胸 カップ aa aaa 小さい 理由

胸のカップサイズは、特に小さい方だと、私はこのサイズと勝手に決めつけている方が多いんじゃないでしょうか。

胸のカップサイズが小さいからといって、カップ選びが適当になっている方は、注意が必要かもしれません。

自分の胸のサイズに合わないカップサイズのブラジャーは、胸の形が崩れたり垂れたりする原因になるようです。

また、胸が小さいのには理由があることはご存知ですか?

今回は、カップサイズと胸が小さい理由について紹介します。

胸のカップサイズ!aa・aaaの違いは?小さい理由ってあるの?

aa・aaaの数値は、バストトップとアンダーバストから導いた数値になります。

また、胸が小さい人には、なるほどと思える理由があるようです。

これは生活改善が必要かもしれません。

胸のカップサイズが小さい人はブラジャーに無関心?

胸が大きい人は、年齢と共によく「垂れる」ことを気にしますよね。

要するに胸が崩れてしまうことが気になります。

ところが、カップサイズが小さい人は、「垂れるほど胸がないから」という理由でブラジャーにこだわりがない人が多いようです。

これが間違いで、小さい胸の人もサイズに合うブラジャーを選ばないと垂れる原因になってしまうようですよ。

aaとaaaの違いは?

カップサイズの数値は、バストのトップからアンダーバストを引き算して、その差で決まります。

この差が「約7.5cmの差=aaカップ」になり「約5.0cmの差=aaaカップ」になります。

「約10.0cmの差=aカップ」となっています。

普段、ブラジャーを購入するときに、深く考えずにカップサイズを購入しているなら、一度正確に自分のカップサイズを計った方がいいかもしれません。

胸が小さい理由とは?

胸 カップ aa aaa 小さい 原因

胸が小さくて悩んでいる方も多く胸を大きくするためにいろんなことに挑戦してあきらめた方もいるでしょう。

実は、胸が小さい理由にはいろいろあるようです。

まずはそこから修正してみてはどうでしょうか。

普段から姿勢が悪い

胸が小さめの人に多い理由が「姿勢の悪さ」です。

特に猫背の人に小さい胸の人が多いようです。

姿勢が悪く、いつも下向きの状態になっている人は、自然と胸も前に垂れてしまうということになっていきます。

さらに、姿勢が悪ければ血行も悪くなって、胸やバスト部分に十分な栄養が行き渡らなくなります。

姿勢を改善することができれば、バストの血行や栄養分も良くなり、結果的にカップサイズアップにも繋がります。

猫背で心配なのは、「バストトップ」までが下がってしまうことです。

それだけでも、きれいなシルエットを作ることができません。

あえて胸が小さい人こそ大きく胸を張って歩くだけでも、少しずつ変わってきます。

しっかり前を向くだけでも気持ちも前向きになるものです。

食生活

胸が小さい人には、バランスの取れた食生活をしていない方もいます。

特に炭水化物中心の食生活だったり、油ものを多く摂っていたり、お菓子ばかりを口にしていると、必要な栄養素が体に入ってきません。

胸が小さい人の理由には、偏食している女性が多い傾向にあります。

日頃の食生活を見直して、バランスの取れた食事をすることは、お肌の美容から健康面までをもカバーしてくれます。

コーヒー好き

近年、コーヒーがブームになっていますが、実は、コーヒー好きの女性には、胸が小さい人が多いというデータもあるようです。

それも、数字でしっかり調査結果が出ているようで、1日3杯以上のコーヒーを飲んでいる女性は、コーヒーを飲まない女性と比較すると平均17%も胸が小さいというデータまであるようです。

また、コーヒーの摂取量と胸の小さい女性との関連性を調べてみたところ、胸の小さい女性の五割以上の女性がコーヒー好きだったようです。

冷え性

胸が小さい人には、冷え性の方も多く、先ほど紹介した姿勢と同様に血行の悪さが理由になっています。

冷え性はホルモンのバランスにも大きく関わっているため、冷えがあると、自律神経が乱れ、そこからホルモンのバランスが悪くなり、そうなれば、胸を大きくする女性ホルモンの分泌が少なくなるようです。

冷え性は太る原因になるのでやっかいですよね。

まとめ

胸 カップ aa aaa 生活習慣

胸の小さい人は、今回紹介した胸が小さい理由の項目を守って、生活を改善してみてください。

胸が小さくても背中を丸めず、あえて胸を強調するぐらい胸を張って生活しましょう。