背中 肉 バストアップ

ブラからはみ出る背中の余分な肉に、ぴったりフィットした服を着たときにも背中の肉。

これが胸に流れてくれるといいですよね。

今回は、この背中の余分な肉を胸に流して固定するバストアップについて紹介します。

胸の脇の肉や背中の余分な肉は、バストの位置に流して固定すること毎日続けると余分な肉にクセがつくようですよ。

背中の余分な肉を胸に流してバストアップ!余分な肉を逃がさない!

背中 肉 バストアップ

背中の余分な肉をバストの位置に流して固定するには、肩甲骨の筋肉をほぐして、背中の肉をバストにもっていくマッサージが有効です。

ただ、ブラジャーの見直しが必須かもしれません。

今や、女性の胸の平均サイズが上がったのは、機能性のブラジャーが要因といわれているので、余分な背中の肉をカップ内に収めたいところです。

背中の肉が収まるブラジャーに変えよう

まず、最初に、あなたのブラジャーは、いつ購入しましたか。

いつきっちりとしたサイズを測りましたか。

胸は、年々、年齢と共に形とサイズが変化していることがわかっています。

ところが、その変化に合わせたブラ選びをしていなことから、逆に、バストアップの邪魔をしています。

いろんなバストアップ法を試しているのに、なかなか効果が出せない理由には、ブラジャーも一つの要因になります。

ブラジャーを装着するときには、背中の肉、胸の横に流れた肉、すべてをブラジャーのカップ内収めるのが基本です。

そしてこの状態の胸のサイズが「本当のあなたのバストサイズ」になります。

ブラジャーが胸のサイズにぴったり合っていないと、胸の肉までが横に流れて逃げていきます。

すっぽり、背中から流してきた肉と胸の横から流してきた肉を、カップ内に収めたブラジャーにすると、胸は「正常な位置に修正」されます。

そうすると、胸の肉は、それがクセになって、そのまま胸の肉になって落ち着いていきます。

背中の肉を胸に寄せる方法は、のちほど紹介しますが、いくら背中の肉を集めてきても、ブラのキャパシティがなければ全部戻っていきます。

バストアップを目指して成功を遂げる人は、ブラジャーをいち早く買い換えています。

ぜひ一度、店員さんに本当のバストサイズを測ってもらってください。

背中の肉を流すバストアップ法

背中の肉をバストに流すバストアップ法の前に、背中の肩甲骨付近が凝っていたりすると、血行の流れも悪くなり、うまくバストアップ法につながりません。

まずは、肩甲骨付近の筋肉をほぐししてからバストアップ法にいきましょう。

肩甲骨付近の筋肉は、温まっているとよりほぐれやすいので、お風呂に入った後や、蒸したタオルを背中にかけてやってもいいかもしれません。

背中の肉をバストに流す方法

これはテレビでも紹介されたのでこちらに動画を載せてます。

できれば、お風呂上りに体が温まっているとよりやりやすく、筋肉もほぐれて流れやすいです。

これは、毎日続けることでバストアップにつながります。

数分マッサージすることで一時的にバストアップはしますが、あくまで一時的です。

毎日続けることで、胸に背中の肉が固定されるようにしていきましょう。

乳腺マッサージ

バストアップには、乳腺の増殖が必要です。

乳腺の周りには脂肪がたくさんついていて、乳腺が増殖すれば脂肪もついていくメカニズムになっています。

なので、乳腺を刺激するマッサージはバストアップになります。

これもお風呂上りにやっていくことと、毎日はきつくても、気持ちがリラックスしている時に気づいたらやってみてください。

乳腺は女性ホルモンが分泌されることで増殖します。

乳腺のマッサージは、より乳腺の働きを助けることにつながりますよ。

まとめ

いかがでしたか。

背中の余分な肉をバストに位置に固定するバストアップ!と題して紹介しましたが、参考にしていただければ幸いです。

しっかり背中の肉をバストに流してバストアップになったら、ブラジャーが合っているか確認してみてください。

胸の肉を逃すのも集めるのもブラジャーが決め手になります。

また、寝ている間はナイトブラを使って、胸の肉を逃がさないようにすることもおすすめです。