胸 小さく マッサージ

今回は、胸を小さくするマッサージを中心に紹介します。

胸が大きい人は、恥ずかしい、人の視線がイヤ!という悩みを持っていますよね。

小さい胸の人と同じようにコンプレックスを持ちながら、なかなか他人にはわかってもらえない悩みでもあります。

胸を小さくするマッサージは継続していくことと、あきらめないことが必要なマッサージが中心になります。

胸を小さくするマッサージ!胸のダイエットは脂肪燃焼中心で!

胸はほとんどが脂肪細胞といわれているので、胸を小さくするなら、この脂肪細胞にアプローチをするようなマッサージが適しているようです。

胸の構成

まず、胸を小さくするマッサージをしていくには、胸のどんな部分にアプローチをしかけることで小さくなるのかを知るために、胸が何で構成されているかも知っておきましょう。

胸は、乳腺と脂肪とで作られていますが、ほぼ9割近くが脂肪細胞になっています。

胸が小さくなる人に多いのが過度のダイエットですが、ダイエットをすることで脂肪燃焼されて胸が小さくなると考えられます。

ただ、胸が大きくなる原因には、女性ホルモンの活発な分泌でより大きくなりやすいともいわれています。

胸を小さくするなら脂肪を落とすのがベスト

胸は女性ホルモンがたくさん分泌されると、より胸が大きく成長するとはされています。

とはいっても、胸に大切な女性ホルモンのエストロゲンを減少させるようなことはできません。

女性ホルモンは、大切なホルモンなので、女性ホルモンを妨げるようなことは絶対にしてはいけません。

胸を小さくするなら、女性ホルモンの分泌を邪魔するのではなく、胸の9割を占める、脂肪を運動やマッサージなで減らしていくスタンスでいきましょう。

胸を小さくするマッサージ

胸 小さく マッサージ

胸を小さくするマッサージは、まさに胸が大きくなりたい人と真逆のマッサージになります。

バストアップは、ブラジャーのカップの中に、背中に回った肉や、お腹の肉、横に流れた肉を納めるように着けることは、胸を小さくしたい人もよくご存じかと思います。

ここで紹介する胸を小さくするマッサージは、この肉を逆に横に散らしたり流すようなイメージでマッサージすることになります。

マッサージ法はとても簡単ですが、無理な力を加えないようにしましょう。

  1. 両方の胸を両手で覆いましょう。
  2. 胸の中央部分から、背中や横に胸の肉を流すように手のひらでマッサージしていきます。
  3. さらに、胸の中央から胸の上側へ、そして下側へと、肉を外に流すようにマッサージします。

これはTシャツの上からでもできることはできますが、Tシャツの生地で胸の皮膚に摩擦がおきて傷ができてしまわないように、なるべく、ボディクリームやジェルなど滑りやすいクリームをつけてやることをおすすめします。

このマッサージは一回や二回ではなく、毎日習慣づけてやることで効果が期待できます。

胸を小さくするための運動

小さい胸の人が大きくするためには、マッサージと運動が併用だと効果があるとされていますが、胸を小さくしたい方も、マッサージと運動を併用することをおすすめです。

こちらの動画は、胸の筋肉を意識した胸を小さくする運動になります。

胸の脂肪を燃焼するには、ある程度の筋肉も必要になります。

単に胸を小さくするのではなく、引き締まった胸にすることでサイズダウンを狙う方法になります。

胸を小さくするには、上半身だけを集中してやる運動ではなく、全身に効果がある有酸素運動が適しています。

また、胸を小さくする→脂肪を落とすという流れで、ジョギングやウォーキングはかなりおすすめです。

マラソン選手に胸が小さい人が多いですが、ジョギングは、脂肪を落としつつ適度な筋肉がつくことで脂肪を燃焼します。

ジョギングはかなりキツイと感じているならウォーキングがいいかもしれません。

ウォーキングは始めてから20分から脂肪が燃焼されるといわれているので、少なくとも30分以上、そして毎日続けることが必要です。

まとめ

胸のマッサージは、胸を揺らすマッサージも存在しているようですが、胸を揺らすのは、垂れる原因になります。

素人判断で胸を揺らすのはあまりおすすめできません。

揺らすというよりも、マッサージ感覚でできるようなものが安全です。