。

そして、血行の流れの悪さもハリを失う原因になります。

柔らかい胸が横に流れる原因と垂れる原因

胸 柔らかい 流れる 垂れ 原因

柔らかい胸が横に流れてしまう原因と垂れる原因には、バストを構成している乳腺や脂肪細胞、そしてクーパー靭帯に関係しているようです。

ここでは、その原因を一つ一つあげてみました。

クーパー靭帯

胸は、9割近くは、脂肪細胞で形成されていると考えられます。

この脂肪細胞が含まれる胸と大胸筋をつなげているのは「クーパー靭帯」と呼ばれるもので、繊維束になっていて胸を支える役目を果たしています。

クーパー靭帯は、毎日の生活の中で負荷がかかってくると伸びてしまったり切れてしまうこともあるようなんです。

それも、一度伸びてしまったクーパー靭帯は、元に戻ることがないという特徴があります。

大きい胸の人が垂れてしまう原因は、このクーパー靭帯が伸びてしまって、胸の重力を支えきれない状態だからのようです。

胸が横に流れてしまうのも、このクーパー靭帯に支える力がない可能性があります。

大胸筋の衰え

クーパー靭帯は、大胸筋と胸をつないでいますが、大胸筋の筋肉が衰えれば当然クーパー靭帯もくたびれてきます。

大胸筋の筋肉を鍛えれば、柔らかい胸とハリと弾力のある胸を作ることができます。

大胸筋は年齢と共に衰えるので、そこから胸が横に流れる、垂れる原因を作っていきます。

ホルモン低下

年齢を重ねて行けばホルモンの低下は防げません。

また、若い方でもストレスや過度のダイエットでホルモンバランスを崩してしまうと、胸のハリや弾力に必要なエストロゲンも減少していきます。

そこから、胸が横に流れることや垂れることになってきます。

極端に柔らかい胸と垂れを防いで弾力が欲しい!

胸 柔らかい 流れる 垂れ 弾力

胸が横に流れることと垂れの原因がわかれば、おのずと対策がわかってきますよね。

弾力のある胸は実現不可能ではありません。

大胸筋を鍛えること日頃の生活を見直すことと、柔らかい胸と垂れる胸の改善につながります。

肩コリを改善して血行を良くする

まずは、栄養がたっぷりと胸に行くように、血行の流れを良くするような生活改善をおすすめします。

冷えがある方は温めること。

大胸筋に関係する肩にコリがあるなら積極的にコリをほぐしましょう。

姿勢はまっすぐに

猫背になってしまうとますます血行が悪くなります。

姿勢をまっすぐにすることを意識して生活しましょう。

ブラのサイズは合っている?

ブラジャーは、私たちの胸を支えて包み込んでくれる大切なアイテム。

胸が横に流れる人に多いのが、カップサイズの勘違いです。

ブラジャーを購入するときには、自分の本当のカップサイズが間違っていないか確認してください。

大きすぎてもきつすぎてもだめです。

まとめ

胸 柔らかい 流れる 垂れ 合掌

大胸筋の鍛えは、合掌ポーズをやって両方の手をギュッと押しあてて、胸の筋肉に負荷がかかっているのがわかればOKです。

これを意識的に何度か繰り返して少しずつ大胸筋を鍛えていきましょう。

胸の肉が横に流れることがなくなると、モチベーションもあがりますよ。