授乳後 バストアップ 成功 方法

無事お産を終え授乳も一通り卒乳になってくると、一気に垂れた胸が気になってきますよね。

この時点で諦めてしまうと、胸はどんどん垂れ放題になっていきます。

授乳後のバストアップは、正しい方法でバストを育て直せば、やっと谷間ができてくるようになります。

それも、授乳前よりもさらなるバストアップができるかもしれません。

今回は、授乳後のバストアップの成功へとつながる方法を紹介します。

バストを育て直そう!授乳後のバストアップの成功へとつながる方法

授乳後に新たにバストを育て直してバストアップへの成功へとつながる方法を、より効果的にするには、なぜ授乳後に胸が垂れてしまうのかを知っておく必要があります。

胸が垂れる原因がわかると、ここで紹介するバストアップ成功方法に納得できます。

授乳中から少しずつ垂れる理由

卒乳すると、一気に胸が垂れるイメージがあるかと思いますが、バストは、授乳に慣れてきた頃から少しずつ垂れ始めてしぼみはじめています。

というのは、毎回授乳をしていくたびに、大きくなったり小さくなったりを繰り返しますよね。

この変化で皮膚が伸びたり縮んだりすることでバストが垂れる原因になっていきます。

さらに、赤ちゃんは一生懸命乳首に吸い付いてきて引っ張ります。

この引っ張りでハリを失い垂れていく原因になります。

また、赤ちゃんにお乳を上げるときに、猫背になりがちです。

背中が丸くなってしまうと、血流が滞ってしまい血行が悪くなってしまうと、肩こりが起きたりしますが、これがバストアップの障害になります。

胸のバストアップには肩甲骨周辺の筋肉も関係していて、この肩甲骨周辺の筋肉も衰えてくれば、それが、結果的にバストの垂れにつながっていくようなんです。

授乳後のバストアップを成功させるには?

授乳後 バストアップ  方法

さて、この授乳後のバストをどう取り戻すのか、さらなるバストアップの成功につながるかは、いろんな方法があります。

ただ基本は一つ。

バストの土台、大胸筋を鍛えること。

というのも、妊娠で大きくなったバストを支えていたクーパー靭帯は負担がかかっているはずです。

クーパー靭帯は、大胸筋を鍛えたることで助けることができます。

さらに、マッサージの併用をしていくことが、バストアップ成功への近道になりそうです。

また、バストは、女性ホルモンの一つ、エストロゲンが必要になりますが、このエストロゲンは年齢と共に減少していきます。

授乳後のバストアップには、エストロゲンをサプリメントで補うのも有効です。

バストの土台を鍛える方法

バストアップには、伸びてきているクーパー靭帯に力をつける必要があります。

それには大胸筋を鍛えましょう。

ここでは二つの方法を紹介します。

やりやすいほうをやってもOK!

二つを併用するのもいいかもしれません。

ペットボトルをダンベル代わりにした大胸筋トレーニング

合掌ポーズの大胸筋トレーニング

壁を使った腕立て伏せ

床の腕立て伏せが定番ですが、床の腕立て伏せは、なかなか続かないところがあります。

壁の腕立て伏せなら、台所やちょっとしたスペースで手軽にできます。

バストを育て直すマッサージ法

バストを育て直すマッサージ法は、リンパの流れを良くすることと大胸筋に直接働きかけるマッサージがもっとも有効です。

マッサージを習慣化するとバストアップにつながります。

肩甲骨のマッサージ法

さらに、肩甲骨のマッサージも必ずやっておきましょう。

肩甲骨の筋肉が柔らかくなり血流が良くなってくると姿勢も良くなります。

バストアップには、猫背や丸まった方は血行が悪く、バストに十分な栄養が行き渡りません。

サプリメントの併用

授乳後のバストアップに大胸筋のトレーニングとマッサージ法を紹介しましたが、途中くじける可能性があります。

どうしても結果が目に見えてこないとモチベーションが上がりません。

そこで、サプリメントの併用もおすすめです。

ある程度大胸筋やマッサージなどでバストにアプローチをしている状態なので、よりサプリメントも反映しやすくなる可能性があります。

まとめ

授乳後のバストアップの方法を中心に紹介しました。

トレーニングやマッサージは毎日続けることが重要です。

実際、バストアップに成功した方はいます。

あきらめずに続けることを目標にやっていきましょう。