胸 揉む 大きくなる 根拠

胸を揉むと大きくなるという説を一度は聞いたことがありますよね。

これって、根拠があるのか気になりませんか。

単なる噂か都市伝説に過ぎないと思っていたら、そうでもなさそうです。

今回は、胸を揉むと大きくなる説に根拠があるのかを中心に調べました。

ただ、揉むのと揉まれるのとでは、ちょっと違うようです。

胸を揉むと大きくなる説は根拠がありそう!自分で揉むと逆に小さくなる?

胸 揉む 大きくなる 根拠

胸の周囲にはリンパが流れていることはご存知ですよね。

実は、胸が揉むことで大きくなる説では、このリンパが鍵になっているようです。

揉むことでリンパの流れが良くなり、女性ホルモンがより分泌されることになります。

胸を揉むと大きくなる説は、このリンパと女性ホルモンが根拠になりそうです。

胸を揉むと循環が良くなる

胸のバストアップを狙って「バストマッサージ」があります。

バストマッサージは、胸の周りのリンパを刺激して、リンパや血液の循環を良くします。

胸を揉むというのは、このマッサージと同じことになるので、胸が大きくなる効果が期待されるようです。

胸が大きくなるには、老廃物がたまって、リンパや血流の循環がスムーズにいかないと、筋トレやストレッチをしても、思うような効果がなかなか期待できません。

また、リンパや血流の流れが胸を揉むことで促されると、自律神経の働きにも作用して、生理痛の改善から不眠症、アンチエイジングの効果も期待されます。

揉むと胸が大きくなる説はちゃんと根拠があったんですね。

揉まれることは女性ホルモンの分泌を促す

女性は、恋愛すると肌体のシルエットがきれいになるといわれますよね。

女性は恋愛することで、女性ホルモンが一気に活発化されます。

そのために、ますます女性はきれいになっていきます。

そして、女性ホルモンは胸に大きく影響してきます。

胸は脂肪と乳腺で形成されていますが、乳腺が増えれば、胸が大きくなるとされています。

乳腺は女性ホルモンに刺激されることで、乳腺細胞を増やせる仕組みになっています。

乳腺が発達してくれば、乳腺の周りについている脂肪の量も増殖していきます。

そうなれば、胸が大きくなりハリのある胸になっていくわけなんです。

ということは、自分で胸を揉むよりも、好きな相手やパートナーなどに体や胸を触れること揉まれることで、女性ホルモンの分泌はより促されていき、結果的には、胸が大きくなることになります。

ただし、相手は誰でもいいというわけではないです。

自分で揉むことで大きくなるよね?

胸 揉む 大きくなる 根拠

自分で揉むとなると、先ほど紹介した、ほぼマッサージになるかもしれませんが、それでも効果は期待できます。

自分で胸を大きくするために揉む場合は、乳房全体だけではなく、脇の下にある「リンパ節」のくぼんでいる部分もマッサージをするとより効果的とされています。

胸のマッサージは、恋人やパートナーだけではなく、自分でもやるのもかなりおすすめです。

なるべく、お風呂上りに体が温まっている状態で、リラックスしながらマッサージしていきましょう。

また、サプリメントもおすすめですよ。

女性ホルモンの分泌を促すなら、バストアップのサプリや、女性ホルモンに似ている食品を食べてたりすることもおすすめです。

ただ、それだけではなく、女性ホルモンを自分から多く分泌させることも大切になります。

自分で揉み過ぎると小さくなることも

お腹の脂肪や、二の腕の脂肪、太ももの脂肪などを、集中的に揉んで脂肪を燃焼させるダイエットなどがありますが、これは胸にも同じことがいえるようで、あまり揉み過ぎてしまうと、胸の脂肪が単なる脂肪燃焼となり、胸が小さくなってしまう可能性もあります。

さらに、揉み過ぎることで大きくなるどころか、クーパー靭帯を損傷して小さくなることもなくはないです。

自分でやる場合は「揉む」というよりも「マッサージ」という観点でやってくださいね。

まとめ

胸 揉む 大きくなる 根拠 恋愛

胸を揉むと大きくなる説を中心に紹介しましたが、参考にしていただければ幸いです。

胸が大きくなるには、女性ホルモンが大切なことがわかっていただけたかと思いますが、女性ホルモンを活発にさせるなら、やっぱり女性は恋愛になってしまうかもしれませんね。