ヌーブラとはシリコン状の肩紐のないブラジャーの事で、良くドレスやワンピースを着た際に使用するのですが、実はヌーブラを縦に使うとよりきれいな谷間を作れるという噂を耳にしたのです!

その真相とは?

今回はヌーブラでキレイに谷間を作る方法を検証してみたいと思います。

まずはヌーブラ使い方をご紹介!

ヌーブラをつけるには、まずお肌をキレイにしておくことが重要になってきます。

汗で濡れていたりするとヌーブラの粘着力が落ちてしまい、胸を寄せる力が弱まってしまいますので、注意が必要です。

では早速、ヌーブラの着け方を見てみましょう!

まずお肌をキレイにしたら、カップを外側に裏返しにして胸を持ち上げながらつけます。片方ずつした方が上手に盛る事が出来ますよ!

そして、バストラインに合わせて下側からはりつけます。おへそに向かってVラインが出来ていればホックをとめ、脇肉を入れ込むとキレイに盛り上がった丸いラインの谷間を作る事が出来ます。

では噂の横はりではなく縦はりの効果とは?

ヌーブラを横向きにくっつけている人がほとんどだと思いますが、実は横向きでは寄せる範囲が狭くなるので、縦にはる方が盛るためには凄く効果的なのです!

縦にはる事で、より胸のお肉を集めて谷間を作りやすいので、縦はりを心掛けるだけで、谷間の出来栄えが凄く変わってくるのでオススメですね♪

こんなテクニックも!!

ヌーブラを2枚使う事によって更に盛る事も出来るんです!

用意するものは、1枚を通常サイズ、2枚目をワンサイズ大きいヌーブラです。

1枚目をつけた後、ワンサイズ大きいヌーブラを重ねてつけます。

上から重ねるヌーブラで、胸の大きさやふくよかさが表現されるので、自分なりに形の良く見える場所を探してつけるのをオススメします。

正しい方法で装着すれば、キレイなバストラインが出来ますが、上手く盛るためにはコツがいります。初めてや上手く盛れない時は、装着の練習をしたり、近場を出歩いたりして見え方や装着感を確認した方がいいでしょう!

ヌーブラの使用期間とお手入れ方法とは?

ヌーブラは接着剤を使用してつけるものではないので、少しずつ粘着力が弱くなります。

粘着力を少しでも長くしたい場合、お手入れは欠かせません!

お手入れ方法は片方の手にヌーブラを乗せ、石鹸を泡立てて優しく洗い、流水で泡を綺麗に落とします。そして、軽く振って水分を飛ばし、カップの外側をタオルで水分を取り、陰干しします。

使用したら毎回きちんと洗う事で、雑菌が繁殖せずに肌がかぶれたりかゆくなってしまう事もないので、必ずお手入れする事が大切です。

なかなか粘着力を復活させることは出来ませんが、きちんとお手入れすることによって、正規品だと100回以上は使用可能ですので、キレイに保つようお手入れしてみて下さい!

まとめ

ヌーブラを使用する時は、自分の胸に合ったつけ方をマスターすれば、綺麗に大きく盛る事が出来ますし、縦はりを心掛けると更にキレイなバストラインになるので是非お試し下さい♪