胸 大きい 小さい 理由

今回は、胸が大きい理由と小さい理由と題して、それぞれの理由と共通点を紹介します。

胸が小さいことで悩む人もいれば、大きいことが嫌でしょうがないと悩む人もいます。

胸の大きさや小ささは、遺伝の関わりは多少あるようですが決めつけるようなほどの関わりはないようなので、それぞれ何らかの理由があるはずですよね。

特に胸が小さいと悩む人は必見です。

胸が大きくなりたいなら大きい人の理由や特徴を見ていくと、何らかのヒントがもらえそうですよ。

また、胸が小さい理由には、かなり生活習慣が関わっているので早急に直していきたいですよね。

胸が大きい理由とは?

最初に胸が大きい人の理由を紹介します。なるほど!と思えますよ。

女性ホルモンの分泌量が多い

胸が大きくなるには、女性ホルモンの一種である「エストロゲン」の量が多いことが一つの要因になります。

エストロゲンの分泌量が多くなると乳腺が発達して胸の大きさにつながっていきます。

皮下脂肪が多い

胸の9割を占めるのが脂肪細胞です。

なので、皮下脂肪が多い人は胸が大きい傾向にあります。

皮下脂肪がついていれば、大きくてふくよかな胸になりますよね。

乳腺の組織の発達

胸の大きな人は、乳腺の発達が関係していると思われます。

乳腺が発達していないと十分胸が大きく発達しないことと、下垂をする胸は乳腺の発達が足りないといわれています。

胸が大きい人の特徴

胸 大きい  理由

普段からよく肉を食べる

胸が大きい人は、普段からよく肉を食べているようです。

肉を食べると胸が大きくなるのは「タンパク質」を摂っているからと思われます。

胸を大きくするには、タンパク質は欠かせません。

最近日本の女性のバストサイズが上がっているのは、食事が欧米化してきたからといわれています。

普段から適度な運動をしている

胸の大きな人の特徴に、普段から運動をしている人が多いようです。

特に上半身の中心の運動をしている方が多いようですよ。

ストレスをためない

ストレスと胸の関係は、ストレスが溜まると血流が流れが悪くなります。

血流の流れが悪くなると胸に必要な栄養素が行き渡りません。

胸が大きい人はストレスをためないようにしている方が多いようです。

胸が小さい理由

胸  小さい 理由

冷え性のために血行が良くない

胸が小さい人に多いのが、冷え性です。

常に体が冷えていて血行が悪ければ、胸に充分な栄養が回りません。

猫背や背中を丸める癖がある

胸が小さい人に多いのが、猫背や背中を丸める癖がある人です。

猫背や背中を丸めることも血行が悪くなり、胸に栄養素が行き渡りません。

過度なダイエットの経験がある

過度なダイエットは、ホルモンバランスを崩すおそれがあります。

それによって、ホルモンの分泌量が減少して、十分に胸が発達しないことへとつながっていくようです。

偏食が多い

胸が小さい理由に、食生活が挙げられます。

炭水化物中心の食生活だったり、脂分が多い食生活、また、お菓子をよく食べていることでバランスの悪い食生活をしていることがあげられます。

偏食を続けていると小さい胸の原因になります。

胸が小さい人の特徴

胸 大きい 小さい 理由 コーヒー

コーヒーが大好き

実は、1日3杯コーヒーを飲む人は、飲まない女性と比較すると、平均して17%も胸が小さいという調査結果もあるようです。

冷え性

胸が小さい理由にもあがっていますが、胸が小さい人に冷え性の方がとにかく多いです。

冷え性はホルモンバランスにも影響するので、基本的に基礎代謝を上げるような工夫が必要かもしれません。

過度のストレスがある

胸が小さい人に多いのが、過度のストレスです。

ストレスから自律神経が乱れて、脳が正常に働かず女性ホルモンの分泌の伝達がうまくいかなくなります。

まとめ

以上です。

こうやってみると、胸が小さい人の場合は、生活習慣を修正することでまだまだバストアップを望むことは可能のようです。

ただ、いくら食事を変えたり姿勢を正しても、ストレスを抱え込んではすべて無駄になってしまいます。

胸が大きい人と同じく、うまくストレスを発散できるようにしていくことが大切ですよね。