胸 肉割れ 治す薄く

肉割れは、お腹が太ってできるものと思いがちですが、肉割れは、胸にもできます。

これを読んで慌てて胸を見直している方もいるかもしれません。

胸の肉割れは、胸に脂肪がついてできてしまうように思うかもしれませんが、肉割れは、皮膚の伸びも関係します。

今回は、そんな胸にできた肉割れを治す方法はあるのかを中心に紹介します。

胸にできた肉割れを治す方法あるの?肉割れは皮膚の伸びているから?

胸 肉割れ 治す

肉割れは皮膚の伸びから現れるものです。

お腹に肉割れができるのも、お腹が太ってどんどん膨らんでくると皮膚も伸びてきます。

胸の肉割れも同じ症状になります。

肉割れを治すのはかなり厳しいようです。

肉割れの原因

肉割れの原因になっている一つに、皮膚の伸びがあげられます。

皮膚は、ある程度の伸縮性はもっていますが、ゴムが伸び縮みを繰り返しているうちに切れてしまうように、皮膚も伸びてしまうことには限界があります。

ゴムは伸びきってしまうと切れてしまいますが、それと同じで、皮膚が伸びてしまうと、皮膚の内側にある「真皮」が断裂を起こします。

その断裂の見た目が、肉割れとして皮膚に現れます。

また、反対に、胸が急激に小さくなることでも肉割れを起こすこともあるようなんです。

肉割れはお腹にできやすい

肉割れはお腹の部分にできやすく、肥満やお腹が太ったりすることで、皮膚が引っ張られる状態になります。

皮膚の表面は引っ張られる負荷に対して耐えることができても、先ほど紹介した、皮膚の内側の「真皮」は耐えきれずに断裂して、肉割れの状態になります。

ということは、太りやすいところや膨らみやすいところは、皮膚が引っ張られるので、そういう部位は、肉割れが起きやすいとされているようです。

となると、肉割れを治すことよりも皮膚が伸びないような対策が必要になりそうです。

胸に肉割れができる要因

お腹に脂肪がたまったり太ってしまうと肉割れができやすいのはわかっていただけたかと思いますが、そうなると胸は肉割れができるほど太っているといえるんでしょうか。

実は、胸の肉割れは、急激に胸のサイズが上がることで、肉割れを起こしてしまうことがあります。

肉割れが起きるほどの胸の太りや膨らみといえば「妊娠」になりますよね。

どのぐらい膨らむことで胸に肉割れができるのかは個人差があるので何とも言えないようですが、今までよりも胸が大きくなることによって引っ張られるのは間違いないようです。

ただ、普通に胸が成長することでも肉割れが見られるようです。

胸が小さい人は、肉割れができても、大きくしたい!と思ってしまうかもしれませんが、胸は女性ホルモンによって影響されます。

女性ホルモンが急激に活発になれば、胸が大きくなり、皮膚が伸びることになります。

ただ、皮膚が伸びれば、見た目もあまり良くなくなります。

胸の肉割れを治す方法はあるの?

肉割れを治す方法は、基本的にはないようです。

というのも、肉割れは皮膚の伸びからきているので、自然に治るなど自力でどうにかできるものではありません。

治す方法は、レーザー治療が最も有効な方法になるようです。

レーザー治療では、真皮のコラーゲンを再生することが可能なようで、早く肉離れを改善することにつながるようです。

ただ、予防策としては、妊娠のように急激に胸が大きくなる可能性がある方なら、クリームやオイルを使って日頃からマッサージをよくしておくことがいいかもしれません。

胸のマッサージは、リンパの流れも良くしてくれて血流が改善され、より胸に栄養素も行き渡ります。

胸のマッサージは、しないよりもした方がバストアップの効果も狙えます。

そして、急激に太ることがないように気を付けたいですよね。

反対に、過激なダイエットも肉割れの原因になり兼ねません。

まとめ

胸 肉割れ 治す

胸の肉割れについて紹介しました。

胸の皮膚が乾燥していると、真皮や皮下脂肪も乾燥してしまう可能性があるようです。

そういう意味でも、女性の皮膚はとても大切ですよね。

胸割れは治すことはムリでも、胸の皮膚も保湿してあげられるように、お風呂上りには、保湿クリームなどでのケアはしておいたことに越したことはないようです。